映画:信虎

「信虎」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

信虎の紹介:2021年11月12日公開の日本映画。戦国武将、武田信玄の父である信虎を描く戦国時代劇。メガホンをとるのは平成「ガメラ」シリーズ、『デスノート』の金子修介。主演は『天空の城ラピュタ』でムスカ大佐の声優を務めた寺田農。またヒロイン役を谷村美月が演じるほか、榎木孝明、永島敏行、渡辺裕之が出演する。『影武者』など黒澤明作品に携わった池辺晋一郎が音楽を担当するほか、同作で織田信長を演じた隆大介の遺作となった。

信虎の主な出演者

武田信虎(無人斎道有):寺田農、お直:谷村美月、土屋伝助:隆大介、清水式部丞:伊藤洋三郎、武田雅楽助:田中伸一、望月六郎:山本将起、黒川新助:矢野聖人、矢作勘太夫:森本のぶ、白畑助之丞:小堀正博、孕石源右衛門尉:剛たつひと、立神藻右衛門:倉田操、小助:青山金太郎、お花(侍女):花澄、武田信直(若き信虎):石垣佑磨、武田信玄:永島敏行、武田勝頼:荒井敦史、武田信勝:大八木凱斗、北の方(勝頼継室):西川可奈子、大方(勝頼外祖母):奥山眞佐子、武田逍遥軒:永島敏行(二役)、一条信龍:杉浦太陽、武田麟岳:若林元太、お西:まつむら眞弓、お弌:左伴彩佳、武田信豊:鷲尾直彦、穴山信君(梅雪斎):橋本一郎、木曽義昌:實貴政夫、跡部勝資:安藤一夫、長坂釣閑斎:堀内正美、山県昌景:葛山信吾、内藤昌秀:井田國彦、馬場信春:永倉大輔、春日弾正忠(虎綱):川野太郎、安部宗貞:高谷恭平、土屋昌恒:木村圭吾、小宮山内膳:塩崎こうせい、小笠原憩庵:唐木ふとし、横手(柳澤)源七郎:井藤瞬、日向玄東斎:清郷流号、安左衛門尉:嘉門タツオ、無市郎(跡部透破):平宅亮、信濃(高遠城代)、武田平太郎(信澄):高月雪乃介、小井弖藤丸:武田勝斗、辰阿弥:中島ボイル、禰津松鷂軒:岸端正浩、禰津神八:上田実規朗、日伝上人:螢雪次朗、日叙上人:平岡秀幸、日賢上人:水島涼太、春国光新:高橋賢一、織田信長:渡辺裕之、村井春長軒(貞勝):村上秀晃、遠山友信:北岡龍貴、古田左介(織部):保坂直希、伊藤伊右衛門(滝川家臣):恒松勇輝、上杉謙信:榎木孝明、上杉景虎:長森陽春、長尾顕景(上杉景勝):長尾卓磨、小笠原正麟(長時):出射均、阿部正喬:大久保ともゆき、柳澤保明(吉保):柏原収史、横手伊織:鳥越壮真

信虎のネタバレあらすじ

【起】– 信虎のあらすじ1

信虎のシーン1

画像引用元:YouTube / 信虎トレーラー映像

〔元禄十四年(一七〇一)九月〕

柳澤保明は、甲斐武田家の一族の出であり、五代将軍・徳川綱吉の側用人です。綱吉の寵愛を受けて、のちには大老格として幕政を主導した人物でした。さらにのちには甲府藩主となり、松平吉保と名乗ることになる人物です。

保明は前の年に武田信玄の次男・龍芳の子孫とされる武田信興を綱吉に引き合わせ、高家武田家の創設に尽力しようとしていました。

元禄十四年は、武田信虎がこの世を去ってから、百数十年の月日が経過しています。この日、まだ幼い保明の四男坊・横手伊織が保明に、武田信虎なる人物について質問をします。伊織の祖父・信俊と信虎が交流があったと聞いたからでした。

保明は伊織と向かい合い、信虎の晩年の活躍について厳かに話し始めます。幼い伊織は父・保明と向き合い、正座して父の話を神妙に聞き入ります…。

(以後、映画は柳澤保明が息子の伊織に語って聞かせる形式で進んでいきます。ときどき柳澤保明と、幼い伊織が対話する姿が映し出されます)

〔元亀四年(一五七三)四月上旬〕

武田信虎は、武田信玄の父です。かつて甲斐国の大名でありましたが、晩年の信虎は息子の武田信玄に追放されて甲斐を離れました。駿河国に追放された信虎は、今川義元のもとで寓居した後に京都へ上洛し、出家して無人斎道有と名乗りました。さらに将軍・足利義輝に仕えていました。

元亀四年三月、足利義昭が織田信長に挙兵しました。信虎は義昭の命を受けて、甲賀で兵を募っていました。そんな信虎のところに、信玄が危篤だという知らせが入ります。

かつては息子の信玄と反目していましたが、八十歳になった信虎は信玄と和解していました。このときも信虎は信玄が上洛するのを待っていました。しかし甲斐より帰参した家老・土屋伝助がもたらしたのは、信玄が危篤という知らせでした。信虎は愕然とします。織田信長を倒せるのは信玄くらいだろうと、信虎は思っていたのです。その信玄が危ういとなれば、だれが信長を倒せるのかと、信虎は悩みます。

ところで伝助が持ち帰ったのは、信玄の持つ軍配でした。軍配とは戦(いくさ)の指揮に用いたうちわ形の道具のことで、合戦の指揮官が持っているものです。それを渡すということは重要な意味を持ちました。それを見た信虎は、信玄が自分に武田家の行く末を一任したのだというふうに受け止めます。かくなるうえは甲斐国に帰り、自分が信玄のあとを引き継いで率いるべきだと考えました。上洛して兵を率いるため、まずは京の都へ戻ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「信虎」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×