「壬生義士伝」のネタバレあらすじと結末の感想

壬生義士伝の紹介:2003年公開の日本映画。浅田次郎の同名ベストセラー小説を、『陰陽師』の滝田洋二郎監督&豪華キャストで映画化。幕末の新撰組を舞台に男同士の確執と友情、家族のきずなを描く人情時代劇。

予告動画

壬生義士伝の主な出演者

吉村貫一郎(中井貴一)、斎藤一(佐藤浩市)、しづ&大野みつ(夏川結衣)、ぬい(中谷美紀)、佐助(山田辰夫)、大野次郎右衛門(三宅裕司)、近藤勇(塩見三省)、土方歳三(野村祐人)、沖田総司(堺雅人)

壬生義士伝のネタバレあらすじ

【起】- 壬生義士伝のあらすじ1

明治32年(1899年)、東京市、冬…。
町の小さな医院である大野医院は、満州(中国の東北部)へ引っ越しする荷作りの最中でした。夜もふけた頃、病気の孫を連れた片足をひきずる老人・斎藤一が駆け込んできます。
医者の妻で小児科医・みつが風邪と思われる孫を診察する間、斎藤は待合室にある一枚の写真を見ました。
そこには、かつて新撰組で一緒に戦った男・吉村貫一郎の姿がありました。
斎藤は、医者に幕末時代の話を始めます…。
江戸時代末期。
斎藤は人斬りの男でした。人殺しをして生きていた斎藤は、新撰組に入ってからも人殺しばかりして生きており、そんな自分が嫌でした。

【承】- 壬生義士伝のあらすじ2

ある日、斎藤は同じ新撰組の中で、守銭奴(ケチ)の田舎侍・吉村貫一郎と知り合います。
同じ新撰組の隊士が殺された時、その斬り方から斎藤が下手人だと知った吉村は、こっそり斎藤に口止め料を請求します。
脱藩した筈のお国自慢をたびたびする吉村を、斎藤はいけすかないと感じていました。
ある夜、斎藤は吉村を斬ろうとしますが、吉村は意外にも剣の腕が立つ人物でした。
新撰組で諜報活動の連絡活動を共にすることになったことで、斎藤は吉村のことを知っていきました。
吉村が守銭奴なのは、故郷・盛岡の貧しい妻子へ仕送りをするためだったのです。

【転】- 壬生義士伝のあらすじ3

そしてそのために、吉村は死ぬわけにはいきませんでした。嫌いだと思いながらも、斎藤は吉村に惹かれ、一目置くようになります。
新撰組の中で分裂騒動が起きる最中、大政奉還があり、一転して新撰組は逆賊として薩摩、長州軍で構成される官軍に追われる身となります。
官軍と戦う吉村は「朝廷に歯向かう意志はないが、それがしの『義』のために引くわけにはいかぬ」と言いました。脱藩して一度裏切った自らの「義」を、二度は裏切れないというのです。
吉村は最後まで官軍と戦い抜きました…。
…再び明治32年。
ところで斎藤は、吉村の最期を知らずにいました。

【結】- 壬生義士伝のあらすじ4

大野医院は、かつて吉村がいた南盛岡藩の組頭の息子・千秋が院長をしています。そして妻・みつは吉村の娘でした。
みつは吉村の最期を斎藤に話します。
吉村は親友の組頭・大野次郎右衛門の元を訪ねました。大野は官軍に追われる身の吉村に部屋を与えます。
吉村はそこで、故郷をしのびつつ、切腹して息絶えました。
30年後に吉村の死について知ることができた斎藤は、吉村が生前よく口にしていた「おもさげながんす(ありがとう、申し訳ない)」とみつに告げました。
そして診察を終えた孫を連れ、また夜の道を帰っていきました。

みんなの感想

  • spn45ze9さんの感想

    派手さはない地味な時代劇です。しかしこの作品は、多くの人にみてもらいたい傑作だと思います。原作テイストそのままに映画の枠に上手くおさめられていて、大河ドラマや幕末物が好きな人にはたまらない一作です。他にも作品の魅力は多数あります。息詰まる役者陣の殺陣、人間味溢れる主人公、色っぽい夏川結衣始め女性陣。他にも見所はたくさんあります。

映画の感想を投稿する

映画「壬生義士伝」の商品はこちら