映画:任侠学園

「任侠学園」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

【転】– 任侠学園のあらすじ3

任侠学園のシーン3

画像引用元:YouTube / 任侠学園トレーラー映像

男子生徒5人のうち、4人は日村と志村の様子を見て、改心します。

話し合いで「落とし前」を掃除に決め、翌日、学校の入り口を掃除しました。

以後も、4人の男子生徒は志村になつき、雑用を手伝います。

しかし1人だけ、江守太一は反感を持ったままでした。

江守、江守の母が小日向泰造を伴い、学校に直談判へやってきます。

小日向は、保護者会の代表という触れ込みでした。

小日向は校長室で、日村たちが堅気の者ではないことを指摘します。

日村もそれを認め、背中の刺青を見せました。

江守は、日村に脅されたと言いますが、日村が「江守たちがガラスを割る映像」を見せると、江守の母が訴えを引き下げます。

阿岐本は、小日向が刺青を見ても顔色を変えなかったことに気づきました。

小日向も何かあると考えた阿岐本は、ひそかに調べさせます。

商店街の写真コンテストに応募することに、黒谷は消極的でした。

江守とその彼女・小日向美咲(保護者会の代表の娘であり、生徒会のメンバーであり、ちひろと喧嘩していた少女)は、嫌がらせのために黒谷の写真を学校に張り出します。

張り出されたのを見た黒谷は、コンテストに出すと決めました。

(乗り気ではなかったのだが、張り出されたのを見て吹っ切った)

黒谷の写真を見た日村は、ちひろがダンスを趣味にしていると知ります。

ダンスのコンテストに参加しろと日村が言い、ちひろも応募することにしました。

綾小路校長が将棋の有段者だと知った日村は、校長に将棋部を作らないかと持ち掛けます。

校長はまんざらでもない顔をしますが、部活ができないと断りました。

その様子を見た日村は、小日向が裏で糸を引いていると気づきます。

商店街の写真コンテストに、黒谷は入賞しませんでした。

黒谷は落胆しますが、生徒会の男子生徒たちも自分のことのようにがっかりします。

ちひろたちは、日村といっしょに行動することで、次第に学園生活を楽しく思い始めました。

ちひろに賛同する仲間も増え、同志が増えていきます。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「任侠学園」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×