映画:夕陽の群盗

「夕陽の群盗」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

夕陽の群盗の紹介:後に「クレイマー、クレイマー」でアカデミー賞を獲得するロバート・ベントンの初監督作品。南北戦争の時代、徴兵を逃れて西部へと逃れる少年たちの険しい旅路を描いていく。1972年アメリカ製作。

夕陽の群盗の主な出演者

ジェイク(ジェフ・ブリッジス)、ドリュー(バリー・ブラウン)、ジョー(デビッド・ハドルストン)

夕陽の群盗のネタバレあらすじ

【起】– 夕陽の群盗のあらすじ1

舞台は南北戦争中のアメリカ。徴兵を逃れるため、少年ドリューが故郷の街を出ることから物語は始まります。ドリューの両親は息子が西部で生きのびることを望み、100ドルを渡してその旅立ちを見送りました。

ミズーリ州に着いたドリューがバージニアシティ行きの駅馬車を探していると、そこでジェイクという同じ年くらいの少年と出会いました。ジェイクは過去に軍で暴力事件を起こしており、それ以来、軍には近寄らないように生きてきたといいます。ドリューはジェイクを無視しようとしますが、ジェイクにつきまとわれた末に、気絶させられて金品を奪われてしまいました。

その後、ドリューは親切な老婦人に助けられ、家へと迎え入れられますが、老婦人の留守中に意外な人物が目の前に現れました。それは、つい先ほど会ったばかりのジェイクでした。ジェイクは老婦人に恩を売ろうと盗んだバッグを返そうと訪ねてきたのです。ドリューは激怒してジェイクに襲いかかり、二人の乱闘で老婦人の家はめちゃくちゃになってしまいます。大げんかの末、一人旅は危険と語るジェイクの言葉に従い、ドリューはジェイクとその仲間たちと手を組むことを決めました。ジェイクたちもドリューの目的地と同じ方角を目指していたのです。しかし、ジェイクはドリューを仲間に引き入れた後も、ドリューの金を返そうとしませんでした。

ジェイクはドリューに仲間の少年たちを紹介しました。彼らはジムとロニーのローガン兄弟、アーサー、ブーグといい、いずれも不良少年でした。ジェイクを除く少年たちは皆ドリューを警戒していましたが、それはドリューも同じでした。裕福な家庭で敬虔なメスジストとして育ったドリューは、彼らと行動はともにしても、決して犯罪には手を染めまいと心に決めるのでした。

ジェイクたちと合流してから間もなく、ドリューは12ドルを調達してきました。強盗に襲われた金物屋のレジから盗んできたといい、ドリューはその場にいた大男を殴り倒したといいます。ジェイクたちはドリューを見直し、一行の雰囲気は一気に明るくなりました。幸先の良いスタートを切ったジェイクたちでしたが、その前途には先住民が潜む危険な道のりが続いていました。

その後、一行は北部を出て西部に進みました。その道中、ジェイクはドリューが金時計を持っていることに気づきました。それは、ドリューの戦死した兄の遺品でした。ドリューは大切そうにその時計を身につけ、ジェイクはその美しさに感心するのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「夕陽の群盗」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×