映画:人間失格(2010年)

「人間失格(2010年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

人間失格(2010年)の紹介:2010年公開の日本映画。2009年に生誕100年を迎えた文豪・太宰治の代表作で、自叙伝とも言われる同名作を、生田斗真・主演で荒戸源次郎・監督が映画化。酒に溺れ、破滅していく主人公と、そんな彼に惹かれる女たちとの物語を描く。

あらすじ動画

人間失格(2010年)の主な出演者

大庭葉蔵(生田斗真)、大庭葉蔵〔少年時代〕(岡山智樹)、堀木正雄(伊勢谷友介)、常子(寺島しのぶ)、良子〔よしこ〕(石原さとみ)、武田静子(小池栄子)、礼子(坂井真紀)、寿(室井滋)、平目〔渋田〕(石橋蓮司)、井伏鱒二(緒形幹太)、中原中也(森田剛)、堀木の父(麿赤兒)、堀木の母(絵沢萠子)、律子(大楠道代)、鉄(三田佳子)

人間失格(2010年)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①大庭葉蔵は資産家の次男として生まれ、何不自由のない環境で育った結果、何をしても満足できない人間となる。高校卒業後に上京した葉蔵は、堀木という男と知り合い、徐々に自堕落な生活を送るようになる。 ②複数の女性を渡り歩いた葉蔵は、自殺を繰り返し、やがてモルヒネに耽溺する。故郷の津軽で療養生活を余儀なくされた葉蔵だが、再び東京に舞い戻る。

【起】– 人間失格(2010年)のあらすじ1

人間失格(2010年)のシーン1

画像引用元:YouTube / 人間失格(2010年)トレーラー映像

シューベルトの『アヴェ・マリア』のレコードが流れる中、男・大庭葉蔵はかつての自分のアルバムをバーのカウンターで見ながら、うたたねをしていました。それを、バーのマダム・律子が見守ります。

…大正時代の中期。

葉蔵は、青森県津軽の資産家の息子として生まれました。家は「一乃家」と言い、洋風の豪邸の屋敷には、たくさんの使用人が雇われています。

故郷からはいつも津軽で有名な山・岩木山が見えます。葉蔵は何不自由のない生活を送っていました。

…昭和の初め。

十歳の誕生日を迎えた葉蔵は、女の子たちと集合写真を撮りました。思えば葉蔵は幼少期から女性に囲まれる生活を送っていたのです。

写真の葉蔵は両手を握り、作り笑いをしていました。

使用人の平目(本名は渋田)から「今日は特別に馬車に乗ってもよいそうです」と言われます。

自室の机に唇の形を彫った葉蔵は、赤い水性絵具を垂らしました。

津軽の里神楽で地獄絵を見た葉蔵は、げ術に強い興味を抱きます。ただそれ以外には欲がありませんでした。裕福な家庭で恵まれて育ったので、欲がないのです。

「生まれで(津軽弁)、すみません」あとで思えば、葉蔵はそう思うばかりです。

…数年後。

中学生になった葉蔵は、世渡りを覚えていました。作り笑いをして道化を演じていれば、人生をうまく渡り歩けると思ったのです。

体育の時間、跳び箱を飛べない振りをして笑いを取った葉蔵ですが、同級生の竹一にだけは露見しました。

竹一は「ワザ、ワザ、ワザとやってんべ」と葉蔵の耳元で囁き、竹一に看破された葉蔵は不安と恐怖でおののきます。

ごまかすために竹一に近づいた葉蔵は、家に招きました。ゴッホやゴーギャンの自画像を見て「お化けだ」という竹一の発想が興味深く、葉蔵は自分が描いた自画像を見せて「オラのお化げ」と言います。

竹一は感心して、葉蔵は立派な絵描きになると言いました。

その頃、従姉のアネサが部屋に入ってくると倒れ込み「葉ちゃん、あたしを助けてくれるんだね。こんな家、一緒に出でしまっだ方がええんだよ。助けで」と言って泣きますが、葉蔵がりんごを剥いてやると、アネサは「面白い本を貸してくれ」と言いました。

昭和十三年頃。

高等学校を卒業した葉蔵は上京し、仕事をするわけでもなく、絵を描いて過ごしていました。

東京都台東区にある不忍池を見ながら水彩画を描いていた葉蔵の筆を取り上げて、素早く筆で描き足すと「5円(現在の1~2万円)貸してくれないか」と声をかけた者があります。彼は堀木正雄と言い、画塾で初めて会った時から葉蔵を誘おうと思っていたそうです。

堀木と葉蔵はバーに呑みに行きました。そこでバーのマダム・律子や、井伏鱒二、小林秀雄、壇一雄らに会います。

中に「戦争は茶色、クソと同じだ」と言う中原中也がいました。中也は葉蔵に好きな花を聞き、葉蔵が「桃」と答えると絡みます。葉蔵は中也に悪印象を持ちつつも、一方で強烈に惹かれるものを感じました。

堀木に連れられて、葉蔵はカフェ(現在のキャバレー)に呑みに行きました。当時のカフェには女給(ホステス)がいます。

芸者遊びも堀木に教わります。勘定は葉蔵持ちでした。

葉蔵は堀木に「どんな男だって、どうしようもなく女に好かれる時期が、一度はあるそうだ」と言い、堀木に茶化されます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「人間失格(2010年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×