映画:十年 Ten Years Thailand

「十年 Ten Years Thailand」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

十年 Ten Years Thailandの紹介:2015年製作の香港のオムニバス映画「十年」のタイ版となる作品。カンヌ国際映画祭パルムドール受賞のアピチャッポン・ウィーラセタクンが総括を担当し、自身も最終話「都市の歌」の監督を手掛けた。権力により統制を受ける社会や異種族の排斥、都市開発など、様々な表現を用いてタイ社会を描いていく。2018年香港・タイ合作。

十年 Ten Years Thailandの主な出演者

夕日:ケン(ブンヤリット・ウィアンノン) / キャットピア:青年(キダカーン・チャットゲーオマニー) / プラネタリウム:女性独裁者(チュラヤーンノン・シリポン) / 都市の歌:公園で語らう男性(サクダー・ケーオブアディ)、(バンロップ・ロームノーイ)

十年 Ten Years Thailandのネタバレあらすじ

【起】– 十年 Ten Years Thailandのあらすじ1

夕日

物語の舞台は、タイのとある町。笑う人や泣く人をテーマにした写真の展覧会がこの町で開かれ、そこに数人の軍人が検閲にやって来ることから、物語は始まります。軍人たちはハンバーガー店で泣く制服姿の警官の写真を指差し、「人々によからぬ発想を与えるおそれがある」と写真家に注意しました。写真家や主催者は思わぬ指摘に困惑し、注意を受けた写真を取り外すことを決めます。若い兵士のケンはその様子をただ静かに眺めていました。

ケンは後処理を上司から頼まれ、一人展覧会に残り、一枚一枚写真を鑑賞しました。それらの写真は素朴で、町に生きる人々の表情をとらえているようにしか見えませんでした。こうした写真を検閲しなくてはならない上司のことを、ケンは気の毒に感じていました。

その後、ケンは展覧会の会場で働くアンという若い女性に話しかけました。ケンは元々アンとメールでやりとりをしており、アンに思いを寄せていました。ケンはアンと二人きりになると、人事異動でこの町を離れることを告げました。ケンは勇気を振り絞り、「いつか俺とデートしてくれる?」と話しかけました。アンは照れくさそうに笑い、ケンの誘いに応じました。すると、ケンは突然アンの写真を撮りたいと言い出しました。夕日を背景ににっこりと笑うアン。ケンはそんなアンの姿を何枚も写すのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「十年 Ten Years Thailand」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ