映画:ロゼッタ

「ロゼッタ」のネタバレあらすじと結末

ロゼッタの紹介:1999年のベルギー・フランスの合作。リュック・ダルデンヌ&ジャン=ピエール・ダルデンヌ兄弟の長編第2作目にして、第52回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールと女優賞を獲得したヒューマンドラマ。酒に溺れる母とトレーラーハウスで暮らす少女ロゼッタ。不当な解雇により突然仕事を失った彼女は、厳しい現実に必死で立ち向かうのだが…。

あらすじ動画

ロゼッタの主な出演者

ロゼッタ(エミリー・ドゥケンヌ)、リケ(ファブリッツオ・ロンギーヌ)、ロゼッタの母 (アンヌ・イェルノー)、社長 (オリヴィエ・グルメ)

ロゼッタのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ロゼッタのあらすじ1

キャンプ場の中に置かれたトレーラーハウスで母と暮らす少女ロゼッタ。洗濯物は手洗い、車内はすきま風が入り寒くて狭い。そんなトレーラーでの生活から抜け出したいとロゼッタは強く願っています。しかし生活は厳しく、ロゼッタが必死に働いた賃金と、母が繕った衣類を売った僅かな金で生活してきました。アルコール中毒の母は目を離すと酒を貰うために男と体を重ね、そんな母を少し乱暴ながら、ロゼッタが体を張って阻止するという日々が続いています。
ロゼッタはキャンプ場の入り口ではなく、人目につかない裏口から出入りしていました。ここに外出用の靴を隠したり、辺りに有る物で道具をこしらえて、池で魚を釣って食料にしたりしているのです。逞しく生きるロゼッタでしたが、激しい腹痛に悩まされていました。

ある日ロゼッタは、理由も伝えられないまま勤めていた工場を解雇されます。上司を殴り飛ばし、工場内に籠って抵抗したロゼッタですが追い出されました。収入の充てが無くなったロゼッタは、母が繕った服を売りに行きますが、ろくな金額になりません。職歴が短いため役所に行っても求職申請もできず、むしろ生活保護を申込むように言われてロゼッタは憤りました。

ロゼッタがいつも行くワッフルスタンドでは、販売員が新顔の青年リケに代わりました。自分にも仕事があるのではないかと考えたロゼッタは、社長に打診してみますがあっさりと断られます。
程なくしてロゼッタを気にかけたリケがキャンプ場までやって来ます。ここにいる事実を知られたくなかったロゼッタは、思わずリケに飛び掛かりますが、彼は職場に欠員が出たことを伝えに来たのでした。翌日からロゼッタはワッフルの製造業務を担当することに。重労働ながら懸命に作業をこなしました。

【承】- ロゼッタのあらすじ2

ロゼッタが帰宅すると水道が止められていました。ロゼッタは試すように母に金を渡し、管理人に支払わせに行かせます。しかし一向に水が出ないので、ロゼッタが管理人のもとへ行くと、母と彼は情事を済ませたばかり…。ロゼッタは2人を怒鳴り散らしました。
トレーラーに戻ったロゼッタは母のアル中治療のために病院へ行く準備をさせますが、母が逃げ出します。行きたくないと泣き喚く母をロゼッタは「入院しないと治らない。退院したら中古のミシンを買ってあげる」となだめます。それでも隙を見た母はまた逃げ、追いかけたロゼッタは降り飛ばされて池に落ちました。泥に足を取られて溺れそうになったものの、ロゼッタは根性で這い上がります。

ロゼッタはトレーラーを出ていくために、リケが借りているアパートの空き部屋を紹介してもらいます。部屋にロゼッタを招いたリケは、嬉しそうに特技を披露。練習しているバンドの音源を聞かせ、食事やビールを振る舞うなど張り切ります。部屋にあったワッフルメーカーが気になったロゼッタは、店のワッフル数をごまかしているかとリケに尋ねると、すっかり心を許した彼は「最初からやっている」と答えてくれました。
リケが音源に合わせて踊ろうとロゼッタを誘いますが、腹痛を起こした彼女は何も言わず部屋を飛び出します。しかし帰りたくなかったロゼッタはリケの部屋に戻り「“車”で寝たくない」と吐露しました。ロゼッタはリケが用意してくれた温かな毛布の中で、「私はロゼッタ。仕事を見つけた。私も見つけた。友達が出来た。まっとうな生活。失敗しない」と唱えるのでした。

【転】- ロゼッタのあらすじ3

翌朝ロゼッタはリケのバイクに乗せてもらい、一緒に出勤します。ところが社長が自分の息子を働かせることにしたため、ロゼッタはまた突然失職する羽目に。怒ったロゼッタは「私の仕事を奪うな!」と暴れ、小麦粉の袋にしがみついて粘りますが、現実は無情でした。

ロゼッタは仕事を求めて様々な店を訪ねますが、どこも雇ってくれません。ロゼッタが仕事中のリケに会いに行くと、“社長の息子が辞めるだろう”と励ましてくれました。しかし社長に直談判しても、冷たくあしらわれてしまいます。
キャンプ場へ戻ったロゼッタは、秘密の出入り口を使っているところを管理人に見られました。管理人がバイクで去った後、魚を釣り始めたロゼッタは、またもやバイクの音が響いたため魚を捨て慌てて逃げます。ところがバイクの音の正体は、ロゼッタを心配して現れたリケでした。ロゼッタは金を貸すと申し出るリケよりも、逃がした魚のことで頭がいっぱいです。作業を手伝おうとしたリケが足を滑らせ、池に落ちました。この間の自分と同じように泥に足を取られるリケを見たロゼッタは、彼がこのまま死ねば仕事が貰えると思い、見捨てようとします。しかし見過ごしきれなかったロゼッタは、リケの体を引っ張り助け出しました。

【結】- ロゼッタのあらすじ4

翌日、リケに見つからないようにスタンドの前を通ろうとしたロゼッタですが、気付かれてしまいます。ロゼッタを案じたリケは、彼が焼いたワッフルを隠れて売ればいいと提案してくれますが、もぐりの仕事は嫌だとロゼッタは断りました。
その直後ロゼッタは、リケが不正をしていることを社長に申告します。勿論、仕事を奪うためでした。激怒した社長はスタンドに乗り込み、リケにクビを言い渡します。裏切られて興奮したリケは社長ともみ合いになるものの、結局追い出されました。ロゼッタは思惑通り、リケの後任を言い渡されます。
ロゼッタが仕事を終えると、リケがバイクで追いかけてきました。逃げ切れなかったロゼッタは、リケに問い詰められると「仕事のためよ!」と言い放ちます。それを聞いたリケは腹を立てるものの、彼女を殴り飛ばすことなど出来ませんでした。

次の日、ロゼッタは用心深くスタンドに打ち鍵をしました。仕事を得たロゼッタは朗らかに業務をこなしていたのに、突然笑顔が消えます。リケが客として来たからでした。しばらく居座ったリケでしたが、諦めて退散します。
仕事を終え無事にキャンプ場まで戻ったロゼッタでしたが、酔いつぶれて屋外で眠り込む母を見て愕然とします。母をどうにかベッドまで運ぶも現実に失望したロゼッタは、職場に「仕事を辞めます」と一言だけ伝え、一方的に電話を切りました。ロゼッタは卵を1つ茹でて腹に入れると、トレーラーハウスのガス栓をひねり、心中を図ったのです。
ところが途中でガスが切れてしまい、ロゼッタは新しいガスボンベ受取るため、管理人のもとへ向かいます。ロゼッタが重いボンベを運んでいると、またもや遠くからバイクの音が…。その音は次第に大きくなり、リケがやって来ました。執拗にバイクで周回してくる彼をロゼッタは追い払おうとしますが、ボンベの重さで倒れてしまいます。ロゼッタは虚しさで、声を上げて泣きました。泣き崩れたロゼッタを、リケが何も言わずに抱き起こします。立ち上がったロゼッタは涙を流しながら、ただリケの顔を見つめるのでした。

みんなの感想

ライターの感想

ダルデンヌ兄弟の作品を見ると、まるで自分の目の前で起きている出来事を見ているようで、夜も寝付けなくなります。眩暈がしそうになるほどのハンディカメラでの撮影が臨場感を与えているのが大きな理由ではないでしょうか。BGMが無い中で、近づいてくるバイクの音が見事な効果音となっていて、緊迫感を増長させていました。BGMが無いのもダルデンヌ作品の特徴ですが、生活音が音楽以上の役割を果たしていて、その手法が実に巧妙です。
胸を突くシーンが要所要所で描かれ、涙なしでは鑑賞できませんでした。ロゼッタにとって生きるために邪魔者に感じたリケこそ、実は救世主なのではないかと感じて止みません。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ロゼッタ」の商品はこちら