「僕はイエス様が嫌い」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

映画「僕はイエス様が嫌い」の感想

ライターの感想

繊細で、雪深い田舎のミッション系学園という閉鎖された環境での不思議な体験。これはミステリーなのか、ヒューマンドラマなのか、それともサスペンスなのか、青春映画なのか、ジャンル分けが難しい一作ですね。主演の佐藤結良さんがとても良く、はじめは暗く、和馬くんという友達ができてからは明るく、そして最後の静かな怒りの表情が思わず惹きつけられました。 気まぐれで剽軽な神様だったとはいえ、由来はお祈りをすることによって、友達もお金も流星群も見ることができた。 神様は、必ず全ての願いを叶えられない。普段から自分本位な願いばかりしていると、本当に大切な時には叶えてもらえないという警鐘のようなものだったのかもしれません。
    1 2 3 4 5

    「僕はイエス様が嫌い」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×