映画:共犯

「共犯」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

共犯の紹介:2014年に公開された台湾の青春ミステリー映画です。3人の男子生徒が女子高生の死体を偶然発見し、死の真相を探り始めるというストーリーですが、ミステリーの要素もありつつ、少年少女のヒューマンドラマの雰囲気も兼ね備えています。さらにメインキャストの少年少女6人のうち、本格的な演技経験があるのはホアン役のウー・チエンホー氏、チュウ役のウェン・チェンリン氏だけです。他の4人は本作が初めての本格的な演技デビュー作となっています。

あらすじ動画

共犯の主な出演者

ホアン・リーファイ(ウー・チエンホー)、イエ・イーカイ(チェン・カイユアン)、リン・ヨンチュン(トン・ユィカイ)、シャー・ウェイチャオ(ヤオ・アイニン)、チュウ・チュンイー(ウェン・チェンリン)、ホアン・ヨンチェン(サニー・ホン)

共犯のネタバレあらすじ

【起】– 共犯のあらすじ1

共犯のシーン1

画像引用元:YouTube / 共犯トレーラー映像

湖にて男子の死体が発見されました。

男子生徒のホアン・リーファイが不良にカツアゲされています。そのまま学校に行った彼は路地裏にて、女子生徒の死体を見つけました。

そこへ同じ学校に通うリン・ヨンチュンとイエ・イーカイが通りかかり、彼らは警察に通報します。

3人の男子生徒は警察で事情聴取を受けました。彼らは友達でも何でもなく、偶然通りがかっただけの3人です。

リンが不審な人物は誰もおらず、発見した時は息はなかったと証言します。するとホアンが体は温かく、息を引き取る瞬間を見たと口にしました。

学校に行った3人は先生から放課後、カウンセラーと面談するようにと勧められます。死んだ女子生徒の名はシャー・ウェイチャオで、先生は自殺だと考えていました。

カウンセリング中、彼らはシャーの死について話をします。シャーの死は自殺ではないかと囁かれていますが、その死因はまだ調査中でした。

ホアンはシャーが3年生で彼氏はいなかったらしいと話します。イエもシャーに友達はおらず、周りを見下していたという独自に聞いた情報を伝えました。

ホアンたちはそれぞれシャーがどういう人物だったのか調べ始めます。たばこや万引きをしている、告白してきた先輩の頬をぶっ叩いたなど、いろいろな噂がありました。

カウンセリングが終わった後、ホワンの提案で彼らはシャーの葬式に参加することになります。シャーの母親に話しかけられたリンはとっさに学校の後輩だと嘘をつき、ホアンもみんな彼女が大好きで大切な友達だと思っていたと作り話を始めました。

イエに作り話がうまいなと褒められたホアンは、「嘘もみんなが信じれば本当になる」と返します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

ホアンとシャー、全く面識のなかった2人は同じ孤独さを抱えており、それこそが今回の事件を引き起こした要因なのかもしれないと思いました。あと途中で出てきたウォールアートで、進撃の巨人が描かれていたのにはびっくりしました。

映画の感想を投稿する

映画「共犯」の商品はこちら

IMAGE

共犯 [DVD]

DVD > 外国の青春映画
マクザム
ウー・チエンホー(出演),ヤオ・アイニン(出演),チェン・カイユアン(出演),トン・ユィカイ(出演),ウェン・チェンリン(出演),チャン・ロン…

¥3,347
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20