映画:ワイルドライフ

「ワイルドライフ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ワイルドライフの紹介:個性派俳優ポール・ダノの初監督・脚本作品。原作はリチャード・フォードの小説で、監督の妻であるゾーイ・カザンが共同脚本を務めている。主演は「華麗なるギャツビー」のキャリー・マリガンと「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホール。日本公開は2019年。

あらすじ動画

ワイルドライフの主な出演者

ジャネット・ブリンソン(キャリー・マリガン)、ジェリー・ブリンソン(ジェイク・ギレンホール)、ジョー・ブリンソン(エド・オクセンボールド)、ルース・アン(ゾーイ・マーガレット・コレッティ)、ウォーレン・ミラー(ビル・キャンプ)、クレランス・スノー(ダリル・コックス)

ワイルドライフのネタバレあらすじ

【起】– ワイルドライフのあらすじ1

ワイルドライフのシーン1

画像引用元:YouTube / ワイルドライフトレーラー映像

舞台は1960年代、カナダとの国境に接するモンタナ州グレートフォールズ。

この地に引っ越してきたばかりのブリンソン一家は、ゴルフ場でレッスンプロとして働く父親のジェリーと、かつて教師をしていた専業主婦の母親ジャネット、そして14歳の息子ジョーの3人暮らしです。

ジェリーが職をコロコロと変える関係で、一家は引っ越しを繰り返さなければなりませんでした。しかし、新天地での生活も軌道に乗り始め、一家は慎ましくも幸せな日々を送っていました。

キッチンで楽しそうに話す仲睦まじい両親の姿を、ジョーは穏やかな表情で眺めていました。

ジェリーとジョーは、自宅の庭でアメリカンフットボールの練習をします。

ジョーは学校のフットボールチームに入っていますがあまり馴染めず、プレーヤーになってほしいというジェリーの希望を叶えるために続けていたのです。

また、クラスにもまだ溶け込めていないジョーは、よく一人で行動していました。

ある日、ジョーは山火事の講義をおこなう消防士の話を聞きます。

山火事が発生して地面が焼き尽くされると自然が新しく構築されるので、悪いことばかりではないというのです。

そんなある日、ジェリーが突然ゴルフ場を解雇されてしまいます。

元々客と賭けゴルフをしていることをオーナーに快く思われておらず、客になれなれしく接したことが引き金となってしまったのです。

ジャネットは決して不安を見せることなく、むしろ解雇したゴルフ場を貶めて、ジェリーを優しく励ますのでした。

しかし、その後ゴルフ場から不当解雇を謝罪する連絡があり、ジェリーは職場に復帰できることになります。

ジャネットとジョーは喜んで、さっそくジェリーに伝えに行きますが、肝心の彼はプライドが許さず断ってしまうのでした。

えり好みばかりするジェリーの再就職は難航します。ジャネットはスーパーのレジでもやってみてはどうかと提案しますが、ジェリーはそんな仕事をするためにここへ来たわけではないと却下するのでした。

夫を気遣うジャネットは、それなら友達を作るために自分がパートタイムの仕事をすると言います。ジェリーは「勝手にしろ」と言い放ち、酒に逃げるようになっていきます。

ジョーはまた引っ越しをするのかと心配しますが、ジャネットはジェリーを信頼するようにと勇気づけるのでした。

今度はジャネットが職探しを始めますが、どこも募集していないとバッサリと断られます。それでも食い下がる彼女は、ついにYMCAの水泳教室のインストラクターの仕事を得るのでした。

そんな母親の姿を見たジョーは、アメフトを辞めてアルバイトがしたいと両親に伝えます。

ジャネットは賛成しますが、ジェリーは学校とアメフトの練習をしていればいいと反対するのでした。ジャネットはジョーに決めさせるべきだと言い返し、夫婦間に軋轢が生じます。

その夜ジャネットは、仕事を探す様子もなく酒を飲んでばかりのジェリーを批難します。「あなたは逃げているだけ」と強く責められたジェリーはたまらなくなり、「俺を追い詰めるな」と怒鳴り散らすのでした。

ジョーは両親の激しい口論を聞きながら、眠りにつきました。

後日、アメフトを辞めたジョーは、写真館でアルバイトをすることになりました。

写真館の主人は「人の幸せな瞬間を永遠に残すことが我々の仕事だ」と、ジョーに優しく教えます。

アルバイトに打ち込むジョーは、学校の勉強にも遅れが出始めてきます。

その頃、ジェリーはテレビに映し出される山火事に目を奪われていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ワイルドライフ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ