映画:七つの会議

「七つの会議」のネタバレあらすじと結末

七つの会議の紹介:2019年2月1日公開の日本映画。「半沢直樹」「下町ロケット」など数多くの映像化作品で知られる人気作家・池井戸潤の同名作を、野村萬斎主演で映画化したミステリー。万年係長が上司のパワハラを告発したことを機に、会社内で起こる騒動が描かれる。TVドラマ化された池井戸作品の常連である、香川照之や片岡愛之助ら実力派俳優が多数共演している。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

七つの会議の主な出演者

八角民夫(野村萬斎)、北川誠(香川照之)、原島万二(及川光博)、坂戸宣彦(片岡愛之助)、三沢逸郎(音尾琢真)、新田雄介(藤森慎吾)、浜本優衣(朝倉あき)、佐野健一郎(岡田浩暉)、田部(木下ほうか)、淑子(吉田羊)、三沢奈々子(土屋太鳳)、奈倉翔平(小泉孝太郎)、星野(溝端淳平)、飯山高実(春風亭昇太)、江木恒彦(立川談春)、加茂田久司(勝村政信)、村西京助(世良公則)、梨田元就(鹿賀丈史)、宮野和広(橋爪功)、徳山郁夫(北大路欣也)

七つの会議のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①八角がぐうたら社員にも関わらずお咎めなし、原島と優衣は怪しむ。八角が北川を追い落として以降、ねじの取引先を変えたと知り、経理の新田は癒着かと疑うが、八角に関わると異動になる。 ②トーメイテックのねじの強度偽装工作が発覚、八角はそれに気づき社長の命を受け隠蔽に動いていた。上部が隠すと知った八角は内部告発し、事実は明るみに。

【起】- 七つの会議のあらすじ1

七つの会議のシーン1 平成30年。東京。

中堅メーカーの東京建電の営業二課の課長である、原島万二は、会議が始まるのを緊張しながら待っていました。
営業部長の北川誠と常務取締役・梨田元就が、ノルマ達成に対して厳しい目を光らせているからです。
営業一課の課長・坂戸宣彦のほうは褒められますが、原島はノルマが達成されていないと痛罵されました。
売れないことを商品のせいにするなと注意され、ノルマの修正目標台数を言わせられます。

ところで。
会議の席では、誰もが緊張していましたが、ただひとりだけ居眠りしている者がいました。
「居眠り八角(はっかく)」と揶揄されても北川に叱られないのは、一課のヒラ社員・八角(やすみ)民夫、通称、「はっかく」でした。
八角はぐうたら社員で、みんなからも仕事をしない奴と思われています。
八角が居眠りをしているのを、北川部長は気づきますが、何も注意しませんでした。

会議中、厳しく注意された原島が座ろうとしたところ、椅子が壊れるアクシデントがあります。
(注:先にネタバレ。椅子が壊れたのは大事!!)


ある日。
定時で帰ろうとする八角に対して、上司の坂戸が厳しく当たりました。
坂戸は「そんなに帰りたいなら、辞めたらどうです」と、八角に対して皮肉を言います。
その発言を聞いた八角は、みんなの前で、「パワハラで訴える」と坂戸へ言い返しました。

誰もが坂戸のほうが正論だと思っていたのですが、なんと八角は本当に坂戸をパワハラで訴えて、しかもそれが本当に聞き届けられたのです。
坂戸は処分を受けて人事部へ異動(降格、左遷)になり、営業二課の課長だった原島が、一課の課長になります。


花の一課の課長という大任を任されて、原島はストレスを感じました。
残業する原島は、社内販売のドーナツを購入します。
このドーナツは、間もなく寿退社をする予定の女性社員・浜本優衣が導入したものでした。

…優衣は一介のOLです。
入社して3年目の時に、既婚者である経理部の新田雄介と不倫関係になりました。
その後6年も不倫を続けた優衣は、関係に疲れました。
会社には表向き「寿退社をする」と言い、辞める予定ですが、実際には結婚の予定はありません。

不倫と伝票整理だけの日々だったと思いたくない優衣は、会社に何かの爪痕を残そうと考えます。
会社に提案をし、ドーナツの無人販売というシステムを導入しようとしていました。
しかしドーナツの無人販売は、本採用になりません。
ドーナツ泥棒がいるらしく、ときどき計算が合わないのです。
優衣は、八角をドーナツ泥棒ではないかと、疑っていました…。

【承】- 七つの会議のあらすじ2

七つの会議のシーン2 経理と営業は、犬猿の仲でした。
経理課の新田は、坂戸が異動になり八角が担当になってから、ねじ六という会社に変えていることに気づきます。
かつて東京建電は、ねじ六を使っていました。
しかし坂戸時代にねじ六からトーメイテックに変えたことで、月90万円のコスト削減に成功していました。
坂戸が去り、八角がその担当になってから、再び前の高いねじ六に戻したことに、新田はうさんくささを感じます。
八角とねじ六に癒着があるのではないかと、新田は疑いました。

同じ頃、原島と優衣も、八角にうさんくささを感じていました。
勤務態度もなっておらず、ふらふらしているにも関わらず、北川が八角に何のとがめだてもしないのが、気になります。
原島が八角の過去を調べると、意外にも八角は若い頃、超エリートの営業部員でした。
どこかの時点で八角は、働き者から怠け者へ勤務態度が変化したのです。
そのきっかけは何だったのか、原島は気になります。


経理の新田は、八角とねじ六の癒着を突き止めたいと思います。
役員会議で新田は「不可解な転注」として、先の推理をあげますが、社長・宮野和弘は「営業部の粗探しか。時間の無駄だ」と一喝し、なぜか八角の肩を持ちました。

カスタマー室の室長・佐野健一郎から、原島は「異動になった坂戸が、一度も出勤していない」と聞かされました。
直後、室長の佐野は、直後に小倉営業部へ派遣されました。
坂戸のことを調べた原島と優衣は、本当だと知ります。
銀行員の兄・坂戸崇彦が、弟と連絡が取れないと証言します。

原島と優衣も、八角を怪しんでいました。
新田は不倫相手だった優衣に、八角のことを調べてくれと頼みます。
ドーナツ泥棒の件もあるので、優衣は八角に詰め寄りました。
八角は優衣の伝票を見て、「ドーナツ泥棒は水曜日によく出没している」と指摘します。

水曜日に張り込みをした優衣は、ドーナツ泥棒の犯人が新田だと知りました。
新田は役員会向けの資料を作成するために、水曜日に残業していました。

【転】- 七つの会議のあらすじ3

七つの会議のシーン3 その際に金を支払わずに、ドーナツを食べていたのです。
現場を押さえた優衣は新田を詰問しますが、目撃者がかつての不倫相手の優衣ひとりだけだと思った新田は、知らんふりをして隠そうとしました。
しかし原島も姿を現し、見ていたと証言します。

お金を扱う経理部にいながら、小銭をちょろまかしていた新田は、必要以上に重い罰を受けます。
新田は東北に異動になりました。
それを見送った原島は、八角に関わった者が次々に異動になると、不思議に思います。


八角を尾行した原島と優衣は、八角が住む横浜のアパートが、古い住居だと知りました。
離婚した妻・淑子(としこ)と会い、八角は生活費を渡していました。
ねじ六と癒着し、大金をせしめているような感じではありません。むしろつつましやかな生活です。

優衣と一緒に八角の行動を見張っていた原島は、ある時、優衣から気になることを聞きます。
先の会議で原島が椅子を壊した直後に、会議室の椅子がすべて買い直されていたのです。
優衣がその伝票を扱っており、覚えていました。
原島が座り損ね、椅子のねじが折れて椅子は壊れました。

しかし椅子が1脚こわれただけで、すべての椅子を買い直したことに、事態の異常さが読み取れます。
そこには何か、大きな背景があるように思われました。
椅子のねじに何かあったのではないかと思った原島は、調べます。
すると、とんでもないことが発覚します。

会議室にある椅子は、セルーラという会社の製品でした。東京建電が扱っています。
椅子のねじは、それまでねじ六が作っていたのですが、坂戸が担当になってから、トーメイテックに変更になりました。
コストは大幅にダウンできましたが、強度不足でした。
原島と優衣が知ったのは椅子ですが、問題はそれだけではありません。

トーメイテックは、航空機用や列車の部品も作っています。
これらのねじも強度不足だった場合、露見したときのリコールの費用がとんでもない額になります。

【結】- 七つの会議のあらすじ4

七つの会議のシーン2 八角が癒着していたわけではありませんでした。
八角はむしろ、坂戸の選んだトーメイテックの不良品のねじの強度不足を、極秘裏にもとに戻そうとしていたのです。

事実を知った原島は八角に詰め寄り、事実を上司に明らかにしようと言いました。
八角は「すでに社長は知っている」と答えます。

…2か月前。
社長・宮野と北川の指示で、八角は既に動いていたのでした。
パワハラで坂戸を異動させたのも、計画の一部だったのです。
人事部に異動させた後、坂戸をホテルに長期間、軟禁状態にして、事情を聴取していました。
(坂戸が行方不明だったのは、聴取されていたから)


ところが…。
八角が隠蔽工作と闇回収をし終えると、宮野社長は「事実を隠蔽する」と言い出しました。
社長も責任を負いたくないのです。

落胆した八角は有休を取りました。原島と優衣は八角のあとを追います。
八角は田舎の田んぼの一角にある墓に、墓参りをしていました。

…八角は20年前、強引なセールスをしていました。
強引に買わせた顧客・星野が生活に苦しくなり、自殺を図りました。
自分のせいで星野という自殺者が出たことを悔やんだ八角は、それ以後、ぐうたら社員になっていました。
同じ時期に八角とライバルだった北川は、順調に出世街道をのぼっていました…。


そもそもねじ六からトーメイテックに変えたことが、坂戸ひとりの判断ではないと考えた八角は、北川がトーメイテックへの変更に一枚噛んでいたと推理します。

このまま事実が闇に葬られるのを防ごうと思った八角は、「御前様」と呼ばれる、親会社ゼノックスの社長・徳山郁夫の前で暴露します。
強度のデータが改竄されていることを告げましたが、それを聞いた徳山は「この件、私が預かる」と言ったきり、徹底的に隠す態度を貫きました。


腐った会社の姿勢に落胆した八角は、内部告発をします。
こっそりと情報をマスコミに漏らすと、案の定、大騒動になりました。
ゼノックスの隠蔽がニュースで大々的に取り上げられ、不正が連日、報道されます…。


(エンドロール)
八角の本音。
この世から不正はなくならない。
昔から侍の生きざまとして、人より藩、人より会社という忠誠心の姿勢が、日本人にしみついてしまっている。
そう皮肉っぽく、ぼやく八角。

宮野社長、梨田常務取締役は失脚。
北川は故郷へ帰り、食べる薔薇の開発をするらしい。
小さい会社である東京建電は、残務整理を残してほぼ解体。
残務整理をするのは、原島と八角。
優衣のドーナツ無人販売は健在。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

すごく豪華なキャスト。そうそうたるメンバーが顔を並べている。
内容もそれに負けず劣らず、非常によくできていた。
だれがメインか…だれの目線で見ればよいのか、それによって物語を見る目も変わってくるだろう。
スタンダードにいけば原島(優衣)目線、それにしても、八角という社員の、ひとすじなわではいかない感じを、野村萬斎さんが好演している。
会社員って大変と思わせられる。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「七つの会議」の商品はこちら