映画:天然コケッコー

「天然コケッコー」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

天然コケッコーの紹介:天然コケッコーはくらもちふさこの同名漫画を原作として2007年に公開された作品です。田舎に暮らす女子中学生と東京からの転校生による淡い恋模様が日常の生活を通して描かれており、夏帆と岡田将生が主演を務め、瑞々しい演技を披露しています。山下敦弘監督の手による淡々とした描写や長閑な田園風景、また渡辺あやの脚本による登場人物のやりとりが心地よく、青春を思い起こさせてくれる作品となっています。

あらすじ動画

天然コケッコーの主な出演者

右田そよ(夏帆)、大沢広海(岡田将生)、田浦伊吹(柳英里沙)、山辺篤子(藤村聖子)、右田浩太朗(森下翔梧)、田浦カツ代(本間るい)、田浦早知子(宮澤砂耶)、右田以東子(夏川結衣)、右田一将(佐藤浩市)、シゲちゃん(廣末哲万)、美都子(大内まり)、篤子父(斉藤暁)

天然コケッコーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 天然コケッコーのあらすじ1

天然コケッコーのシーン1 山と畑に囲まれた小さな村で暮らす中学生、右田そよ。
村の小中学生は6人しかおらず、みな同じ校舎で勉強をしており、学校内でも登下校でもいつも一緒です。
そよは中学2年生で最年長でもあり、1学年下の田浦伊吹や山辺篤子とともに、小学1年生の田浦早知子(さっちゃん)や2年生の田浦カツ代(カッちゃん)、そよの弟である浩太朗の面倒を見ていました。
そんな田舎の小さな学校に、東京から転校生がやってきます。
しかもそよと同い年の中学2年生で、あか抜けた出で立ちと端正な顔つきで、そよは思わず「イケメンさんじゃあ」とつぶやくのでした。
東京からやってきた転校生の大沢広海は、ぼんやりとしているそよとは対照的に思ったことをはっきりと口に出してしまうタイプで、そよは広海の失礼な態度にがっかりしてしまいます。
学校からの帰り道、村の子どもたちに囲まれながら帰る広海を見ながらひとり浮かない顔のそよは、さっちゃんのトイレのため、学校へと引き返すのでした。
そよは子どもたちを連れて海に行くことになり、広海も加わることになります。
海に向かう途中の道には自殺の現場となったいわくつきの橋があり、村の子どもたちはみなそこを通らないようにしていましたが、広海は気にしない様子でどんどんと先に進んでいってしまいます。
広海の後を追うように恐る恐る道を行く子どもたちに、そよは「耳をすませてみんさい。山の音がゴーゴー聞こえるけぇ」と耳をすませます。
子どもたちが耳をすませながら歩いていると、問題の橋が見えてきました。
橋の途中にはお花が供えられており、この橋で事件があったことを物語っていました。
それらをなるべく見ないように橋を進んでいくそよたちでしたが、橋の終わりでさっちゃんだけが立ち止まり後ろを振り返っています。
さっちゃんは「おるよ、人が」と指をさしますが、その方向に人は見えません。
そよが「なにを言うとるん」とさっちゃんに声をかけると、橋の反対側にあったトタン板が音を立てて倒れました。
そよたちは悲鳴を上げながら一目散に走り出し、先を歩いていた広海に追いつきます。
しかしそよだけは線路の上で倒れたまま動けなくなってしまい、「幽霊のせいだ」と騒ぐそよを広海は抱えて起こすのでした。

【承】- 天然コケッコーのあらすじ2

そよは広海と過ごすうちに、広海という人間が口は悪いものの裏表のない性格であることを理解していきます。
また広海もそよと2人になれるシチュエーションを作ったりと、そよに気がある様子でした。
そよは広海や村の子どもたちとお祭りに出かけ、会場でみんなと合流します。
ヘアスタイルを変え、おしゃれになって現れた伊吹を見て「かわいい」と騒ぐ年上組の女子たち。
聞くと広海の母親が美容師であり、彼女にやってもらったと言います。
それを聞いたそよは、実家が床屋である篤子のいる前で余計なことを言ってしまい、自覚せぬままに他の人を傷つけてしまう自分の性格に悲しくなるのでした。
お祭りではその後も篤子たちとギクシャクしてしまい、とり残される形となったそよは号泣してしまいます。
その後、結局みんなで一緒に帰ることになり、そこで初めて広海の母親・美都子と会い、広海はそよを彼女として母親に紹介するのでした。
そよの父・右田一将は、そよが広海と仲良くしていることに不満を持っている様子でした。
そよは父と広海の母親は初対面という様子ではなく、なにやら訳ありげに話している様子を見て、不思議に思うのでした。
バレンタインがやってきて、女子たちはチョコを作るかどうかで相談を始めます。
そよは広海に渡すつもりでいましたが、いまいち気が進まない様子でした。
毎年バレンタインデーには弟の浩太朗にチョコを渡しており、毎年渡している浩太朗よりも上等なチョコを広海のために買うことができず、パイプチョコを買って2人に渡すのでした。
年上組の伊吹と篤子も広海へのチョコを用意していましたが、浩太朗の目の前で渡すと惨めだというそよの言葉を受け、同じチョコを2人に渡します。
浩太郎は姉の毎年チョコをくれる姉の気遣いを何となく理解しており、母親からもらったチョコを姉からと言って広海に渡します。
そよは広海にバレンタインデーに渡したチョコについて弁明しますが、広海もそよの姉としての心遣いを理解している様子でした。

【転】- 天然コケッコーのあらすじ3

修学旅行の日程が決まり、同じ学年である広海とそよは東京に行くことになります。
東京へ行けると嬉しさのあまりはしゃいでいたそよでしたが、いざ人の多い駅の中に立ってみると、目が回るような感覚になってしまいます。
はぐれているところを広海に発見され集合場所へ連れ戻されたそよは、宿泊場所に着くとその場に倒れ込むようにして眠り、もうへとへといった様子でした。
次の日の移動中にもそよは道で座り込んでしまい、都会に向いていないことを思い知らされます。
しかし耳をすませてみると地元の山と同じようにさまざまな音が聞こえ、そこには風や鳥の鳴き声も混じっていました。
そよは「あんたらぁとは、いつか仲良うやれる日が来るかも知らん」と希望を見出して、東京をあとにするのでした。
そよは地元へと戻ってくると、友達への東京土産を渡しにいきます。
母親が髪を切ってもらうのに同行し、篤子の父が経営する床屋へと向かったそよは床屋の裏手で父の一将と広海の母・美都子が親しげに寄り添っている様子を目撃してしまいます。
一緒にいた母親は気がついているのかいないのか、そのまま通り過ぎてしまいますが、そよは気が気ではありませんでした。
確認しようにも誰にも言うことができず、そよはその日の食卓でもひとり緊張した様子でご飯を口へと運ぶばかりでした。
食事中にかかってきた携帯電話を受け、その場を立ち去っていく一将を見送るそよ。
何も知らない浩太朗は、もしや浮気ではと冗談を口にして家族は大笑いします。
浩太朗の言葉に思わず母親の顔をうかがうそよですが、母親も「たまにはええよ」とあっけらかんとした様子。
なごやかな食事風景の中で、そよだけは笑うことができませんでした。

【結】- 天然コケッコーのあらすじ4

そよと広海は中学3年生となり、進学のための学校見学を行なっていました。
地元の周辺には高校は2つしかなく、そよは広海と同じ高校に入りたいと思っていましたが、目当ての高校を見た広海は男子生徒が坊主で登校しているのを見て気乗りしていない様子でした。
挙句、東京の高校を受験するかもしれないという広海の言葉に切なくなってしまいます。
小・中学と同じ校舎の中で過ごしてきたそよにとって高校進学は生活環境が大きく変わる機会でもあり、そう思うと今までの何気ない毎日が急にとても貴重なもののように思えてくるのでした。
そよは広海の制服のボタンが曲がっていることに気がつき、針と糸を使って直します。
このようなことも、もう出来なくなるかもしれないと口にするそよに、またボタンが取れたら制服を東京から送るから、直して送り返してほしいという広海。
そよは代わりに、また線路で転んだときには東京から飛んできてくれるかと聞き返し、広海は「うん」と答えます。
「高校までの道のりを広海と一緒に歩きたかった」というそよの言葉に、広海は同じ高校を受ける決心を固め、2人は受験に臨むことになります。
合格発表の日、校舎に2人の姿はなく、そわそわと落ち着かない様子の教員たち。
しばらくして学校にやってきた2人の様子を見て駆け寄る子どもたちと先生でしたが、そこには合格者用の黄色い封筒を手にして戻ってきたそよと、広海の姿がありました。
そよと広海は合格祝いということで誰もいない教室で2人きりになり、キスをします。
しかしお互いにぎこちないキスはいまいち上手くいきません。
何度か唇を交わしますが、「愛がないよな」とあっさりと帰ろうとする広海。
そよは「最後にえらいものを見せてしもうた」と、名残惜しむように教室の黒板にキスをするのでした。
「さいなら、また来るけぇ」と暗くなった教室をあとにし、高校生活が始まります。
そこには新しい制服に身を包んだそよの姿と、頭を丸めた広海の姿がありました。

みんなの感想

ライターの感想

学生時代に誰もが経験したことをふと思い起こさせてくれるような作品で、終始ほのぼのとした空気感の中に浸りながら見ることのできる映画になっています。
さまざまなエピソードを組み立てる形で1本の映画になっているので、そよたちのその後など、いつまでも見ていたくなる作品です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「天然コケッコー」の商品はこちら