「劇場版私立バカレア高校」のネタバレあらすじと結末の感想

劇場版私立バカレア高校の紹介:人気ドラマの続編となる映画作品。ヤンキーの集まる旧馬鹿田高校と超お嬢様校の旧第一カトレア学院が合併してしばらく経ち、旧馬鹿田高校の桜木達也たちは、騒がしくも平和な日常を送っていた。諸事情により達也たちは、第一カトレア学院に一時的に教室を移すことになる。その一方で、達也に因縁がある菊永高校が密かに暗躍し始めていた。

予告動画

劇場版私立バカレア高校の主な出演者

桜木達也(森本慎太郎)、浅田哲也(松村北斗)、里中ユウキ(ジェシー)、神保誠(地優吾)、真行寺文恵(島崎遥香)、真嶋海斗(岩本照)、真嶋ケンジ(玉森裕太)、桜木蓮(内博貴)

劇場版私立バカレア高校のネタバレあらすじ

【起】- 劇場版私立バカレア高校のあらすじ1

ヤンキーの集まる男子校・旧馬鹿田高校と、超お嬢様校の旧第一カトレア学院が合併してしばらく経ちました。
主人公の桜木達也は、真行寺文恵をはじめとする旧カトレアの女子生徒たちとの距離も縮まり、親友の浅田哲也ら、熱い仲間と楽しい日々を過ごしていました。
しかし「女子と馴れ合って軟弱になった」と達也たちに反発する、以前は仲間だった里中ユウキ・神保誠とは対立したまま。ある日、諸事情により旧馬鹿田の生徒達は期間限定で現カトレア学院に教室を移すことになります。
育ちや考え方がまるで違うお嬢様達に囲まれ困惑しながらも、楽しく過ごす達也たち。しかし現カトレアの女子生徒たちは、野蛮な達也たちを毛嫌いします。一方で文恵ら旧カトレアの生徒たちも、文化祭に向けての準備の途中で、現カトレアの生徒達と対立してしまいます。

【承】- 劇場版私立バカレア高校のあらすじ2

文恵は教師からニューヨークへの留学の誘いを受け、悩んでいました。そしてその頃、文恵や達也達の知らないところで、馬鹿田に因縁を持っている菊永高校が暗躍し始めていました。
そんな中、文化祭の日がやってきます。ひと悶着ありながらも、結果的に現カトレアの生徒達からも一目置かれるようになった達也たち。
しかしそのひと悶着が原因で達也たちは停学となり、「次に問題を起こしたら退学」と言われてしまいます。ここで退学になったら、教室を移す期間が終わっても、愛する馬鹿田にはもう戻れない…。
達也たちは大好きな学校を守る為、ケンカをしないことを決意します。しかし菊永高校は、次々にケンカで勝利し、いよいよ達也たちを狙おうとしていました。

【転】- 劇場版私立バカレア高校のあらすじ3

文恵は悩んだ末、ニューヨークへの留学を決断。文恵に密かに想いを寄せていた哲也はそれを知り文恵に告白しようとしますが、雰囲気を悟った文恵にさえぎられてしまいます。
一方の文恵も達也に想いを寄せていますが、留学への出発も近く、伝えることはできそうにありません。そんな中、菊永高校のヤンキー・真嶋海斗達から達也に、ユウキと誠を拉致したから来い、と連絡が入ります。
実は海斗の兄・真嶋ケンジは菊永高校の元トップで、事故で亡くなった達也の兄、元馬鹿田のトップの桜木蓮と因縁関係にありました。海斗は現在はケンカ等から引退した兄を今も慕っていて、「馬鹿田を倒して菊永高校をトップにすれば、兄の夢も叶えれる」と思い込んでいました。
今は対立していても、大事な仲間だったユウキと誠。達也たちは救出に向かいます。

【結】- 劇場版私立バカレア高校のあらすじ4

達也たちは、菊永高校と激闘。激闘の末勝利した達也を鉄パイプで殴ろうとする海斗。そんな海斗を止めたのは、兄のケンジでした。ケンジは海斗と達也に、「勝つことが全てじゃない。始めは天敵だと思っていたが、蓮は自分の最強のダチだ」と話します。
自分の思い違いに気付いた海斗。菊永高校と馬鹿田の対立は幕を閉じます。同じころ、文恵は留学に向かう為、同級生に別れを告げて車で空港に向かっていました。
そんな文恵の乗る車を走って追いかけてくる集団が。達也たちでした。達也は文恵に、借りていたハンカチと一枚の紙を渡します。文恵が紙を開くとそこには達也だけでなく、馬鹿田の生徒達みんなからのメッセージが。文恵は心強いエールを胸に、留学へ旅立ちます。
数日後の学校の屋上。達也と哲也の手には、文恵から送られてきたエアメールがありました。仲間からの呼びかけを受け、またケンカに向かう達也たち。騒がしい日常が、戻ってきたのでした。

みんなの感想

  • randselusedaiさんの感想

    ジャニーズとAKBが一緒に出演するということで話題になった作品。テレビシリーズから見ていたが、テレビの延長線上といった感じ。ジャニーズとAKBをただ見るだけの映画になってしまっていて、映画としての必要性みたいなものhは感じない。でも、これは一つのお祭りみたいな映画だから、そういう視点で見るとありかもしれない。菊高と馬鹿田のシーンは迫力があった。

映画の感想を投稿する

映画「劇場版私立バカレア高校」の商品はこちら