映画:世界でいちばん長い写真

「世界でいちばん長い写真」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

世界でいちばん長い写真の紹介:誉田哲也の同名小説を、草野翔吾監督・脚本で映画化し2018年に公開された作品です。高校を舞台に写真部に所属する主人公が360度撮影することが可能な珍しいカメラと出会ったことで成長していくストーリーとなっています。原作は世界一長い写真を撮影したという実話をもとに制作されており、作中でも主人公の高校生たちが145mに及ぶ横長の写真を撮影する様子が収められています。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

世界でいちばん長い写真の主な出演者

内藤宏伸(高杉真宙)、三好奈々恵(松本穂香)、竹中温子(武田梨奈)、小出智也(水野勝)、宮本賢一(吉沢悠)、竹中芳郎(小松政夫)、舘沼敦(前原滉)、安藤エリカ(黒崎レイナ)

世界でいちばん長い写真のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 世界でいちばん長い写真のあらすじ1

世界でいちばん長い写真のシーン1 内藤宏伸は従姉である竹中温子の結婚式に参加するために式場を訪れていました。
ウェディングドレス姿の温子に会った宏伸は、自身が新郎とのキューピットになったという話しを聞かされ、4年前の高校時代を思い出していました。
高校3年生の宏伸は写真部に副部長として在籍していましたが、部活にはあまり顔を出さず、引っ込み思案で部長の三好奈々恵に怒られてばかりいました。
文化祭で使用する教室を決める際にも手を挙げることができずに責められ、提出する写真を撮影するために何となく友人らと海岸に来ていた宏伸は、地元に戻って来ていた従姉の温子に声をかけられます。
旅に出た祖父に代わってリサイクルショップを任されることになった温子は宏伸や友人の舘沼らを送っていくと、そのまま荷物の運搬役として使います。
美人な温子を見て色めき立つ舘沼をしり目に、温子は手伝ってもらったお礼として宏伸に昔からお店に置いてあった古いカメラを渡します。
それはかなり大きなサイズのカメラで、宏伸は興味を抱いたものの使い方が分からずにいるのでした。
写真部では顧問による品評会が行われ、大きな鏡で自身の顔を隠しながら撮影した三好の写真が最優秀に選ばれていました。
三好に発破をかけられた宏伸は再度温子の店を訪れ、カメラについて地元の写真屋さんで見てもらうことにします。
写真屋の店主・宮本は旧式のカメラを大変珍しがり、そのカメラが通常のカメラとは違うパノラマカメラであることを説明します。
360度の風景を撮影することができるフルマニュアルのカメラの使い方を聞いた宏伸は、撮影を行なうために温子とともに町が一望できる丘の上を目指します。
そこに舘沼も加わりカメラを運んだ宏伸は、三脚に固定したカメラを回転させながら、その風景を撮影するのでした。
出来上がった写真は横に長いものとなっており、360度の風景がおさめられていました。
しかしそこには撮影中に逃げながら写りこんでしまった宏伸たちの姿もあり、歪んで引き伸ばされたように写ってしまっているのでした。
宮本は初めて撮影した写真としては上出来だと宏伸を褒め、面白いカメラだと絶賛します。

【承】- 世界でいちばん長い写真のあらすじ2

世界でいちばん長い写真のシーン2 それから宏伸は360度で撮影できる場所はないかと探し始めますが、候補になりそうな場所でもどこかに必ず不要なものが見つかってしまい、なかなか撮影できる場所を決めることができずにいました。
宏伸の話しを聞いた宮本は、少し離れた場所におすすめスポットを教えてもらい、撮影を行なうことにします。
そこは温子の高校時代の先輩・智也がやっているひまわり畑で、再会してすぐ智也と親しげに話している温子を見て、当初から想いを寄せていた舘沼はライバル心をむき出しにしながら撮影の準備に取り掛かります。
宏伸はひまわり畑の真ん中に三脚を立て、写りこまないように全員がしゃがみながらカメラを回転させて360度の写真を撮影し、それを異なる時間帯で何度か繰り返しました。
出来上がった写真には鮮やかなひまわり畑の様子が長い写真の中におさめられており、写真を見た温子たちは感嘆の声をあげます。
宮本は最後に撮影された写真を取り出し、夕日とともに写されたひまわり畑の写真を見て、感動的な写真だと話すのでした。
温子からより鮮やかにプリントされたひまわり畑の写真を受け取った宏伸は、今日が写真部の品評会であることを思い出し、あわてて準備をして学校へ行きます。
急いで部室に向かった宏伸でしたが、すでに品評会は終了しており、写真を出す機会は失われてしまいました。
三好から部費の清算を命じられた宏伸のもとに、宏伸が密かに想いを寄せる安藤エリカがやって来て、ひまわり畑の写真を見つけます。
2人が部室で楽しそうに話しをしている様子を三好は外で聞いており、そんな様子を見て宏伸のために買ってきたジュースを一気飲みするのでした。
パノラマカメラの話しを聞いた三好は、360度撮影を卒業記念イベントに使えないかと考え、エリカとともに温子の店を訪れます。
そこへインドから帰って来たという温子の祖父・芳郎が現れ、温子たちは連絡もなく突然旅に出た芳郎を責め立てるのでした。
悪びれた様子もない芳郎は宏伸のカメラを見て、それが知り合いから預かった大切なカメラであることを話し、世界一長い写真を撮影できるパノラマ4号機が存在することを三好たちに話すのでした。

【転】- 世界でいちばん長い写真のあらすじ3

世界でいちばん長い写真のシーン3 芳郎は知り合いに話してカメラを貸してもらう約束をとりつけ、三好たちは卒業記念での出し物が決まったと喜びます。
他人事のように喜んでいた宏伸でしたが、自身がカメラマンであることを伝えられると困惑して、絶対無理だと話します。
三好たちの間で卒業記念の話しは進められていきますが、やはり三好は宏伸が参加していないことが気になっていました。
宏伸もカメラマンを断ってしまったことで以前のような浮かない顔に戻っており、そんな宏伸を見た温子は彼をひまわり畑に連れて行きます。
夕暮れのひまわり畑では、どのひまわりももうしおれ始めており、がむしゃらに太陽を追いかけることのできる時期が短いひまわりを見て、人間と同じだと話します。
大切な時期にしおれていたらもったいないと話す温子の手には、今の話しの文言がマジックで書かれているのでした。
三好は生徒たちに卒業記念のパノラマ撮影について提案しますが、1度の撮影でカメラが13周し、その都度ポーズなどを変えて撮影することを伝えると、負担の大きさから不満の声が上がります。
話し合いは紛糾してしまい、戸惑っている三好たちを見ていた宏伸は意を決したように手を挙げ、パノラマカメラで撮影した実際の写真を取り出して生徒たちに説明します。
横に長い珍しい写真を見た生徒たちは盛り上がり、舘沼らは当日の撮影も宏伸がつとめることを生徒たちに伝えるのでした。
三好は宏伸の参加が決まったことで企画の責任者を宏伸に任せることを決め、世界一長い写真を撮影するめの実行委員会を発足して宏伸は実行委員長を任されます。
パノラマカメラを使用したリハーサルを計画し、各部活動ごとの撮影位置の割り振りや当日の撮影会の呼びかけなど、実行委員会のメンバーは撮影に向けて奔走します。
実行委員会だけで撮影した写真を現像してもらい宮本の店で実際に見てみると、ポーズや時間、表情などの課題も見つかり、宏伸たちはいろんなことを話し合いながら楽しそうに過ごしていました。
そんな宏伸たちの様子を宮本や温子も楽しげな顔で見守っているのでした。

【結】- 世界でいちばん長い写真のあらすじ4

世界でいちばん長い写真のシーン2 文化祭が終わり、写真部の片付けに向かった宏伸は写真が展示されていた教室でひとりたたずむ三好を見かけます。
三好は自分が撮った写真を見ながら、親を説得できなかったことで美大への進学をあきらめたことを宏伸に語り、それが最後の写真だと話します。
宏伸はリハーサルで撮影した写真を広げて三好に見せ、みんなが失敗している様子や撮影時のエピソードを話して聞かせます。
パノラマカメラで撮影した写真には時間の流れが見えていることを話し、良い時もあれば悪い時もあると三好を励まします。
そしていよいよ撮影本番を迎え、生徒たちはそれぞれの部活動などの格好で校庭に集まります。
撮影には温子も来ており、彼女を見つけた舘沼は喜んだ様子で声をかけますが、側にいる智也の姿を見つけた瞬間に顔を曇らせるのでした。
実行委員会のメンバーは距離を計測して正確な場所に生徒たちを誘導し、整列させたあと宏伸の声かけによって撮影が始まります。
宏伸は生徒たちに撮影中はずっと声を出していて欲しいと伝え、世界一長い写真の撮影が始まります。
皆が大きな声を出したまま思い思いのポーズを取り、カメラは回転を始めますが、撮影の直前にカメラマンである宏伸は写ることができないことを知った三好は、自分の番の撮影が終わると校舎へ駆け出していくのでした。
その後もカメラでの撮影は続き、次々と生徒たちがカメラにおさまっていきます。
13回もポーズを変えることに汲々としている温子や智也でしたが、生徒たちは楽しそうに撮影を続けており、そんな様子を見た温子は「やらないだけで本当はなんでも出来るんだ」とつぶやくのでした。
温子はなんでも出来てしまってやりたいことが絞れないことを智也に指摘されてしまいますが、そんなときは誰を喜ばせたいか考えてみると良いのではないか、と宮本にアドバイスを受けます。
撮影中にしばらく考え込んだ温子は「宮本の顔が浮かんだ」と話し、その場で宮本にプロポーズするのでした。
唖然として戸惑う宮本でしたが「返事は13周目までで良い」と言いながら差し出した温子の手を、笑顔で握り返すのでした。
撮影がラスト1周を迎えたところで三好は自身が撮影の際に使った鏡を持って校庭に戻り、自分の前にカメラが来ると、鏡を差し出して撮影している宏伸を映すのでした。
撮影は大成功で終わり、出来上がった145mにもおよぶ世界一長い写真は校舎の外に展示されて生徒たちが列をなして眺めていました。
4年後の温子と宮本の結婚式にはカメラマンをつとめる三好の姿があり、さらにサプライズの演出として宏伸がパノラマカメラを使い、参加者全員で写真を撮影するのでした。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

世界でいちばん長い写真を撮影するというテーマをもとに、主人公の成長や青春時代の儚さをとても良く描けている作品だと思いました。
生徒全員で撮影した写真を最後のエンドロールで流すという演出も良かったと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「世界でいちばん長い写真」の商品はこちら