映画:北の桜守

「北の桜守」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ヒューマンドラマ

北の桜守の紹介:第二次世界大戦末期から高度経済成長期にかけて苦難を生き抜いた親子の激動の人生の物語。徐々に禁断の記憶が開かれていく…。 2018年3月の公開作で、『北の零年』『北のカナリアたち』に続く、北の三部作最終章となる作品。構想7年にも及ぶ大作を監督したのは『おくりびと』の滝田洋二郎。吉永小百合にとって120本目の出演作品となった。

あらすじ動画

北の桜守の主な出演者

江蓮てつ(吉永小百合)、江連修二郎(堺雅人)、江連真理(篠原涼子)、山岡和夫(岸部一徳)、島田光江(高島礼子)、岡部大吉(中村雅俊) 、木村学(野間口徹)、岩木(毎熊克哉)、江連徳次郎(阿部寛)、菅原信治(佐藤浩市)

北の桜守のネタバレあらすじ

【起】– 北の桜守のあらすじ1

1945年。江連てつは南樺太・恵須取の地で、製材所を営む夫・徳次郎と二人の息子と仲睦まじく暮らしていました。

春。子供たちが生まれた時に植えた桜が、江連家の庭に初めて開花します。庭には近所の住人・山岡をはじめとする周囲の人々も集まり、樺太に咲いた桜を愛でました。

大戦のさなか恵須取は8月でも平穏な日々でした。ところがソ連が突如日ソ中立条約を破棄して宣戦布告し、恵須取は激しい空爆に見舞われます。徳次郎は知人のいる網走に家族を引き揚げさせることにし、江連家の表札をてつに、長男・せいたろう(漢字表記不明のため以下:長男)にはてつと弟を守るよう託し、満月の日に満開になる桜を内地で見ようと約束します。一人樺太に残った徳次郎は、義勇隊として戦地へ赴きました。

多くの日本人が樺太を引き揚げようとしますが、その道中もソ連軍の砲撃は止まらず沢山の人が犠牲になりました。何とか命拾いしたてつ親子は、8月20日大泊港から、本土送還の小笠原丸に乗船します。しかしあろうことか大勢の避難民を乗せた船は、他国の潜水艦から雷撃されました。海に放り出されたてつは息子たちを発見しますが、父との約束通り二人を守ろうとした長男が、砲撃の大きな余波に飲まれ姿を消しました。

網走に逃げ延びたてつと次男・修二郎は、飢餓と寒さに耐える壮絶な日々を送ります。ある時、闇米屋を仕切る信治と弟分の岩木に遭遇した修二郎は、彼らが食べていたおにぎりにすがりました。「みっともないことするんじゃない」と制したてつを見た信治と岩木は、彼女の体を目的におにぎりを与えます。しかしどんなに飢えていても、凛としたてつに惹かれた信治は、闇米屋の仕事に誘いました。

闇米の運搬を始めたてつと修二郎は、何度も危ない目に遭いました。てつは目を光らせていた警察に捕まったこともありますが、その警官は奇遇にも本土に無事帰還した山岡で、彼は度々てつを見逃してくれたのでした。

小学生の修二郎は、極度の貧しさと闇米屋というレッテルを貼られ、同級生からいじめられます。弱虫な修二郎をてつは、泣かずに殴ってやれと背中を押し、グローブが無いと馬鹿にされれば布で作ってやり、逞しく優しく受け止め、愛情いっぱいに育てました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「北の桜守」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×