映画:大臣と影の男

「大臣と影の男」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

【承】– 大臣と影の男のあらすじ2

ベルトランの運転手の妻が出産するため、運転手に休暇を与えます。その間に臨時でキュイペルスを雇います。彼は長い間失業していて、1度離婚をしていました。娘は前妻と暮らしています。

キュイペルスは現在の妻とトレーラーで暮らしていました。家を建てるお金が無くて、いとこと家を建てている最中だったのです。

キュイペルスのトレーラーで飲み明かすベルトランでした。キュイペルスの妻はベルトランに遠慮無く言いたい事を言ってくるので、ベルトランは笑っていました。最後は酔いつぶれてキュイペルスが運びます。

翌朝、国鉄の民営化が決定になりかけます。ベルトランは反対していたので、このままでは辞職に追い込まれます。ジルが意見を変えて民営化を支持するようにとアドバイスします。しかし、ベルトランは納得しませんでした。そのため、ジルは秘書官を辞めることを決めます。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「大臣と影の男」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×