映画:ルージュの手紙

「ルージュの手紙」のネタバレあらすじと結末

ルージュの手紙の紹介:2017年にフランス・ベルギー合作で製作された家族ドラマ。義理の母娘の約30年ぶりの再会をユーモラスに描いていく。わがままな母をカトリーヌ・ドヌーヴが、生真面目な娘をカトリーヌ・フロがそれぞれ好演した。

あらすじ動画

ルージュの手紙の主な出演者

ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)、クレール(カトリーヌ・フロ)、ポール(オリヴィエ・グルメ)、シモン(カンタン・ドルメール)

ルージュの手紙のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ルージュの手紙のあらすじ1

ルージュの手紙のシーン1 舞台はフランス。物語の主人公クレールはベテラン助産師として、また、シングルマザーとして、毎日を懸命に生きていました。そんなある日、長年勤めていた病院の閉鎖が決まり、クレールにとってこの病院で過ごす日々はごくわずかとなっていました。

そんな中、クレールは突然義母のベアトリスから連絡を受けました。ベアトリスは30年前に家を出て以来、クレールとは一度も連絡を取っていませんでした。ベアトリスは久しぶりに会いたいと望みますが、クレールは複雑な思いを抱いていました。なぜなら、クレールの父親はベアトリスの家出によって精神が不安定になり、自殺してしまったからです。

そんな思いを抱きながらクレールはベアトリスに会いますが、ベアトリスの性格は昔と何も変わっていませんでした。こちらの意見を無視して無理強いしてくること、健康を意に介さず酒やタバコを楽しむこと、地味な外見のクレールを何かと馬鹿にすること…クレールはベアトリスとの時間を楽しむことはできませんでした。そんなクレールに気を遣うこともなく、ベアトリスはおしゃべりを続け、自らが深刻な脳腫瘍を患っていることを明かしました。クレールは医療関係者として励ましの言葉をかけますが、ベアトリスに父親の近況を尋ねられると、一気に表情を固くしました。クレールが父親の自殺を打ち明けると、ベアトリスは大きなショックを受け目に涙を溜めました。父親が有名な水泳選手だったにもかかわらず、その死を知らずに生きてきたベアトリスに呆れ果てるクレール。クレールは帰ろうとしますが、ベアトリスは無理やり指輪を渡してきました。それはエメラルドの指輪で、父親がベアトリスに贈ったものだといいます。クレールは指輪を渋々受け取ると、涙を流すベアトリスを置いてその場を後にしました。

助産師として忙しく毎日を過ごす傍ら、クレールは郊外に所有する菜園に足繁く通っていました。最近では、隣の菜園を所有者で国際貨物の運転手のポールが何かとクレールを気にかけてくれていました。クレールの息子シモンと彼女のリュシーが菜園に遊びに来たときは、ポールは快くワインを提供してくれました。菜園でささやかな食事をシモンとリュシー、ポールと楽しんでいると、クレールは唐突にリュシーが妊娠していることを明かされました。クレールは突然の知らせに困惑しつつも、喜びの涙を流しました。

【承】- ルージュの手紙のあらすじ2

ルージュの手紙のシーン2 それから間もなく、クレールは再びベアトリスから連絡を受けました。ベアトリスは腫瘍の治療のために難しい手術を受けることが決まり、情緒不安定になっているようでした。しかたなくクレールがベアトリスとランチに行くと、ベアトリスはなんとしてもクレールに一財産を残したいと告げてきました。クレールは「30年も音沙汰なしで勝手を言わないで」と言ってレストランから出てしまいました。

ベアトリスは急いでクレールを追いかけ、本当に愛した男はクレールの父親アントワーヌだけだったと語りました。にもかかわらず家出したのは、アントワーヌが田舎に移住しようとしたからだったとベアトリスは続けて打ち明けました。ちょうどそのとき、シモンから連絡を受けたクレールはベアトリスとの会話を打ち切って、その場を足早に去って行きました。

クレールはその足でシモンに会いに行きますが、シモンもまたクレールを暗くさせる言葉を口にしました。外科医を目指すのをやめ、クレールと同じ助産師を目指したいというのです。クレールは息子の意見を尊重しつつも、失望感を隠すことはできないのでした。

そんなクレールを励ましてくれたのは、ポールでした。ポールはクレールをピクニックに誘い、美しい風景を見せてクレールの心を癒しました。クレールはポールにそれとなくベアトリスのことを相談しました。ポールはクレールの話に真摯に耳を傾け、自身を失うクレールに「きれいだよ」と優しく語りかけるのでした。

クレールはベアトリスの療養生活に付き添うことを決断しました。難しい手術を終えたばかりのベアトリスはクレールが来てくれたことを喜びますが、わがままな性格は相変わらずでした。ベアトリスはクレールに様々なお願いをしました。身の回りの世話に加え、生家のアパルトマンまで運転させたり、友人からの借金返済を建て替えさせたりと、ベアトリスはクレールに甘え放題でした。クレールはそんなベアトリスに疲れながらも、少し前まででは考えられないほど柔和な表情でベアトリスに接していました。

ベアトリスを家まで送って寝かせると、クレールは洗面台に置いてあったベアトリスのルージュと香水に手を伸ばしました。クレールは唇にルージュを塗り、首元に香水を吹きかけると、ベアトリスに別れを告げ夜勤に出かけて行きました。

その後、菜園に寄ると、ポールがクレールの香水を気に入ってキスをしてきました。クレールは夜勤に行かなければいけませんでしたが、自分の菜園の小屋にポールを連れ込み、情事に及んでしまうのでした。

【転】- ルージュの手紙のあらすじ3

ルージュの手紙のシーン3 それからすぐのことでした。ベアトリスが今の家を出なくてはならなくなり、クレールの家に引っ越すこととなりました。頼れる友人がいないというベアトリスのために、クレールは病院で仕事している間はポールに付き添いを頼むことを決めました。ポールもちょうど仕事の都合がつき、早速その日のうちにクレールの家にやって来ました。ベアトリスは眠っていたため、クレールはポールを紹介できないまま仕事に出かけました。

その日の夜勤は最後の出勤で、クレールは助産師仲間とともに病院の経営者の愚痴を言い合っていました。そんな中、突然セシルという妊婦が助けを求めてきました。セシルはクレールたちのおかげで無事出産を終え、自身もこの病院で産まれたことを明かしました。会話をしていくうちに、クレールは目の前にいる女性が28年前にとても小さな身体で産まれ、血液交換が必要だった赤ん坊だったことに気づきました。奇跡的にクレールと血液が適合したため、セシルは命の危機をなんとか乗り越えられました。セシルは息子の名前をアントワーヌにするとクレールに告げました。その名前を聞いて、クレールは複雑な表情を浮かべていました。

その後家に戻ると、ベアトリスとポールが楽しそうにキッチンで歌っているところにクレールは出くわしました。二人が思いの外仲良くしていたことに加え、ベアトリスが病身にもかかわらず賭博に行っていたことを知り、クレールは怒り出してしまいます。クレールはポールを追い出し、ベアトリスにきつい態度を取りますが、その直後にベアトリスが目眩を起こしました。クレールは急いでベアトリスをベッドに寝せました。横になり少しだけ落ち着くと、ベアトリスは「いい人を選んだわね」とポールの人柄の良さに感心しました。そして、アントワーヌもかつてポールのようにトラックに乗って何時間も走っていたことをベアトリスは懐かしく思い出しました。クレールとベアトリスは仲良く毛布にくるまり、穏やかな時間を過ごしました。

その後、クレールはポールと仲直りし、ベアトリスとの生活も順調に過ぎていきました。そんなある日、アントワーヌの写真を見たいというベアトリスのために、クレールは倉庫からスライドを持ってきました。クレールはこのスライドを見る勇気を持てずにいましたが、ベアトリスと二人でなら見ることができました。寝室の壁に写ったスライドを見て二人はワインを飲みながら思い出に浸りました。すると、そこにシモンがやって来ました。アントワーヌによく似たシモンに、ベアトリスは驚きを隠せずにいました。そして、アントワーヌと同じようにシモンが水泳を楽しんでいることに、ベアトリスはしみじみと感動しました。

【結】- ルージュの手紙のあらすじ4

ルージュの手紙のシーン2 それから間もなく、再びクレールとベアトリスの間に不和が生じます。経済的に苦しい中、さらに医療費の支払いに追われているうえに、目眩も相変わらず続いていることに、ベアトリスは精神的に不安定になってしまっていました。クレールはそんなベアトリスにあのエメラルドの指輪を渡し、ベアトリスの唇にキスをしました。「父が言ってた、あなたのキスが好きだって。キスで人を幸せにできる人よ」…ベアトリスはこの言葉に感激し、涙を流しながらクレールに抱きつきました。

その後、クレールは気分転換にベアトリスを菜園に連れて行きました。「天国ね、天国の暮らしよ」と言って菜園の野菜を楽しんでいると、ベアトリスは菜園の外れに一隻のボートが半分沈んでいる光景を目にしました。すると、そこにポールがちょうど通りかかり、二人をドライブに連れ出しました。三人は愉快に歌を歌いながらドライブし、楽しい時間を過ごしました。

その夜のことでした。クレールが真夜中に目覚めると、ベアトリスの姿が家から消えていることに気づきました。居間にはベアトリスからの手紙が残されていました。そこには、簡単な別れの挨拶と、文末には「あなたも私もそう悪い人生じゃない。愛しています」と書かれていました。クレールはすぐに家を出て探し回りますが、ベアトリスの姿が見つかることはありませんでした。

それから数日後、クレールは転職活動を通じてある重要なことに気づきました。金儲け主義の病院で働くのではなく、自分の経験を後世に伝える学校を開くこと、それこそがクレールがやりたいことだったのです。目標が明確になり爽やかな気持ちになったクレールは、ポールとともに菜園に向かいました。

クレールが届いた郵便物を確認している間、ポールは菜園の外れで用を達していた。そのとき、ポールはあの半分沈んでいたボートがゆっくりと動き出したことに気づきました。一方、クレールはある手紙の意外な内容に驚いていました。その手紙の中には、あのエメラルドの指輪と四つ折りにされた白い厚紙が入っていました。厚紙を開くと、紙の真ん中にルージュのキスマークがありました。クレールはエメラルドの指輪を指にはめ、感慨深い表情を浮かべました。クレールがこうしている間にも、あのボートはセーヌ川の流れにゆっくりと流されていきました。

みんなの感想

ライターの感想

次第に雪解けが進む母娘の姿は感動的で、カトリーヌ・ドヌーヴ、カトリーヌ・フロの対照的な演技のぶつかり合いはとても見応えがありました。また、言葉だけでなく、一つ一つの表情で気持ちを表現する繊細な演技にも注目です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ルージュの手紙」の商品はこちら