「ロッタちゃんと赤いじてんしゃ」のネタバレあらすじと結末の感想

ヒューマンドラマ

ロッタちゃんと赤いじてんしゃの紹介:1992年公開のスウェーデン映画。きかん坊なロッタちゃんと家族のひと夏を描いている。「ロッタちゃん」シリーズを原作とした最初の作品。風邪をひいてしまったロッタちゃん。兄のヨナスと姉のミアはお店に買い物に行って置いてけぼり。強情なロッタちゃんは鼻水すすりながら店まで行ってしまう。夜になって咳止めのお薬も頑固なロッタちゃんは飲みません。ロッタちゃんのひと夏は始まったばかり。

ロッタちゃんと赤いじてんしゃの主な出演者

ロッタ(グレテ・ハヴネショルド)、ミア(リン・グロッペスタード)、ヨナス(マルティン・アンデション)、ママ(ベアトリース・イェールオース)

ロッタちゃんと赤いじてんしゃのネタバレあらすじ

【起】- ロッタちゃんと赤いじてんしゃのあらすじ1

雨が降る中、ロッタちゃんの隣の家に住むベルイおばさんは、愛犬のスコッティと散歩がてらお店に行きます。そこでロッタちゃんの兄ヨナスと姉ミアと会います。
ロッタちゃんは風邪をひいてお留守番です。諦めないロッタちゃんはカッパを着てお店に行きます。ミアから飴をもらって舐めます。
ロッタちゃんの鼻をすする音に客の女性は気になって話しかけます。ロッタちゃんは言い返してやって、周りのお客さんは笑います。
家に帰ったロッタちゃん達は病院ごっこを始めます。ヨナスが医者でミアが看護師です。患者はロッタちゃんです。注射をすることになってロッタちゃんは嫌がります。
病院ごっこを終わりにすると、パパが帰ってきます。3人は隠れてパパをおどかします。
寝る時間になってママが咳止めの薬をロッタちゃんに飲ませようとします。しかし、強情で頑固なロッタちゃんは飲みません。

【承】- ロッタちゃんと赤いじてんしゃのあらすじ2

翌日、元気になったロッタちゃんとミアとヨナスはベルイおばさんの家に遊びに行きます。遊んでいたヨナスが窓から落ちて泥んこになります。
明日はピクニックに行くことになって早く寝ることになります。元気なロッタちゃんは起きていたいと思います。
翌朝、ガソリンを入れるのに時間のかかったパパにママは機嫌を悪くします。パパは重く考えず、皆を車に乗せて湖まで行きます。
子供達に救命胴衣を着せて遊ばせます。ママは寝転んでパパは子供達の面倒を見に行きます。釣りを提案したパパでしたが、魚はきません。代わりにロッタちゃんの友達のブタのぬいぐるみのバムセが釣れてしまいます。
怒ったロッタちゃんは釣りをやめようと提案します。子供達は救命胴衣を脱いで、野原で鳥の巣と卵を見つけます。バムセをそこに置いてけぼりにしてしまいます。
湖の側でヨナスは物真似大会を開きます。ロッタちゃんとミアは面白くて笑います。パパとママが危ないことに気づいて叫びます。ヨナスは湖に落ちて足がつってしまいます。

【転】- ロッタちゃんと赤いじてんしゃのあらすじ3

パパが助けに行きます。ずぶ濡れになって、風邪をひいてはいけないと帰ることになります。ロッタちゃんはバムセがいないことに慌てます。鳥の巣までヨナスとミアと取りに行きます。
ヨナスとミアは家で宿題をしていました。ロッタちゃんがやってきて邪魔だと感じます。喧嘩はしないようにとママが言います。
ロッタちゃんの誕生日がやってきます。家族みんなで祝福をしてプレゼントをあげます。赤いバッグを気に入るロッタちゃんでした。
しかし、ヨナスやミアが自転車に乗っていることから、一番欲しいのは自転車だとロッタちゃんは言い続けます。
赤い三輪車で我慢するようにと言われたロッタちゃんは思いつきます。ベルイおばさんの家に行って眠るように勧めます。
そしてベルイおばさんが寝てる間に自転車を物置から出します。道路で乗ると止まれません。ベルイおばさんの庭に落ちて怪我をします。
ベルイおばさんにもらったブレスレットを無くしてしまいます。結局見つからなくてロッタちゃんは不貞腐れます。
するとパパが自転車を買って帰ってきます。ブレスレットも見つかります。機嫌の良くなったロッタちゃんでした。

【結】- ロッタちゃんと赤いじてんしゃのあらすじ4

パパ以外は列車に乗って祖父母の家に向かいます。子供達は列車に乗っている顎にイボがあるおじいさんを笑います。ロッタちゃんは食べ物で遊んでママに怒られます。
祖父母が歓迎してくれます。ヨナスとミアは自転車で農場見学に連れて行ってもらいます。ロッタちゃんは幼いことから家でお留守番で不貞腐れます。
雨が降って来て、雨は色々な物を成長させてくれると祖母は言います。ロッタちゃんは外に出て肥やしの上で雨にうたれ続けます。大きくなれると思ったのです。
ヨナスやミアが食事に帰ってきます。魚が嫌いなロッタちゃんはニシンを食べませんでした。おしおきに外に放り出された後、中に入れられてニシンを食べるよう言われます。
ロッタちゃんはニシンを水につけて泳がせようとします。ママに怒られたロッタちゃんは帰る支度を始めます。一人では帰れないとママに助けを求めると、パパが車でやってきて機嫌がなおります。
みんなで食事をします。祖母が子供達を寝かせるために本を読んでくれてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画ののんびりした世界観はとても癒されます。ロッタちゃんの強情で頑固な様子が可愛らしく、癒される理由だと思います。
祖父母の家でママにおしおきとして外に放り出された時の怒った掛け声や、赤い三輪車を蹴る姿、祖父母の家から不貞腐れて家に帰るシーンなど、ロッタちゃんの愛らしい姿が目白押しです。
大きくなりたいことから、牛の糞の肥やしの上で雨にうたれ続けながら叫ぶロッタちゃんには笑ってしまいました。
子供さんから大人まで幅広い年代の方が楽しめる作品だと感じました。良作で満点の作品です。

映画の感想を投稿する

映画「ロッタちゃんと赤いじてんしゃ」の商品はこちら