映画:億男

「億男」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

億男の紹介:2018年に製作された川村元気の同名小説の映画化作品。借金を抱えた青年が3億円を当てたことをきっかけに、様々な億万長者との出会いを通してお金の正体について気づいていく様子を描いていく。監督と主演は「るろうに剣心」シリーズの映画化でもタッグを組んだ大友啓史監督と佐藤健。主人公の親友で謎多き青年実業家を高橋一生が演じた。

あらすじ動画

億男の主な出演者

一男(佐藤健)、九十九(高橋一生)、十和子(沢尻エリカ)、千住(藤原竜也)、万左子(黒木華)、百瀬(北村一輝)、あきら(池田エライザ)

億男のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 億男のあらすじ1

億男のシーン1 舞台は東京、物語の主人公、大倉一男は失踪した兄が残した借金の返済に追われる日々を送っていました。借金の総額は3千万円、図書館司書の給料だけで返済することは困難で、一男はパン工場での深夜バイトも掛け持ち、コツコツと借金を返済していました。一男には妻の万左子と娘のまどかがいましたが、二人は訳があって家を出てしまっていました。仕事だけの人生に疲れていた一男にとって、たまにまどかと会うことが唯一の楽しみとなっていました。

そんなある日、一男がまどかと一緒に散歩したときのこと、ちょうど商店街で福引き大会が行われていました。一男はまどかが景品の自転車を物欲しげに見ていることに気づきました。すると、一人の老婆が一男たちに福引券を譲ってくれました。まどかのために自転車を当てたいと願う一男でしたが、いざ引いてみると、当たったのは宝くじ10枚でした。一男は娘に欲しいものを与えてやれないことに情けなさを感じますが、後日、一男の状況を一変させる出来事が起こりました。あの宝くじの番号を調べると、3億円が当たっていたのです。

一男は一人で興奮し喜びを爆発させますが、いきなり大金が手に入ることに恐れも感じていました。そこで、一男はある人物に相談を持ちかけることを決めます。その人物とは、大学時代のサークルで出会った親友、九十九でした。九十九はバイカムという名の大ヒットフリマアプリを立ち上げ、今ではその事業を売却して莫大な資産を築いていました。一男は九十九が的確なアドバイスをくれると期待し、彼が暮らす高級マンションを訪れました。

九十九と会うのは約10年ぶりでしたが、九十九は一男の来訪を歓迎してくれました。そして、一男の話を聞くと、九十九はこう言いました。「見て触れて、それから使い道を考えたほうがいい」…九十九に言われるままに、一男は銀行から現金3億円を引き出しますが、その重さと札束の量は予想を超えるものでした。大金をマンションまで運んで息切れする一男を横目に、九十九はカバンから札束を出し始めました。九十九は一万円のサイズや重さについて一男に解説しました。縦は76ミリ、横は160ミリ、重さは一円玉と同じ1グラム…九十九は札束をカバンから出し終えると、その上に座り、お金を理解するために、まずは使ってみようと一男に提案しました。

その夜、九十九のマンションでパーティが開催されました。無機質な九十九の部屋はディスコへと一変し、一男は見知らぬ人々が次から次へと現れる風景に驚かされました。しかし、やがて一男もその雰囲気に飲まれ、九十九に促されるままに万札をばら撒き始めました。人々は一男の万札に飛びつき、一男はその様子を見て大きな笑い声を上げました。

その翌朝、一男が目覚めると、部屋は無人となり、あるのはパーティの残骸だけとなっていました。一男は自分の3億円を探しますが、探せども探せども見つからず、九十九とも連絡が取れません。やがて一男は自分が最悪の状況に陥っていることに気づきました。九十九が3億円を持って姿をくらましてしまったのです。一男が次に取った行動は、昨夜のパーティで出会った港区女子のあきらに連絡することでした。しかし、あきらに会って話をすると、あきらは九十九の知り合いではないといいます。そこで、あきらはバイカムの元CTOの百瀬に連絡を取りました。

【承】- 億男のあらすじ2

億男のシーン2 その後、一男とあきらは百瀬がいる競馬場のVIP席へ向かいますが、コテコテの関西弁でまくし立ててくる百瀬に一男は少しだけ怯んでしまいました。それでもなんとか一男は事情を説明しますが、百瀬はまったく興味を持たず、むしろ時間が無駄にされたと嘆き始めました。すると、百瀬は一男に突然100万円を貸すからレースに賭けろと言い出しました。一男は何度も断りますが、結局百瀬の迫力に負けてレースに賭けることに。一男は呆然とレースの様子を見守りますが、一男の予想は見事当たりました。百瀬に1億円当たったと説明され、一男は言葉を失ってしまいます。その後、百瀬にもう一度賭けるよう言われ、一男は再び先ほどと同じ番号の馬の勝利に1億円賭けました。ところが、結果は大外れ。1億円という大金をあっという間に失ったことに一男がショックを受けていると、百瀬は真実を教えました。百瀬は初めから一男が選んだ馬券など買っておらず、1億円が当たった、負けたという話は嘘だったのです。「あんたの頭の中で行ったり来たりしたもん、あれが金の正体や」…こう語る百瀬に、一男だけでなく、あきらも驚きの表情を浮かべるのでした。

その後、百瀬とSNSで繋がったおかげで、一男はバイカム元CFOの千住に連絡をつけることができました。千住はすぐに一男と会う機会を作ってくれましたが、話を聞くと、千住はもう九十九と連絡を取っていないといいます。千住は一男に2年前のバイカム売却について語り始めました。他の経営陣が売却を進めようとする中、九十九はバイカムの売却に唯一反対し続けたといいます。九十九は他の役員とともに経営陣として残ることを望んでいましたが、売却の条件は旧経営陣の退陣を要求していたからです。最終的に売却を了承したものの、九十九はこの売却をきっかけに百瀬や千住らとの関係を絶ってしまいました。

その後、一男は千住が主催するマネーセミナーを見学することとなりました。そこに現れたのは、カツラやヒゲをつけて変装した千住でした。千住はお金の概念を打ち破れと怪しげなセールス文句を繰り返し、一男を除くセミナーの参加者は皆千住の言葉に感動している様子でした。そして、千住に指示に従い、参加者たちは自分の財布から札を取り出し、破り捨て始めました。一男はこの異様な光景に言葉を失ってしまいました。

セミナーが終わり、千住のスタッフたちが破り捨てられた何枚もの札を回収する中、一男は千住の控え室に行きました。あなたの家族の値段は?と聞いてくる千住に一男は不快感を覚えますが、千住はなおも続けてこう言いました。「皮肉だろ?紙が神さま、ペーパーがゴッドなんだ」…千住は不気味な笑みを浮かていました。

一男は千住の紹介を受け、九十九の補佐を担当していた十和子を訪ねました。十和子はバイカムの売却で大金を得たはずでしたが、意外なことに、住んでいるのは公営住宅でした。バイカム売却後、十和子はお金にまったく興味のない素朴な男性と結婚し、現在の質素な生活に不満げな様子はありませんでした。美しい顔立ちの十和子は過去に多くの裕福な男たちに囲まれていましたが、今ではそんな過去に未練はないというのです。十和子は、目の前にいる一男が九十九がよく話していた大学時代の親友だと気づくと、秘密を打ち明けたいと口にしました。すると、十和子は部屋の壁紙を破り、押入れをあけ放ち、そこにある大量の札束を一男に見せました。「お金ってそういうものなの。あればいいの。あることが重要なのよ」…十和子はそう語り、一男に微笑みました。一男は百瀬、千住、十和子との出会いを通じて、お金の正体について考え始めました。

【転】- 億男のあらすじ3

億男のシーン3 一男は九十九と出会った頃のことを思い出しました。九十九とは大学の落語研究会で意気投合し、やがて「99+1=100点コンビ」と呼ばれるようになりました。九十九は吃音症を持っていましたが、高座に上がるときだけは流れるような調子で話すことができ、たちまち落語研究会の花形に踊り出ました。そんな九十九が得意としていた落語は、古典落語の名作「芝浜」。それは、浪費家の酒好きの魚屋の男が大金がたくさん入った財布を見つけることから始まります。男はすぐに調子に乗って酒を飲んでこの偶然を祝いますが、翌朝になると財布はなくなっていました。妻からは夢を見たのではないかと言われ、男はついに財布を探すのを諦めてしまいます。この出来事をきっかけに、男は真面目に働き出しました。それから三年、男は酒を断ち、商売を成功させ、以前とは比べ物にならないほど豊かな生活を手にしていました。その年の大晦日、妻は突然夫にある告白をしました。それは、あの財布のことでした。妻は大金の入ったあの財布をひそかに役所に届け、さも初めから財布がなかったように夫に振る舞ったといいます。その後、あの財布の持ち主は結局見つからず、妻の元に財布が帰ってきていました。男は妻のついた嘘に深く感謝しました。あの嘘がなければ、男は今の幸せを手にすることができなかったと思い至ったのです。妻は男に久しぶりに酒を勧めてきました。男も一瞬酒の誘惑に負けそうになりますが、結局飲むのをやめました。「よそう、また夢になるといけねえ」…落語は男のこの一言で終わります。

それから時が経ち、一男と九十九の卒業も近づいてきたある日、二人はモロッコに旅行しました。この旅を通じて、一男は九十九のお金に対する考え方を垣間見ました。二人がホテルに向かう途中で迷ったときのことでした。二人はカタコトの日本語を話す現地の男性にホテルまでの道を案内してもらうこととなりました。男性は金はいらないと言っていましたが、いざホテルに着くと少しでもいいから金が欲しいと言い始めました。一男はせめてものお礼にお金を払おうとますが、九十九は頑なに財布を開こうとしません。一男がそんな九十九の強情な様子に驚いているうちに、男は悪態をつきながら姿を消してしまいました。

その翌日、二人は市場に向かいました。九十九は熱心に市場の陶器を見ていましたが、一男は突然の体調不良に襲われ、その場に倒れてしまいました。一男が倒れたことで大量の陶器が割れてしまいましたが、九十九はすぐに店主に30万を超える金を支払い、一男を病院に連れて行きました。数時間後に意識を回復した一男は九十九からその話を聞いて驚き、なぜ店主に言われるままに金を払ったのか尋ねました。すると、九十九は一男をすぐに病院に連れて行くためだったと返答しました。そして、早く体調を治してまた旅を楽しもうと微笑むのでした。

【結】- 億男のあらすじ4

億男のシーン2 旅が終わりにさしかかる中、二人はラクダに乗って砂漠の景色を楽しみました。その帰り道のことでした。九十九は大学を中退して起業すると突然言い出しました。九十九はこの旅を通じて、その時々の状況によっていくらでもモノの価値が変動することに気づいたといいます。自分が決めた値段でモノを売る、後のバイカムに繋がるアイディアを閃いた九十九は「お金の正体が知りたい」と興奮した様子でした。一男が驚いたのは、このときの九十九がいつものような吃音ではなく流暢に言葉を語っていたことでした。一男は親友の決意を受け入れ、旅の最後に九十九の落語を聞くこととなりました。砂漠に正座し、早速落語を始める九十九。一男はそんな九十九を穏やかな眼差しで見つめていました。

物語の舞台は再び現在へ。一男は万左子と二人で話をする機会を持ち、宝くじで当てたお金で借金を返し、やり直したいと伝えました。しかし、かねてより一男との離婚を望んでいた万左子は、「あなたは変わってしまった」と冷たく返答しました。万左子が問題としてたのは、借金それ自体ではなく、借金によって一男が変わってしまったことでした。別居のきっかけとなったのも、一男が借金返済を優先させるために、まどかのバレエ教室を辞めさせたいと口にしたことでした。万左子は一男が今もお金に取り憑かれていると指摘し、一男は何も反論することができませんでした。

その後、まどかのバレエ教室の発表会を万左子と一緒に観た一男は、自分の愚かしさに気づき、涙を流しました。図書館の利用者だった万左子に様々な本を紹介し、次第に親密になっていったこと、やがて二人は結婚し、まどかという子宝に恵まれたこと、そして、三人で笑って過ごした日々のこと…発表会の帰り道、電車に乗りながら一男はこれまでの人生を振り返っていました。

そんな一男の前に、突然九十九が現れました。九十九は3億円が入ったカバンを一男に渡し、隣に座りました。一男は驚くことなく、九十九と会話を始めました。九十九が金を持って姿を消したことは、落語「芝浜」における妻の行動と同じだと一男が語ると、九十九は何も返答しませんでした。九十九は「お金の正体に近づけば近づくほど、大切なものを失ってゆく」と語り、その一方で、一男がこの数日間で九十九が求めていたお金の正体に答えを出したことを讃えました。短い会話を終えると、九十九は電車を降りました。そのとき、九十九は「また夢になるといけねえ」と呟きました。

その後、一男はまどかが欲しがってた自転車を購入し、万左子とまどかが暮らすアパートの前にそっと自転車を置いていきました。まどかは思わぬ贈り物にとても喜んでいました。一方、万左子は自転車とともに一男からの手紙が置かれていることに気づきました。手紙には、あの当選金を使った初めての買い物がこの自転車だと書かれていました。万左子はその手紙を読み、微笑みを浮かべました。

みんなの感想

ライターの感想

型破りな億万長者が次々と登場し、映画の前半はそのテンションの高さに圧倒されました。後半では一転して、モロッコを舞台にしたロードムービーへと様変わりしますが、ここでもお金とは何か?というテーマはぶれず、最後までお金の正体について考えさせられる作品でした。さえない青年も演じることができる佐藤健の演技力にも驚かされました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「億男」の商品はこちら