映画:リュウグウノツカイ

「リュウグウノツカイ」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

リュウグウノツカイの紹介:開発工事によって漁業不振に陥った町では仕事が無くなっていく。家庭が崩壊していく人達もいて、反対運動が続いていた。ある日女子高校生のグループが深海魚のリュウグウノツカイを発見する。この魚の言い伝えと戻ってきた転校生から、グループは集団妊娠事件を起こす。実際にアメリカの漁村で起きた事件から着想した作品。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014オフシアター・コンペティション部門北海道知事賞受賞。

あらすじ動画

リュウグウノツカイの主な出演者

真姫(寉岡萌希)、幸枝(武田梨奈)、千里(樋井明日香)、孝子(佐藤玲)、健二(佐藤勇真)

リュウグウノツカイのネタバレあらすじ

【起】– リュウグウノツカイのあらすじ1

物語は集団で女子高校生が子供を産むことを決意する場面から始まります。経緯は先月に遡って説明されます。

ある漁師町で学校の授業をサボって遊んでいる女子高校生のグループがいました。浜辺でクラスの男子を一人いじって遊んでいます。

グループの中で真姫は悲しい表情をいつも浮かべていました。家には仕事が無くて酒浸りの父親がいるだけです。母は家に帰ってきません。幼馴染の幸枝はそんな真姫を気にかけていました。幸枝の父も仕事がありませんでした。

それはグループの中にいる孝子の父が開発工事に携わっている事が関係していました。この町は開発工事のせいで漁業不振に陥ってしまっていたのです。

幸枝には健二という彼氏がいました。一緒に町を出て東京に行こうと誘う幸枝でしたが、健二はうんとは言いませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「リュウグウノツカイ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×