映画:ロードオブドッグタウン

「ロードオブドッグタウン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

ロード・オブ・ドッグタウンの紹介:2005年公開。1970年代にスケートボードで世間に名を知らしめたZ-BOYSを実話に基づいて描いた作品。ドッグタウンと呼ばれた寂れた街で、ジェイ、トニー、スペイシーなど青年達はサーフィンとスケートボードに夢中になっていた。サーフショップの経営者のスキップは彼らにスケートボードを渡して、チーム「Z-BOYS」を結成して宣伝することに。やがて彼らに世間は注目していく。

あらすじ動画

ロードオブドッグタウンの主な出演者

ジェイ(エミール・ハーシュ)、ステイシー(ジョン・ロビンソン)、トニー(ヴィクター・ラサック)、トッパー(ジョニー・ノックスヴィル)、スキップ(ヒース・レジャー)、フィレーン(レベッカ・デ・モーネイ)

ロードオブドッグタウンのネタバレあらすじ

【起】– ロードオブドッグタウンのあらすじ1

1975年、ドッグタウンと呼ばれる寂れた街でジェイ、トニー、スペイシーや友人達はサーフィンとスケートボードに夢中になっていました。

良い波がきている時はサーフィンを、きてない時はスケートボードをしていました。サーフショップ経営者のスキップはスケートボードが流行ることを確信して制作することにします。

スキップは宣伝のために、チーム「Z-BOYS」を結成します。ジェイ達を入れて練習させます。しかし、ステイシーだけはのけ者にします。

スキップとZ-BOYSはスケートボードの大会に出場します。Z-BOYSの滑りは規定の技にないものばかりで審査員は困ります。しかし、その滑りは観客を魅了します。

ジェイは高得点で2位に、トニーはトップに立ちます。そこに個人で出場したステイシーがトニーと並びます。トニーは審判ともめて失格になってしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ロードオブドッグタウン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×