映画:博士と彼女のセオリー

「博士と彼女のセオリー」のネタバレあらすじと結末

博士と彼女のセオリーの紹介:2014年公開。理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士がジェーン・ホーキングと出会い、結婚して子供を持ち、別れるまでを描く。スティーブンが筋萎縮性側索硬化症を発症して徐々に日常生活が送れることができなくなる中で、彼を支えるジェーンの苦悩と葛藤を中心を描く。監督はジェームズ・マーシュ。スティーブン・ホーキングを演じるのは「レ・ミゼラブル」「ファンタスティック・ビースト」シリーズで知られるエディ・レッドメイン。ジェーン・ホーキングを演じるのは「アメイジング・スパイダーマン2」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」で知られるフェリシティ・ジョーンズ。

あらすじ動画

博士と彼女のセオリーの主な出演者

スティーブン・ホーキング(エディ・レッドメイン)、ジェーン・ホーキング(フェリシティ・ジョーンズ)、ジョナサン・ジョーンズ(チャーリー・コックス)、デニス・シャーマ(デヴィッド・シューリス)、エレイン・マッソン(マキシン・ピーク)、ブライアン(ハリー・ロード)

博士と彼女のセオリーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 博士と彼女のセオリーのあらすじ1

博士と彼女のセオリーのシーン1  1968年のある夜。ケンブリッジ大学の生徒たちが集まるパーティ会場を訪れたスティーブンと友人のブライアン。狭い部屋に大勢の男女が集まっている様子に圧倒されていました。人の間を縫い中の方へ入っていきました。それからしばらくして、二人の女性が入ってきました。ジェーンと友人のダイアナ。ジェーンは部屋の様子にたじろいでいる様子でしたが、ダイアナはお構いなし。友人を見つけるとジェーンを置いて行ってしまいました。取り残されたジェーン。ふと見ると、人と人の間からこちらをみている男性に気が付きました。眼鏡をかけたその男性は、ゆっくりジェーンに近づいていきました。「やあ」と挨拶をした後、少し間を開けて「物理学」とだけ言いました。おそらく彼の専攻だろうと推測したジェーンは「言語学」と自分の専攻を話しました。スティーブンは物理学の中でも、宇宙に関することを研究していると言います。二人はその後お互いの専攻について話すうちに夢中になり、部屋から出て外の階段に腰掛けて会話を楽しんでいました。しばらくして、ダイアナが戻ってきてジェーンに「帰るわよ」と言います。ジェーンは「ありがとう。楽しかったわ」と言い帰っていきましたが、すぐに戻って来てスティーブンに電話番号を書いたメモを手渡しました。

 数日後、ブライアンとパブを訪れたスティーブン。酒も進み楽しくなってきた頃、スティーブンはブライアンと自分のビールのおかわりを注文するついでに、電話をかけるたの両替を頼みました。手にはジェーンの電話番号が握られています。すると、入り口の方から聞き覚えのある声が。その方向に向かうと、ジェーンがダイアナと店を訪れていました。席についたジェーンを見たスティーブンはそっと近づき、話しかけました。ジェーンもそれに気づき笑顔で返しました。周りの人間は状況を飲み込めていませんでしたが、二人だけの世界が既に広がっていました。その後、スティーブンはジェーンを自宅のランチに招待しました。家族にジェーンを紹介したあと、家族とジェーン本人の前で「舞踏会にジェーンを正体する」と宣言しました。

 舞踏会当日。スティーブンは車でジェーンの家まで迎えにいきました。会場に着くと、ドレスを着た女性とタキシードを着た男性が音楽に合わせて思いのままに踊っています。それを見たスティーブンは「僕は踊らないよ」と言います。ジェーンは冗談だと思い笑いますが、スティーブンは「いや、本気だよ。僕は踊らない」と念押ししました。ジェーンはそれを聴き「そう。じゃあ私も」と言って笑みを浮かべていました。その後しばらくして、スティーブンは会場から少し離れた場所へジェーンを連れて行きました。そこからは夜空が見え、綺麗な星空を眺めることができました。うっすらと会場で流れる音楽が聴こえてくるその場所。スティーブンは「僕と踊ってくれないかな」と恥ずかしそうに言いました。ジェーンも頷き、二人は手を取り合いゆっくりと踊り出しました。見つめ合いながら踊る二人は、無言で唇を重ねました。

【承】- 博士と彼女のセオリーのあらすじ2

博士と彼女のセオリーのシーン2  ある日の午後、ブライアンが課題の進み具合を聞こうとスティーブンの部屋を訪ねると、2段ベッドの上でまだ眠っていました。ブライアンはカーテンを開けスティーブンを起こします。「おはよう、ブライアン」と言うスティーブンに「もう午後だぞ」と返すブライアン。「デニス教授の課題はどれくらいやった?」と聞かれたスティーブンは呑気に「1問もやってない」と笑います。呆れたブライアンは「難しいぞ」と言って部屋を出ていきました。スティーブンはベッドから降りるとパジャマのまま机に座り、デニスから出された問題を取り出しました。そしてレポート用紙を取ろうとしますが、誤ってマグカップに手を引っかけてしまい、コーヒーで用紙をダメにしてしまいました。

 遅れてデニスの授業にやってきたスティーブン。ブライアンを含む他の生徒が課題を提出して次々に間違いを指摘される中、スティーブンはポケットから列車の時刻表をデニスに手渡しました。「これは使えないぞ。期限切れだ」と冗談を言うデニスにスティーブンは「すみません、事情があって。裏に書いてあります」と謝りました。デニスが裏を見ると、10問中9問の計算と回答が書かれており、全て正解していました。デニスは「凄いな。全て正解だ」と感心します。ブライアンも先ほどまで眠っていた男が短時間で9問も解いたことに驚愕します。

 授業後、スティーブンはデニスの研究室に呼ばれました。デニスはスティーブンに「研究テーマは決まったのか」と訊ねます。スティーブンは「まだです」と答えます。「考えておきなさい」と言われたスティーブンは、研究室を出た後にジェーンの言葉を思い出しました。「いつか過去にタイムスリップしてみたい」と言っていたジェーンの言葉を思い出して、自分が学んでいる宇宙のことに関連し、ブラックホールに関する研究をすることを思いつきました。時間を巻き戻すことができれば、宇宙に始まりがあるのかどうかがわかるはずだと。スティーブンはジェーンにそれを伝え、デニスにも伝えました。そしてデニスの作業場を借りて、研究の日々が始まりました。

 研究を重ねる中で、スティーブンは自分の体に少し違和感を感じていました。黒板に計算式を書くときに、チョークを持つてが震える。歩くときには足が自分の物ではないような感覚。疲れているのかもしれない、と考えてスティーブンは研究を続けました。しかし遂にある時、大学の中庭を歩いて研究室に向かっていたとき、平凡なレンガの道で足を捻らせてしまい、倒れてしまいました。そして手をつくことができず、頭を打ち付けて意識を失ってしまいました。周りにいた人々が慌てて駆けつけました。

 スティーブンが目を覚ますと、病院のベッドの上でした。医師と共に手を動かすリハビリをしますが、思うように動かすことはできません。力が入らなかったり、震えてしまったり。自分の体に異常が発生していることは明らかでした。そして後日、スティーブンは医師から病名を告げられました。筋萎縮性側索硬化症。脳から発せられる筋肉を動かすための伝達が上手く行き届かなくなっていき、運動能力だけではなく、呼吸等の生きるために動かす筋肉も動かなくなってしまうのだと言います。余命は長くて2年だと告げられました。スティーブンは動揺しながら「脳はどうなりますか?」と質問しました。医師は「脳には影響は及びません」と答えたあと、「残念です」と言って立ち去ってしまいました。残されたスティーブンは絶望の淵に立たされていました。

 ブライアンがスティーブンの部屋を訪ねると、スティーブンはパジャマ姿で、二段ベッドから床に下ろした布団の上で本を読んでいました。ブライアンはいつもの通り明るくスティーブンに話しかけます。スティーブンも笑顔で応じます。そしてブライアンが「それで、医者は何て言ってたんだ?」と聞くと、スティーブンは「筋肉が動かなくなっていくみたいだ」と言います。ブライアンが「それはあれか?下の方の機能もか?」とおどけて言うと、間髪入れずにスティーブンは「余命2年だ」と言いました。ブライアンが「なんだって?」と聞き返したきり、会話が止ってしまいました。そしてスティーブンはブライアンに「出て行ってくれ」と言い、再び本に目をやりました。ブライアンは何も言うことができずに、無言で部屋を出ました。

 ジェーンはスティーブンのことで頭がいっぱいでした。いくら学生寮に電話してスティーブンを呼び出してもらっても、時間切れでスティーブンと話すことができていませんでした。ある日、決心をしたジェーンはスティーブンの部屋を訪ねて窓から覗きますが、スティーブンの姿はありません。スティーブンは窓の真下に隠れていたのでした。そんなことを知る由もないジェーンは、次にスティーブンたちの行きつけだったパブを訪れました。店内に入ると背後から呼ばれました。振り向くと、ブライアンやその他の友人が集まっていました。そこでジェーンは初めてスティーブンの現状を聞かされました。

 ブライアンに言われた場所に行ってみると、共有スペースに置かれたテレビを観ているスティーブンがいました。ジェーンが声をかけてもスティーブンは「出て行ってくれ」と言うだけです。ジェーンは「ゲートボールしない?」と言いますが、ジェーンは無視。ジェーンはスティーブンの前にしゃがみこみ、「今やってくれなかったら一生会いに来ないわ」と言いました。するとスティーブンは無言で立ち上がり庭へ出ていきました。

 ゲートボールをするスティーブン。しかし、足元がふらつく中で雑にゲートボールを行うスティーブン。ジェーンが話しかけようとすると、道具を投げ捨てて部屋へ帰って行ってしまいました。部屋のドアにジェーンが耳を当てると、激しい物音が聴こえます。中へ入ると、勉強道具やチェスの駒が散乱しており、スティーブンの息が荒れていました。そしてスティーブンは「僕に関わらないでくれ!僕には時間がないんだ!研究を進めなければ」と叫び、泣き出しました。ジェーンはそっとスティーブンに近づき、彼の眼鏡を手に取り「いつも眼鏡が汚れてるのね」と言って自分の衣服で拭いて彼の顔に掛けました。そしてそっとスティーブンにキスをしたあと、「私はあなたを愛しているの」と言いました。

 ジェーンは、スティーブンの父親に呼び出されました。スティーブンから交際の報告を受けていた父は、ジェーンにある確認をしました。「彼は2年しか生きられない。待っているのは悲しい結末だけだ。本当に覚悟はあるのか」と。ジェーンはそれを聞き、真っすぐスティーブンの父の眼を見て「彼は確かに大変な状況です。だからこそ、二人で力を合わせて闘わなければならないと思うのです。私は彼を愛しています。私は強い人間には見えないかもしれませんが、覚悟しています」と宣言しました。

 それからしばらくして、二人は結婚しました。そしてすぐに長男のロバートが誕生しました。二人は幸せの真っただ中にいましたが、スティーブンの体は確実に弱り、杖を突いてもゆっくりとしか歩くことができなくなっていました。

 体が病に侵されていく中でも、スティーブンは研究を続けていました。そして、ある日デニス教授に呼び出されました。自身が書いた論文に関することです。大学の研究室に入ると、デニスと他2名の教授が座っていました。そこでスティーブンは論文についての評価を聞かされました。第1章は不完全な説明が多すぎる。第2章は計算の間違いが目立ち、第3章では他社の論文からの引用が多い。そして最後の第4章は、完璧で言うことがないと。第4章こそ、スティーブンが力を入れていたブラックホールに関する研究でした。完璧という評価を受けたスティーブンは喜び、いえに帰りジェーンに報告しました。ジェーンも喜んでくれました。

 私大にスティーブンは階段を昇り降りすることができなくなり、寝床を一階に移しました。言葉も話しづらくなり、そして歩行も困難になってしまい、ジェーンは車椅子を購入しました。スティーブンは初めて車椅子に座ったとき、ジェーンに「これは一時的な物だ」と呟きました。

 夜。ベッドに寝かされたスティーブン。ジェーンはスティーブンの頬を撫で、「一緒に闘っていきましょう」と言い、キスをしました。

 その後、第2子となる長女ルーシーが誕生しました。
 

【転】- 博士と彼女のセオリーのあらすじ3

博士と彼女のセオリーのシーン3  子供が二人になり、家庭も賑やかになってきました。時折ブライアンや大学時代の友人が食事に訪れることもありました。楽しい時間。しかし、既にスティーブンは体の自由も利かなくなり、食事も震える手でスプーンを使ってゆっくりとしか摂ることしかできませんでした。

 冬、スティーブンの寝室でジェーンは彼にセーターを着せていました。スティーブンの両腕をセーターに通したところで、二階からルーシーの泣き声が聴こえてきました。スティーブンは「行ってあげて」と言い、両腕を通したまま待っていました。ジェーンが二階へ行った後、頑張って頭を通そうとしてみますが、頭を出すことができず、途中で頭が突っかかった滑稽な姿になってしまいました。スティーブンは自分でもそれがおかしくなり、この姿を見せたいとジェーンを呼びました。ジェーンが来るまでの間、スティーブンはセーターの繊維の間の小さな穴から暖炉の炎を見ました。その時、スティーブンの頭に閃きが起こりました。一階へ降りてきたジェーンは滑稽な姿のスティーブンを見て笑い、首を通してあげますが、スティーブンは興奮気味に「閃いた。思いついた!」と声を上げました。

 ジェーンに車椅子を押され、大学を訪れたスティーブンはデニスに案内された講義室に入りました。そこには、大勢の学者が集まっていました。そこでスティーブンは、ブラックホールに関する仮説を発表しました。話し終わると、何名かの研究者は「バカバカしい」と言って出て行ってしまいましたが、ソ連から来たというブラックホールに関する研究をしていた研究者は、スティーブンの仮説を絶賛。その場に残っていた研究者たちも同意し、結果的に発表会は成功に終わりました。その後、科学雑誌にスティーブンの名前が載り、スティーブンは学者としての知名度が上がっていきました。

 車椅子から電動車椅子に変わり、一人である程度は移動することができるようにはなりましたが、身体の方は弱っていき、話す言葉も聞き取りにくくなり、食事はジェーンに口に運んでもらわないと困難になっていました。子供たちは大きくなり、ジェーンは子育てとスティーブンの介護で次第に疲労が溜まり、限界が近づいていました。

 ある時、スティーブンの実家に家族で行った際にも、スティーブンは咳き込んでしまったりと、体調は思わしくありません。その帰りの車の中で、ジェーンは遂に、介護の手伝いをしてくれる人を探そうとスティーブンに持ち掛けますが、スティーブンは「今のままで十分だよ」と言って聞いてくれませんでした。

 ある日、ジェーンの母が家を訪問していたとき、ジェーンの母はジェーンの異変に気づき、「教会の聖歌隊に行ってみたらどう?」と提案しました。歌うことが昔から好きだったジェーンは、次の日には教会を訪れていました。聖歌隊が歌う様子を観たあと、その聖歌隊の指導者の男性と話をしました。ジョナサンというその男性と話をして、週一回の聖歌隊に参加することになり、更にロバートにピアノを習わせたいと考えていたジェーンは、ロバートの家庭教師も依頼しました。ジョナサンも1年前に妻を白血病で亡くしており、心のよりどころを探していたため、快く承諾しました。

 ジェーンは聖歌隊に通いつつ、指導者のジョナサンはロバートにピアノの指導をするために二人の家に頻繁に訪れるようになりました。次第にジョナサンは家族同然のような存在になり、子供たちも二人目の父親のように慕っていました。そんな中、ジェーンは3人目の子供を妊娠しました。そして無事に出産、家族が一人増えました。

 次男のティモシーの誕生祝いに両家の両親が遊びに来た日。ジェーンがお茶を入れに台所へ向かうと、そこへスティーブンの母がやってきました。そして、「正直に話して。あの子はスティーブンの子?それともジョナサンの子?」と聞きました。それを聞いたジェーンは激怒し、「私がそんな女に見えるの?」と怒鳴りました。そしてその会話を偶然ジョナサンが聞いてしまい、ジョナサンは外へ出て行ってしまいました。急いで追いかけるジェーン。それに気づいたジョナサンは振り返り、「みんな噂してる」と言いました。ジェーンは「そんなの無視すればいい」と言いますが、ジョナサンは「僕たちは距離を置くべきだ」と言います。そしてジョナサンは「僕はあなたが好きだ」と告白しました。ジェーンは涙ながらに「私もよ」と答えます。ジョナサンは頷いた後に「距離を置くべきだ」と言って、帰っていきました。

 それからしばらく経った頃、スティーブンはデニスを通じて知り合っていた学生たちから、オペラに誘われているとジェーンに言いました。ジェーンが「行きましょう」と言うと、スティーブンは「学生たちが面倒を見てくれると言っているから大丈夫だよ。君は子供たちをキャンプにでも連れて行ってくれ」と言います。そして「最近ジョナサン来ないね」と言いました。ジェーンは「彼も忙しいのよ」と言いました。

 教会でピアノの調整を終えたジョナサンが帰ろうとすると、スティーブンが一人で来ていることに気づきました。彼に近づくと、腕には瓶ビールを抱えていました。それを見たジョナサンは笑顔を浮かべ「飲酒運転になるぞ」と言いながらビールをスティーブンに飲ませました。スティーブンはジョナサンに「ジェーンは君を必要としている」と言い、「キャンプに一緒にいってやってくれないか」と頼みました。

 当日、学生たちがスティーブンを乗せてオペラ会場まで向かいました。ジェーンと子供たち、ジョナサンは後から車で近くにあるキャンプ場を訪れました。子供たちと一緒にテントを立てて、火を起こし、キャンプを楽しんでいました。

 オペラホールに入ったスティーブン。演奏が始まり、堪能していたスティーブンでしたが、途中で激しく咳き込み、吐血してしまいました。そして意識を失い、オペラが鳴り響く中、救急隊に搬送されてしまいました。その一方がジェーンとジョナサンの元にも届き、ジェーンは急いで病院に向かいました。スティーブンは集中治療室に入っており、意識はありません。医師はジェーンに「呼吸器を外すかどうか、奥様がご判断ください」と言いました。それを聞いたジェーンは激昂し「何てことを聞くんですか!そんなことはできません」と言い、「ここで何もできないのなら、スタンリッジ大学に搬送します」と言いました。医師は「危険です」と言いますが、ジェーンは「あの人はまだ生きなければいけないのです」と言いました。

 スタンリッジに搬送されたスティーブン。手術の末、一命は取り留めましたが、声を出すことができなくなってしまいました。コミュニケーションボードを使ってやり取りしますが、時間がかかります。ジェーンは、介護士を雇うことを決意しました。

【結】- 博士と彼女のセオリーのあらすじ4

博士と彼女のセオリーのシーン2  プロの女性の介護士であるエレインが自宅に訪れるようになりました。エレインはスティーブンと二人きりで交流を計ろうとすると、ボードを取り出す前にスティーブンが合図を出しました。スティーブンは、既にボードに書かれたアルファベットの位置を完全に暗記していたのでした。エレインはジェーンに「こんなに頭のいい方は初めてです」と言いました。

 エレインの介護はとても親切でジェーンは楽になりましたが、反面、スティーブンがエレインとばかり一緒にいることが気になり始めてもいました。

 ある日、エレインの知り合いの介護要員業者が訪ねてきて、新たな車椅子を紹介してくれました。それには機械とモニターが搭載されており、僅かな握力でも操作できるコントローラーで英単語を入力し、それを機械の音声が読み上げてくれるのです。これにより、スティーブンは再び声を取り戻したのでした。

 この車椅子を手に入れたことでスティーブンは、自信の研究を本にすると宣言しました。この機械で文章を入力し、音声を録音する。そのような方式で執筆されたこの本は、出版されると世界中で話題となり、スティーブンは研究者としての地位を確固たるものとしました。

 ある日、スティーブンは決意していました。ジェーンにあることを伝えなければならないと。寄る、眠る前にスティーブンは文章を打ち込み、そしてジェーンを呼んでから再生しました。
「エレインにアメリカで暮らそうと誘われている」
それを聞いたジェーンは一度は聞き返したものの、すぐに理解しました。スティーブンの目線に合わせるようにしゃがみこみ、「私はあなたを愛したわ」と言いました。スティーブンも笑顔で頷きました。

 その後、スティーブンはエレインと共にアメリカへ渡りました。ジェーンはジョナサンと再会し、ほどなくして再婚しました。

 ある時、ジェーンとジョナサンの家へ手紙が届きました。差し出し主はスティーブンでした。スティーブンは、アメリカで講演会を行うことになったと言います。ジェーンとジョナサンは喜んでいました。

 講演会は大盛況でした。ブライアンなどの旧友も駆けつけ、大盛況でした。そしてその後も自伝の発表などで世界的に知名度を上げたスティーブンは、十数年後、イギリス女王陛下から特別勲章を授与されることになりました。宮殿に呼ばれたのは、スティーブンだけではなく、ジェーンと子供たちもでした。ジェーンは女王陛下を待つ間、スティーブンの眼鏡を取り、「いつも眼鏡が汚れているのね」と言って、衣服で拭きとり、スティーブンの顔にかけてあげてあげました。

みんなの感想

ライターの感想

実話を感動的に描いており、演出も素晴らしかったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「博士と彼女のセオリー」の商品はこちら