「ロストパラダイス・イン・トーキョー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

映画「ロストパラダイス・イン・トーキョー」の感想

ライターの感想

知的障害を持った人にとっての幸せって何なのだろうと考えさせられる。社会から受け入れられない行動をとってしまうことから幹生が反省したように“綴じ込め”てしまう傾向があるのだろう。それにしてもマリンの実生への接し方はどこまでも優しく、母性的でそれが風俗嬢や地下アイドルというギャップと相まって興味深かった。
    1 2 3 4 5

    「ロストパラダイス・イン・トーキョー」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×