映画:先生と迷い猫

「先生と迷い猫」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

ヒューマンドラマ

映画「先生と迷い猫」の感想

ライターの感想

…いろんな部分をぼやかし、あいまいにした結果、「見終わっても、なにをしたかったのか判らない映画」ができあがった。 景色は綺麗。猫も可愛い。いっぱい猫が出てくる。 しかし、テーマがないのだ。見終わったあと、どこに焦点が合っていたのか判らず、もやもやっとしてしまう。 猫虐待の問題提起、野良猫を野放しにしていることへの問いかけ、失踪したミイ…ぜーんぶ未消化のまま終わる。 たぶんミイを通じて「校長先生の成長」を描きたかったのだろうが、…にしては、薄い。薄っぺら過ぎる。だいたい、そこから校長先生が変化する必要があったのだろうか。 からめの感想なのは「もう少しいじれば、よくなるだろうに」という期待を込めて。
  • キングコングさんの感想

    ラストが、アカンね!死んだら…ハッキリ死んだと分かるように締めて欲しいよ。もやもやさせ過ぎ!!

  • ベンジーさんの感想

    私は久々に感動しました。野良猫あるあるですね。1回目なんとなく観てて、2回目観て泣けました。猫が、全員にさよならをしながら、歩くシーン。猫って、さよならしに来るのは本当です。私もされたことがあるので、思い出して泣けてきました。

  • かりめろさんの感想

    子供を養護施設に送った後に校長先生が自分の手を見るシーンありましたよね?
    そういえば子供が背負ったランドセルに手をかけるシーンもあったのを思い出してゾッとしちゃいました
    手に血がついていた気がして( *_* )

  • からあげさんの感想

    ラストのつまらなさにがっかりしました
    面白くないと思いながら我慢して最後まで見たのに

1 2 3 4 5

「先生と迷い猫」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×