映画:台風クラブ

「台風クラブ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

台風クラブの紹介:相米慎二監督による日本映画。台風の襲来をきっかけに、鬱屈した感情を爆発させる少年少女の姿を通して、思春期の子どもたちの危うさと脆さを表現している。1985年公開。

あらすじ動画

台風クラブの主な出演者

三上恭一(三上祐一)、清水健(紅林茂)、山田明(松永敏行)、高見理恵(工藤夕貴)、大町美智子(大西結花)、宮田泰子(会沢朋子)、毛利由利(天童龍子)、森崎みどり(渕崎ゆり子)梅宮安(三浦友和)

台風クラブのネタバレあらすじ

【起】– 台風クラブのあらすじ1

深夜の学校のプールで、大音声のラジカセに合わせて5人の女子中学生が踊っていました。

その傍らで泳いでいた山田明は、彼女たちのいたずらで溺れて意識を失い、野球部の三上恭一に助けられます。

翌日、三上は恋人の高見理恵を誘って学校に行きます担当教師の梅宮の授業中に、彼の恋人の母親と叔父を名乗る人物が乱入し、梅宮に恋人と早く結婚するよう迫ります。

母親は生徒たちに向けて「この先生は娘に100万円以上貢がせた」と話し、梅宮がなだめてもしつこく居座りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「台風クラブ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×