映画:大臣と影の男

「大臣と影の男」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

大臣と影の男の紹介:運輸大臣のベルトランは働きぶりから国民から指示されていた。有能な側近のジル達が支えてくれているのも理由の一つ。彼は国鉄民営化は断固反対をしていたが、各省庁の争いに巻き込まれていく。ベルトランと側近達のスリリングな政治家活動を描いた作品。第64回カンヌ国際映画祭FIPRESCI賞受賞。第37回セザール賞で11部門がノミネート、オリジナル脚本賞、音響賞、助演男優賞(ミシェル・ブラン)を受賞。

大臣と影の男の主な出演者

ベルトラン(オリヴィエ・グルメ)、ジル(ミシェル・ブラン)、ポーリーヌ(ザブー・ブライトマン)

大臣と影の男のネタバレあらすじ

【起】– 大臣と影の男のあらすじ1

運輸大臣のベルトランが寝ていると秘書官のジルから電話が鳴ります。それはバスの事故が起きたことを伝えるものでした。早速現場に急行するベルトランでした。

現場は悲惨な状況で、犠牲者は9名で子供は7人含まれていました。その後13人までに増えます。原因はカーブに差し掛かった時、子供のためにDVDをつけようと運転手が操作したことでした。

ご家族の方にお悔やみと補償をしたいと、報道機関の現場のカメラで伝えるベルトランでした。その後ニュース番組に出演して事故について話します。また、国鉄の民営化に関して質問されたベルトランは民営化はしないと答えます。

しかし、他のテレビ局に出演していた財務大臣は民営化を行うと答えます。ベルトランは急いでジル達側近と対策を打ち出します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「大臣と影の男」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×