「天然コケッコー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

天然コケッコーの紹介:2007年製作の日本映画。くらもちふさこの名作コミックを「リンダ リンダ リンダ」の山下敦弘監督が映画化。「ケータイ刑事」の夏帆が演じる少女の初恋を、美しい自然と共に映した青春ドラマ。原作の設定をそのままに、物語はそよの中学時代のエピソードを中心に描かれている。ロケーション撮影もモデル地を中心に行なわれた。夏帆の映画単独初主演作品。

あらすじ動画

天然コケッコーの主な出演者

右田そよ:夏帆 大沢広海:岡田将生 お母ちゃん(右田以東子):夏川結衣 お父ちゃん(右田一将):佐藤浩市 田浦伊吹:柳英里沙 山辺篤子:藤村聖子 右田浩太朗:森下翔梧 田浦カツ代:本間るい 田浦早知子:宮澤砂耶 篤子の父:斉藤暁 シゲちゃん:廣末哲万 松田先生:黒田大輔 美都子(大沢君のお母ちゃん):大内まり 田浦のじっちゃん:田代忠雄 ばあちゃん(そよの祖母):二宮弘子 じいちゃん(そよの祖父):井原幹雄 篤子の母:中村朱實 渡辺先生:渡辺香奈 岩崎先生:岩崎理恵 大沢の友人:大津尋葵 大沢の友人:峯崎雄太 大沢の友人:前田想太 伊吹の父:浅田茂人 早智子の母:能島瑞穂 カツ代の母:上田静香 女の先生:服部富士美 郵便局員:大畑喜彦 早知子の父:新垣昌利 ネコ:大沢

天然コケッコーのネタバレあらすじ

【起】– 天然コケッコーのあらすじ1

天然コケッコーのシーン1

画像引用元:YouTube / 天然コケッコートレーラー映像

島根県の山間の小さな田舎町、木村。

【夏】

右田そよは中学2年生の女子生徒です。そよの通う木村中学校は、木村小学校のなかにあります。全校生徒は6人で、転校生を入れると7人になります。

そよは初めてできる同級生に、みんなを紹介するジャケットばを考えていました。転校生のために机と椅子を用意すると、教室を見回します。

小学3年生のカッちゃんジャケット田浦カツ代は、机に向かって熱心になにかを書いていました。黒板には中学1年の田浦伊吹が「ウェルカム 歓迎!! 大沢広海さん」と書いており、同じく中1のあっちゃんジャケット山辺篤子が花瓶に花を活けています。

小学6年生の浩太朗は、そよの弟です。浩太朗は自分以外に男子生徒が現れるので、楽しみにしていました。

今年小学校に入学したばかりの田浦早知子が、教室でお漏らしをしてしまいました。それに気づいたそよは声を荒らげかけますが、怒鳴るのをやめて早知子に静かに注意します。雑巾で床を拭いて早知子の下着を洗っていると、松田先生に連れられて転校生の大沢がやってきました。大沢の整った顔を見て、そよは「イケメンさんじゃー」と気持ちが高揚します。

初めての同級生、しかもイケメンというジャケットもあり、そよは親切にあれこれ大沢の世話を焼きました。給食のデザートを手渡そうとすると、大沢は「手、洗った? おしっこくさいデザートなんて」とずけずけとものを言います。洗い場で早知子の下着を洗っているのを見られての発言でした。そよの浮かれていた気持ちは、一気にしぼみます。

大沢は東京からやってきており、典型的な都会っ子でした。下校時にも他の生徒たちにも村のジャケットを聞いて、「無医村」だとバカにしていました。そよが言い返そうとしたとき、早知子がトイレに行きたいと言います。他の生徒らと別れて早知子といっしょにトイレに戻ったそよは、早くひとりでトイレへ行けるようにしろと早知子にやんわり言います。

大沢の母親・美都子は駆け落ちして村を出て行ったのですが、夫に逃げられていました。持病のぜんそくがあるため村に戻ってくるよう祖父である田村のじっちゃんが声をかけたそうです。

休みの日、みんなで海へ遊びに行くジャケットになりました。みんなで行動するのが当たり前になっており、大沢も誘います。すると大沢は桔梗の花を手に持ってやってきました。

山道を歩いていると、分かれ道で大沢が右側の道について質問します。どっちの道を通っても海に繋がっているのですが、右側は過去に飛び降り自殺があった橋を通るジャケットになり、そよたちは避けていたのです。大沢がそっちへ行ってしまったので、やむなくみんなあとを追いました。

大沢は速足で移動したらしく、全然見つかりません。途中の橋には飛び降りの現場らしき場所に、花やお供えがありました。みんな神妙に歩きます。早知子が通ってきた橋のほうを振り返ると「おるよ、人が」と指さしました。「こっち来よる」というので、みんなは怖がって走って逃げます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「天然コケッコー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×