映画:ワンダー 君は太陽

「ワンダー 君は太陽」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ヒューマンドラマ

ワンダー 君は太陽の紹介:2017年製作のアメリカ映画で、日本公開は翌年。R・J・パラシオのベストセラー小説を実写版『美女と野獣』の製作スタッフが映像化。監督・脚本はスティーブン・チョボスキー。遺伝子疾患により、人とは異なる顔を生まれ持った10歳のオギー。オギー自身や周囲の人々の苦悩、家族の愛情や友情を描いた感動の物語。

あらすじ動画

ワンダー 君は太陽の主な出演者

イザベル(ジュリア・ロバーツ)、ネート(オーウェン・ウィルソン)、オギー (ジェイコブ・トレンブレイ)、トゥシュマン校長(マンディ・パティンキン)、ブラウン先生 (ダヴィード・ディグス)、ヴィア(イザベラ・ビドビッチ)、ミランダ(ダニエル・ローズ・ラッセル)、ジャスティン(ナジ・ジーター)、ジャック(ノア・ジュプ)、サマー (ミリー・デイビス)、ジュリアン(ブライス・ガイザー)、シャーロット(エル・マッキノン)

ワンダー 君は太陽のネタバレあらすじ

【起】– ワンダー 君は太陽のあらすじ1

10歳のオギーはスターウォーズが大好きで、宇宙飛行士になる夢を持った普通の男の子。ただちょっと普通と違うのは、遺伝子の疾患により人とは異なる顔を持って生まれてきたこと。オギーはこれまで27回もの手術をしてきました。

オギーが街に出れば顔をジロジロと見られることも多く、学校へは行かず、母のイザベルが先生となり自宅学習をしてきました。イザベルはオギーが5年生となる夏、新入生が多い中等部というキリの良さを鑑みて、彼を初めて小学校へ通わすことを決意します。

緊張でいっぱいのオギーはイザベルに連れられて、夏休みの間に校長へ挨拶するために学校へ行きます。出迎えた校長は自身の名前から準えて「お尻校長だ」と自己紹介し、オギーの心がほどけました。寛大な校長は楽しい学校行事を説明してくれますが、彼の計らいで校内は同級生が案内することに。オギーにまた緊張が走ります。案内を担当したのは、如何にも金持ちそうなジュリアン、穏やかそうなジャック、キッズモデルでチャラいシャーロット。ズケズケとした物言いのジュリアンに対しオギーは利発に対応しますが、やはり内心は傷つきました。

帰宅して元気のないオギーを父のネート、姉のヴィアも心配します。それでもオギーは自ら「学校へ行きたい」と意思を示しました。

オギーは外出する際は人目を避けて、お気に入りのNASA仕様のヘルメットを装着しています。今日もこれを被り登校しました。心配でたまらず総出で付き添った家族は、それぞれオギーに魂の籠ったエールを送りました。家族の応援をもらったオギーは、一身に向けられる視線に耐え続けます。辛い時は楽しいことを妄想するとのイザベルの教えを実践しながら…。

オギーのクラス担任は金融業出身で風変わりながら、温かさのあるブラウン先生です。先生は最初のホームルームで「正しいこと 親切なこと 選ぶなら親切なことを」という格言を新たな教え子に唱えました。

結局この日、オギーには誰も近づきませんでした。ドッヂボールでは男子生徒から一斉に標的にされ、ジュリアンには何度も意地悪な言葉を投げかけられました。傷心のオギーは、家に帰ってもヘルメットを被ったまま…。「何故僕は醜いの?」と泣きながら訴えるオギー。それに対しイザベルは「心は人の未来を示す地図で、顔は人の過去を示す地図。あなたは醜くない」と諭し、いつも妻の尻に敷かれているネートもたっぷりの優しさを息子に注ぎました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ワンダー 君は太陽」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×