映画:レッドファミリー

「レッドファミリー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

レッド・ファミリーの紹介:2013年制作の韓国映画。『アリラン』『嘆きのピエタ』などの鬼才キム・ギドクが、脚本、編集、エグゼクティブプロデューサーを務めた異色のドラマ。家族を装い韓国に潜入する北朝鮮の工作員たちに現れる変化を描く。

あらすじ動画

レッドファミリーの主な出演者

妻役・班長ベク・スンヘ(キム・ユミ)、夫役キム・ジェホン(チョン・ウ)、祖父役チョ・ミョンシク(ソン・ビョンホ)、娘役オ・ミンジ(パク・ソヨン)、父(パク・ビョンウン)、母(カン・ウンジン)、チャンス(オ・ジェム)、祖母(パク・ミョンシン)、野ウサギ・キム(キム・ジェロク)

レッドファミリーのネタバレあらすじ

【起】– レッドファミリーのあらすじ1

韓国のある住宅街に、平凡な4人家族がいました。しかしその正体は、家族を装う、北朝鮮のスパイたちです。

〝ツツジ班〟班長は妻役のスンヘで、夫役ジェホンや祖父役ミョンシクはスンヘのいいなりです。娘役のミンジもスンヘに頭が上がりませんが、まだ高校生くらいの年頃ということもあり、ジェホンやミョンシクよりは柔軟性に長けていました。

スンヘたちは連絡員のコードネーム・野ウサギから指示を受けて、脱北した反抗する分子を暗殺する任務を負います。

表向きはすごく仲の良い家族を演じつつ、あちこちでスパイ活動をおこない、家のなかでは班長・スンヘが君臨する、にせ家族でした。

スンヘたちの隣家はいつも騒々しい家族です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

  • 匿名さんの感想

    「南に憧れ、北への忠誠心が揺らぐ工作員たち」の姿。
    その北の工作員たちの「揺らぎ」に興味がそそられる。北の人間の心が最も揺らぐのは、家族が仲良くしている姿を見た時。ここが、何よりも家族や親族を大切にする韓国らしい描き方だ。彼らが本当に欲しいのは、大金でも、美味しいご飯でもない。互いに言いたいことを言い合い、バカだアホだと罵り合える温かい家族だ。

映画の感想を投稿する

映画「レッドファミリー」の商品はこちら

IMAGE

レッド・ファミリー [DVD]

DVD > 外国のドラマ映画
ギャガ
キム・ユミ(出演),チョン・ウ(出演),ソン・ビョンホ(出演),パク・ソヨン(出演),イ・ジュヒョン(監督)

¥3,347
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20