「レナードの朝」のネタバレあらすじと結末の感想

レナードの朝の紹介:1990年制作のアメリカ映画。オリバー・サックス医師の実体験による著作を基として描いたヒューマンドラマ。30年昏睡状態であった患者と、その担当医師との闘病生活を描いた感動的な作品である。

予告動画

レナードの朝の主な出演者

レナード・ロウ(ロバート・デ・ニーロ)、マルコム・セイヤー医師(ロビン・ウィリアムズ)、エレノア・コステロ(ジュリー・カブナー)、ロウ夫人(ルース・ネルソン)、カウフマン医師(ジョン・ハード)、ポーラ(ペネロープ・アン・ミラー)、ピーター・インガム医師(マックス・フォン・シドー)

レナードの朝のネタバレあらすじ

【起】- レナードの朝のあらすじ1

1969年、ブロンクスにあるベインブリッジ病院に、マルコム・セイヤー医師は赴任しました。ベインブリッジ病院は、慢性神経病患者専門の病院です。
人と接することが苦手なセイヤー医師は、最初は患者にどう接すればよいか戸惑いますが、持ち前の熱意により病院で奮闘しました。
またセイヤー医師の情熱は患者にも伝わり、セイヤー医師指導の訓練によって、反射神経の残る患者たちに生気を取り戻すことができます。看護師・エレノアはセイヤー医師の真剣な態度に感動しました。

【承】- レナードの朝のあらすじ2

セイヤー医師の患者の中には、最も重症な患者・レナードがいました。レナードは嗜眠性脳炎と診断され、11歳の時に発病してから、以来30年間ずっと眠りについたままです。その症状はあたかも「石化」したかのようでした。
セイヤー医師はレナードを目覚めさせようと、まだ正式に認可されていないパーキンソン氏病患者用の薬を使おうと決断します。セイヤー医師はレナードの母・ロウ夫人を説得し、Lドーパをレナードに投与しました。
薬の効き目はなかなか現れませんでしたが、とうとうある夜、レナードが眠りから目覚めます。

【転】- レナードの朝のあらすじ3

目覚めたレナードは30年の歳月の経過に戸惑いますが、セイヤー医師と共に街に出たレナードは、時代の変化を肌で感じました。
レナードの劇的な変化を確認したセイヤー医師は、他の患者にも新薬・Lドーパを使うことを申し出ます。レナード同様に眠りについていた患者たちが次々と目覚めました。
レナードはリハビリをし、徐々にできることが増えてきます。レナードもロウ夫人もセイヤー医師に感謝しました。
そのレナードが生まれて初めての恋をします。恋の相手は、父を見舞いに来た若い女性・ポーラでした。

【結】- レナードの朝のあらすじ4

ポーラと親しくなったレナードは単独で外出したいと思うようになりますが、医師団の反対に遭います。
医師団に怒ったレナードは暴れ始め、それがきっかけで病状が悪化してしまいました。
できていたことが次第にできなくなる焦燥感から、レナードの容態は悪くなる一方です。そしてその焦りがレナードを凶暴な性格に変え、ロウ夫人はおろおろしました。
一度は目覚めた患者たちですが、レナードはじめ皆が再び元の昏睡状態に戻ってしまいます。
自分のしたことは正解だったのかと自問するセイヤー医師に対し、エレノアは優しく慰めました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「レナードの朝」の商品はこちら