「ロンゲストヤード」のネタバレあらすじと結末の感想

ロンゲスト・ヤード(2005年)の紹介:2005年公開。MVPに輝いた事のある元プロアメフト選手が率いる囚人チームが、凶悪な看守達率いるチームに立ち向かう姿を描いた作品。1974年公開の「ロンゲスト・ヤード」をピーター・シーガル監督がリメイク。恋人の車で飲酒運転した元プロアメフト選手のポール。捕まって刑務所に行くことに。刑務所長は看守達のアメフトチームの強化のためにポールにアドバイスを頼む。調整試合の提案をしたポールに、囚人達のチームを作らせて試合をすることになるのだが…。

予告動画

ロンゲストヤードの主な出演者

ポール・クルー(アダム・サンドラー)、ケアテイカー(クリス・ロック)、ネイト・スカーボロー(バート・レイノルズ)、ヘイズン刑務所長(ジェームズ・クロムウェル)、アール・メゲット(ネリー)、スウィトウスキー(ボブ・サップ)、クナウアー看守長(ウィリアム・フィクナー)

ロンゲストヤードのネタバレあらすじ

【起】- ロンゲストヤードのあらすじ1

元プロアメフト選手のポールは恋人の開いたパーティーに出席を求められます。嫌がったポールは彼女を押し入れに閉じ込めて、彼女の車で酒を飲みながらドライブに出掛けます。
怒った恋人は警察に盗難届を出します。パトカーに追われたポールはカーチェイスを繰り広げてテレビで中継されます。彼は八百長疑惑で執行猶予期間だったのです。
パトカーは車に激突して執行猶予は取り消され、刑務所に行くことになったポールでした。ヘイズン刑務所長は根回しをしてポールを自分の刑務所に迎え入れます。
刑務所の看守達のアメフトリーグがありました。ヘイズンは特に力を入れていて、ポールをアドバイス役に抜擢します。クナウアー看守長は嫌がりますが、所長に説得されます。
ポールは所長に格下のチームと調整試合をして自信をつけさせるのが良いとアドバイスします。所長はポールに囚人達を集めさせて一ヶ月後に試合ができるチームを作れと命じます。
八百長疑惑で嫌われているポールは囚人達と喧嘩をします。ケアテイカーと友達になってメンバー集めを開始します。

【承】- ロンゲストヤードのあらすじ2

腕っぷしや根性がある囚人達が集まります。練習を始めますが、中々うまくまとまりません。そこに有名な選手でありコーチができるネイト・スカーボローが助っ人に来てくれます。
スカーボローのコーチによってだいぶまとまります。しかし、足の速い選手が必要だと感じます。ポールと喧嘩した囚人達の溜まり場に行きます。
バスケの1on1で仲間になるか賭けをします。ポールは負けてしまいますが、根性があるとメゲットがチームに参戦してくれます。彼の俊足は凄まじいものでした。
スカーボローの友人で資料室に詳しい人物から潜入を開始します。資料室のデータバンクには凶悪な犯罪者が星の数でランク付けされていました。最大の星をつけられている人物をスカウトします。
試合ができる様になってきます。ポールには心配事がありました。アンガーという人物がスパイをしていたのです。仕返しに看守達のプロテインを女性ホルモンの薬に変えてやります。
メゲットが本の整理の仕事をしていると看守達が苛めてきます。アンガーからの情報でメゲット潰しにかかったのです。それを見た仲間達が助っ人にきてくれます。

【転】- ロンゲストヤードのあらすじ3

ポールは所長にアンガーを封じるようお願いします。拒否されてグラウンドは水浸しにされます。所長が恐れているからだと囚人達は逆に気合いを入れて練習します。
試合はテレビで放映されることになります。政界進出も考えている所長は看守達が負けてはならないと考えます。
ケアテイカーは看守達の試合のビデオを入手する手配をします。映画上映会の時に看守達の目を盗んで見ます。その情報を看守達に流したアンガーはポールの抹殺を命じられます。
ポールではなく、代わりにアンガーが殺されてしまいます。囚人達は悲しみ、葬儀に参列します。
試合当日、ケアテイカーの用意したユニフォームや防具で囚人達は気合いを入れて挑みます。序盤は看守達への恨みを晴らすことばかりで大差が開いてしまいます。
気合いを入れ直して前半が終わるまでに同点に追いつきます。ハーフタイム中に所長がポールに脅しをかけてきます。わざと負けなければケアテイカー殺しの犯人にすると言われます。
3年の刑期で出所したいポールはわざとミスをします。そしてチームはバラバラになり、大差が開きます。ポールは怪我をしたとベンチに退きます。

【結】- ロンゲストヤードのあらすじ4

皆の頑張る姿にポールは心を入れ替えて復帰します。しかし、仲間達はポールに協力しませんでした。
ポールは一人で敵陣に突っ込みます。そしてタイム中に借金地獄で八百長をしたことを皆に話します。
その後の生活は糞だったと言います。所長に脅されている事も打ち明けて、反抗するから手伝ってくれとお願いします。
チームはまとまり、一気に差が縮まっていきます。あと少しのとこでキーマンであるメゲットがタックルされて怪我をします。
コーチであったご老体のスカーボローが命を懸けて参戦します。そのスカーボローが見事にタッチダウンをして1点差に追い上げます。
勝つために作戦を考えます。ポールがもめているふりをして、タイムをとろうとベンチに駆け寄ります。その隙をついてポールにパスが来て一気にタッチダウンを決めて逆転勝利を飾ります。
ウィニングボールを取りに行くポールを脱走だと所長は言います。看守長に撃つように命じますが、脱走でなかったため取り消します。看守長はポールを殺人犯にはさせないと言います。
勝利に喜ぶ囚人達の姿が映し出されてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画はコメディ要素がたっぷりで、とても楽しめる作品です。特にそう思わせてくれる場面の一つは資料室に潜入するシーンです。データバンクでは凶悪犯のランクを星の数でランク付けされているのですが、ケアテイカーは星一つの半分しかないのが分かった時は爆笑しました。
もう一つに囚人達のメンバーテストの場面でお腹のでてる囚人が横になるシーンがあります。お腹がシャツから出ていて風船みたいで面白いです。この囚人が練習中にズボンがずれて、ハンケツ状態で走ってる姿も笑えます。
囚人達が主役として描かれているので突っ込み所はたくさん出てくると思います。試合の解説に囚人が呼ばれていたりするので、びっくりします。ポールが警察に捕まりそうになった時に警官の耳をからかっての会話は面白いです。終始面白いシーンが盛りだくさんで楽しめます。
面白いだけでなく、感動する場面もあります。試合の最後の展開は盛り上がります。最後の最後で作戦勝ちをして、葛藤もありながら逆転勝利した時は感動ものです。
出演者として格闘家がでているのでファンの人にはたまらないかと思います。日本でも有名なボブ・サップが出てるので、あの怪力は見応えバッチリです。
相手を吹き飛ばすシーンが多いので、すっきり爽快な気分になります。実際怪我はしていないことを願います。この作品を見て1974年のオリジナルの作品も観てみたいと思いました。

映画の感想を投稿する

映画「ロンゲストヤード」の商品はこちら