映画:今日も嫌がらせ弁当

「今日も嫌がらせ弁当」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

今日も嫌がらせ弁当の紹介:2019年6月28日公開の日本映画。嫌がる娘への毎日のキャラ弁作りをブログにつづり、エッセイ化されるやシリーズ累計20万部を突破した親子の物語を、篠原涼子主演で映画化。東京の八丈島を舞台に、反抗期の娘へのキャラ弁作りに勤しむシングルマザーと、完食することで抵抗を続ける娘との高校生活3年間の物語が描かれる。反抗期の娘を芳根京子が演じる。

あらすじ動画

今日も嫌がらせ弁当の主な出演者

持丸かおり(篠原涼子)、持丸双葉(芳根京子)、持丸若葉(松井玲奈)、山下達雄(佐藤寛太)、持丸島次郎(岡田義徳)、浩実(村上知子)、栄子(山谷花純)、美鈴(碓井玲菜)、椎名(牧野真鈴)、岡野信介(佐藤隆太)

今日も嫌がらせ弁当のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①女手ひとつで娘2人を育てるかおりだが、次女の双葉は反抗期。口をきかない娘に対抗し、かおりは嫌がらせでかわいらしいキャラ弁を作ることに。 ②高校3年間キャラ弁を作るうちにブログも有名になり、母と娘も和解した。

【起】– 今日も嫌がらせ弁当のあらすじ1

今日も嫌がらせ弁当のシーン1

画像引用元:YouTube / 今日も嫌がらせ弁当トレーラー映像

〝八丈島…。

私たち親子の住むこの島は、東京です。

正式名称、東京都八丈町。人口約7500人。

東京から南に287km、飛行機で55分、船なら10時間。

2つの火山が合体してできたひょうたん型をしたこの島は、縦14km、横7.5km。

山手線の内側と同じくらいです。

東京なんですが、東京とちっと違います。

電車? ありません。コンビニ? ありません。大学? ありません。

でも、すてきなものたくさんあります。

青い海、自然がいっぱい、やさしい人たち。

この島の人たちは、みんなあいさつが大好き。

そしてギョサン…漁業用サンダル、すべりづらくて履きやすい。

八丈島では豊富な品揃えです…〟

(このシーン、あとで出てくる)

持丸かおりは、夫・島次郎と2人の娘、若葉と双葉と八丈島で暮らしていました。

家族4人の暮らしは、ある日突然、あっけなく終了します。

次女・双葉が幼いころに、島次郎は事故で亡くなりました。

〔12年後〕

夫が亡くなって、12年の月日が経過しました。

かおりは女手ひとつで、2人の娘を育てています。

かおりは、昼は『やました』という雑貨屋で、夜は居酒屋で働いており、激務でした。

長女の若葉は高校を出て一人暮らしをしており、かおりは現在、次女の双葉とふたりで暮らしています。

15歳の双葉はただいま、反抗期の真っただ中でした。

かおりが朝起こしても、なにもしゃべりません。

愛想がなくあいさつ、お礼も言わない双葉に、かおりはむっとしています。

娘に響く方法がなにかないかと考えるかおりは、あるとき、いいことを思いつきました。

双葉は今度、高校生になります。

双葉が同級生の女の子たちと一緒にいるときに、「キャラものはもう卒業かなー」と発言しているのを聞いて、かおりは双葉に嫌がらせをしようと思ったのでした。

〔高校入学式の日〕

朝、家でかおりは双葉に、宣戦布告します。

「あなたがそんな嫌な態度なら、態度を改めるまで、私もあなたが嫌がることをします」

双葉は母のことばを、そのときには理解できませんでした。

母の発言の意味を知るのは、昼食時です。

同級生とともに、お弁当の蓋を開いた双葉は、あぜんとしました。

そこには超プリティな赤ずきんワールドの、キャラ弁があったのです…。

(ここで冒頭の、八丈島の説明)

高校卒業まで、母と娘のバトルを繰り広げるのですということを声明し、映画のタイトルを『実録! 仁義なき今日も嫌がらせ弁当』と記しますが、タイトルが長くてくどいという理由で、スワイプで小さく短く訂正します。

帰宅した双葉は早速、母親のかおりにお弁当について文句をつけました。

ところがかおりは「しゃべった!」と喜ぶので、双葉はそれ以上言う気になりません。

(それまでは無視して、会話しなかった)

翌日、新聞の折り込みチラシを見たかおりは、スギちゃんのキャラ弁を作ってみました。

しかし毎日となると、キャラ弁のネタを考えるだけでも苦労します。

面倒くさいと思いつつ、一度始めたことなので、かおりも意地でも続けようと考えました。

なぜこんなことに悩まなくてはならないのかと、腹を立てたかおりは、その日、貞子(映画『リング』の主人公の幽霊)のキャラ弁を作ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「今日も嫌がらせ弁当」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×