映画:大臣と影の男

「大臣と影の男」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

【転】– 大臣と影の男のあらすじ3

車で走っているとベルトランに厚生大臣から電話がかかってきます。それは民営化しないと言っていたのに、なるかもしれないからです。このままでは利用者の大半がストライキを行う可能性があるため、厚生大臣はベルトランに激怒します。

ベルトランは策を考えます。そして車で目的地に向かっていると、道路に封鎖の表示が出てきます。ベルトランは新しく開通する予定の道に行くようにキュイペルスに指示します。

入り口に着くと誰も入れない状態にしてありました。作業員に大臣である事を伝えて、この道を走っていきます。しばらく走っていると何かに当たったのか激しく横転してしまいます。

ボディーガードは助骨を骨折して動けない状態です。ベルトランは怪我をしますが、何とか歩ける状態で外に出ます。すると、外に弾き飛ばされたキュイペルスが死んでいました。泣き崩れるベルトランでした。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4

「大臣と影の男」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×