「人生は小説よりも奇なり」のネタバレあらすじと結末の感想

人生は小説よりも奇なりの紹介:2014年製作のアメリカの人間ドラマ。39年間連れ添ったベンとジョージの同性カップルは晴れて入籍を果たすが、社会の偏見の目がその後の彼らの幸せな生活を脅かしていく。主人公のカップルを演じたのは、実力派俳優のジョン・リスゴーとアルフレッド・モリーナ。

予告動画

人生は小説よりも奇なりの主な出演者

ベン・ハル(ジョン・リスゴー)、ジョージ・ガレア(アルフレッド・モリーナ)、ケイト・ハル(マリサ・トメイ)、エリオット・ハル(ダーレン・バロウズ)、ジョーイ・ハル(チャーリー・ターハン)

人生は小説よりも奇なりのネタバレあらすじ

【起】- 人生は小説よりも奇なりのあらすじ1

舞台はニューヨーク・マンハッタン。主人公は画家のベンと音楽教師のジョージの同性カップルで、39年の交際期間を経て、二人がついに入籍を果たす朝から物語は始まります。二人は近親者を呼んでささやかな結婚パーティーを開き、大いに祝福を受けました。

ところが、それから間もなくジョージは教会の音楽教師の仕事を失うことに。同性婚を禁じている教会が世間体を考慮した結果、ジョージの解雇を決めたのです。二人はマンハッタンの一等地にある家を手放さざるをえなくなり、さらに年金や保険など様々な問題が二人を襲います。新しい家が見つかるまで、ベンは甥のエリオット夫婦の元に、ジョージは友人のゲイカップルの家に居候することとなり、新婚早々二人は別居することとなってしまいます。

仕事の都合上、ニューヨークの中心部に新居を構えたいと望む二人でしたが、なかなか家は見つからず、手放した家も予想より遥かに低い価格で売ることになってしまいました。それ以上に二人を苦しめたのは、居候先での窮屈な環境でした。

【承】- 人生は小説よりも奇なりのあらすじ2

甥夫婦の元に身を寄せたベンはマイペースに時間を過ごしていました。しかし、同じ部屋で寝泊まりをするジョーイは思春期真っ最中で、プライバシーを侵害されることに腹を立て、次第にベンに八つ当たりするようになっていきます。あるとき、ベンがジョーイの友人のヴラッドをモデルに屋上で絵を描いていると、そこに怒ったジョーイが現れました。友人との時間を奪われたことに腹を立てたジョーイは、ベンにゲイ野郎と心無い言葉を浴びせてしまうのでした。また、ベンの甥のエリオットは仕事で常に家を空けており、日中は妻のケイトがベンの相手を務めていましたが、そのことが原因でケイトは小説家としての仕事を滞らせてしまっていました。

一方、ジョージの居候先では毎夜のごとくパーティーが行われ、ジョージは生活リズムを狂わせていきます。ある夜、我慢に耐えかねたジョージは大雨の中、ベンがいる甥夫婦の家を訪ねます。ベンがドアを開けると、そこには涙を流したジョージがいました。ジョージは一夜限りエリオットの家に泊まることとなり、ベンとジョージは久々に寄り添いながら眠りにつきました。しかし、その結果ジョーイが居間のソファで眠ることを強いられてしまいます。ジョーイはますますベンへの苛立ちを募らせていくのでした。

【転】- 人生は小説よりも奇なりのあらすじ3

その後もベンとジョージの別居は続きます。そんな中、ジョージは生徒の保護者に音楽教師の職を辞することを手紙で報告します。ジョージは手紙の中で聖書の一節「不義を喜ばす、真実を喜ぶ」を引用し、子供たちが将来自分のように真の姿を隠さなければならないような事態は避けられるべきと記すのでした。

一方、ベンはエリオットとケイトがジョーイの交流関係を心配していることを知ります。ジョーイは長い間友達を作らずにいましたが、やっとできた友達のヴラッドとの関係があまりにも親密で奇妙だというのです。ベンはエリオットたちに心配は不要だとアドバイスする一方で、その夜ジョーイに恋愛経験について話題を振ってみました。かつて気になる女の子はいたが、結局話しかけられずに終わったとベンに答えるジョーイ。次は絶対に声をかけろとベンはジョーイに励ましの言葉を贈るのでした。

それから間も無く、ベンは片腕を負傷する大怪我を負ってしまいます。屋上で絵を描いた後、階段を降りていたときに転落してしまったのです。病院ですぐ治療を受けるベン。ジョージが病院に駆けつけると、主治医から今回の怪我以上に心配なのは心臓の状態だと告げられます。本人に自覚症状はありませんでしたが、高齢のベンの心臓は予想以上に弱っていたのです。

その後、ベンは再びエリオットたち夫婦の家に戻りますが、今度はジョーイに万引き事件の疑いがかけられ、その日の夕食は緊迫した空気感に包まれていました。ジョーイは万引きを否定しますが、両親はヴラッドとともに悪さをしたと考えていました。両親の追及に耐えかねたジョーイは自室に引きこもり、エリオットとケイトはベンの前で夫婦喧嘩を始めてしまいます。エリオットはケイトの監督責任を責めますが、ケイトは涙ながらに心情を吐露し始めました。日中のベンの相手を任され、小説を書く時間もなく疲れ切っていると主張するケイト。この光景を見て、この家に居続けることはもはや限界に近づいていることをベンは悟るのでした。

【結】- 人生は小説よりも奇なりのあらすじ4

それから間も無く、ベンとジョージの新居が決まりました。それはジョージが居候先のパーティーで知り合ったゲイの友人が住んでいた物件で、その住まいは二人の希望に合致したものだったのです。居候生活の終わりが見え、二人は久しぶりにゆっくりデートを楽しんでいました。クラシックコンサートを聴き、バーで冗談を言いながら酒を飲み、お互いの愛を再確認する二人。しかし、その帰り道にベンは弱音をジョージに吐きます。腕を負傷したことで長年の夢だった個展開催が難しくなったことをベンは不安に感じていたのです。そんなベンに優しいキスをし、励ましの言葉を贈るジョージ。そして、地下鉄の入り口までジョージを見送るのでした。

後日、温かな日差しが差し込む中ジョージが新居に戻ると、ジョーイが入り口で待ち構えていました。新居に招き入れると、ジョーイはジョージに謝罪の言葉を口にしました。それは、ベンの葬儀に出なかったことへの謝罪でした。ベンはすでにこの世におらず、新居にはジョージだけが住んでいたのです。そして、ジョーイはベンの未完の遺作である絵をジョージに渡しました。それは、ヴラッドをモデルにベンが屋上で描いていた油絵でした。ベンが転落したとき、この絵だけは無事だったというエピソードを聞き、絵を愛していたベンらしい行動だとジョージは微笑むのでした。

絵の引き渡しを終え、ジョージの家を後にしたジョーイは、出口に向かう階段を下る途中で突然泣き出しました。しばらくその場で泣いた後、ジョーイは涙をふいて外に出て行きました。その頃、ジョージはベンの遺作をじっくり眺めていました。そこには、屋上に佇むヴラッドの姿と、その背後に広がるニューヨークのビルと美しい空が広がっていました。その後、ジョーイはガールフレンドと合流し、沈みゆく太陽に向かってスケボーを走らせ始めました。温かな太陽の光が、若い二人を優しく照らしていました。

みんなの感想

ライターの感想

二人の静かで穏やかな愛を象徴するかのように、劇中クラシックのピアノ曲が印象的に使われ、マンハッタンの心地よい日差しが映像を照らしています。主人公の二人、甥夫婦、夫婦の息子とその恋人と、様々な形の愛が描かれ、原題「Love Is Strange」の通り、愛という不思議なものの様々なあり方が映し出されていきます。94分という短い上映時間ですが、とても満足度の高い作品です。

映画の感想を投稿する

映画「人生は小説よりも奇なり」の商品はこちら