映画:奇跡のリンゴ

「奇跡のリンゴ」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

奇跡のリンゴの紹介:青森県のリンゴ農家・木村秋則がリンゴの無農薬栽培に取り組み、成功させるまでの実話をもとに描かれた作品で、主演の木村秋則を阿部サダヲ、妻の美栄子を菅野美穂がつとめています。監督は中村義洋がつとめ、不可能と言われたリンゴの無農薬栽培を十年の歳月をかけて実現するまでの苦難の道乗りを、家族とのエピソードなどを交えて映像化されており、作品内には木村秋則さん本人も出演されています。

あらすじ動画

奇跡のリンゴの主な出演者

木村秋則(阿部サダヲ)、木村美栄子(菅野美穂)、木村征治(山崎努)、木村雛子(畠山紬)、木村咲(渡邉空美)、木村菜ツ子(小泉颯野)、もっちゃん(池内博之)、深津(笹野高史)、三上幸造(伊武雅刀)、三上葺子(原田美枝子)、河瀬(ベンガル)

奇跡のリンゴのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 奇跡のリンゴのあらすじ1

奇跡のリンゴのシーン1 青森県で生まれた秋則は、幼い頃から家にある機械を何でも分解してしまう子どもでした。
高校に入ってもその性格は変わらず、友人らのためにバイクを改造したり、文化祭用のアンプを改良したりしていましたが、失敗も多くありました。
そんな秋則の姿を見て母の葺子は、失敗しても諦めないことの大切さを教えるのでした。
就職を機に東京で暮らすようになった秋則ですが、リンゴ農家である実家を手伝うために青森へと帰郷し、地元でお見合いの話しを持ちかけられます。
その相手は高校時代の同級生・木村美栄子であり、秋則はリンゴ農家である秋則の実家に婿養子に入る形で結婚するのでした。
美栄子はもともと体質が弱く、リンゴの栽培に使用する農薬によって体調を崩すことがありました。
農薬は秋則の肌にもかゆみなどを引き起こしていましたが、寝込んでいる美栄子の肌の状態は秋則よりもひどく、農薬の影響で皮膚がボロボロになっているのでした。
秋則は同年代のリンゴ農家を集めて、農薬の量を少なくしたリンゴ栽培の方法を模索します。
その過程で偶然、無農薬栽培の本を見つけ、リンゴの無農薬栽培について考えるのでした。
しかし幾代にもわたって品種改良がほどこされたリンゴは害虫や病気の影響を受けやすいため、秋則の親友である「もっちゃん」も無農薬での栽培は不可能だと相手にしませんでした。
元来、発明好きの秋則は、まわりが反対してもひとり研究することをやめることはなく、美栄子の父・征治の了承を得て4つある内の1つの畑を使い、無農薬でのリンゴ作りに着手します。
農薬を使うことなく行なうリンゴ栽培は、初めて数か月は木が病気に感染することもなく順調に育っているように見えました。
しかしほどなくして秋則のリンゴの木は複数の病気に感染し、ほとんどの葉は枯れ、枝も細くなってしまうのでした。
もっちゃんに失敗を慰められる秋則ですが、本人はめげるどころか失敗をしたことで探求心に火がつき、次なる方法を考えていました。

【承】- 奇跡のリンゴのあらすじ2

奇跡のリンゴのシーン2 秋則はリンゴの木にワサビを散布する方法を思い立ち、早速実行にうつします。
多少の効果はあるものの、リンゴを生育させるための劇的な効果をあげるものは見つからず、秋則は食品の中で効果のありそうなものを思いつく限り木に散布し、その効果を調べていくのでした。
しかし満足のいく成果をあげることができず、秋則はさらに効率よく実験を行なうために征治に4つの畑すべてを無農薬リンゴの栽培に使わせて欲しいと申し出ます。
秋則は征治に、覚悟が足りなかったと話し、秋則の様子を見た征治はそれを了承するのでした。
征治は秋則に自身の戦争体験を語り、雑草が生い茂るジャングルに畑を作り、作物が実ったという話しを聞かせます。
リンゴ畑は征治の財産でもあり、木村家の収入源でもありました。
そんな畑で未知の領域とも言える無農薬でのリンゴ栽培を行なう秋則に、征治は「戦地に行くような覚悟を持て」と語るのでした。
秋則は年を重ねながらさらに多くの食品を散布し、効果のあるものを少しずつしぼり込んできました。
無農薬栽培を始めてから5年が経ち、3人の子どもを授かっていた木村家では秋則のリンゴの木も徐々に状態が良くなっているようでした。
しかし春を迎えたある日、秋則のリンゴの木は病気に侵され、おびただしい数の害虫が木や葉に張りついているのでした。
農薬を使わずに栽培を行なった結果、害虫が大発生してしまったことで、隣接している他の農家も怒りをあらわにし、秋則をはじめ美栄子や征治らは害虫を手作業で駆除していくのでした。
これを機に秋則や木村家は組合や近所から孤立していき、収入の減った木村家は貧しい生活を余儀なくされます。
親友だったもっちゃんからも見放され、もっちゃんは秋則の娘たちが学校で肩身の狭い思いをしていることを話すと、誰のためにやっているのかと秋則に問うのでした。
美栄子は子どもの前でも笑顔を見せなくなってしまった秋則を気遣いますが、学生時代から笑顔を大切にしていた秋則は、今や笑顔の意味すら忘れてしまっているようでした。

【転】- 奇跡のリンゴのあらすじ3

奇跡のリンゴのシーン3 生活費を工面するため秋則は冬の間、出稼ぎに出ることになります。
工事現場でアルバイトをしてお金を稼ぎますが、路上で寝ているち若い男たちにカバンをひったくられ、暴行されてしまうのでした。
秋則は電話ボックスから家族に電話をかけ、子どもたちと会話をしますが、お金の入っていない電話ボックスではどこにも電話をかけることができず、受話器を持った秋則は頭の中で家族と会話をするのでした。
秋則は税金を滞納していたこともあり、4つの内2つの畑を差し押さえられていまいます。
秋則はうわ言のようにリンゴの木に話しかけるようになり、無農薬栽培の限界を悟った秋則は美栄子に別れを切り出します。
そこへ長女の雛子が現れ、リンゴの無農薬栽培に反対しますが、その場で雛子は倒れてしまいます。
雛子は熱を出しており秋則たちはすぐに病院へ運ぼうとしますが、木村家は車やバイクも売り払っており、秋則は娘を抱えたまま病院まで走るのでした。
ストレス性の発熱と診断され、様子を見て入院することになった雛子を見て、美栄子は子どもにストレスをかけていたことに涙を流します。
その様子を見ていた秋則は、何かを決意したようにその場から立ち去るのでした。
次の日、リンゴ農園にやってきた美栄子ですが、そこに秋則の姿はありません。
美栄子は作業場で秋則の日記を見つけ、無農薬栽培を始めてからこれまでのことが書かれている日記の最後に、自身への別れの言葉が書き残されているのを見つけます。
それを見て美栄子は必死に秋則の姿を探しますが、どこを探しても秋則は見当たりませんでした。
秋則は、ねぶた祭りで街の景色が照らされている様子を山の中から見ていました。
用意しておいたロープで首をくくろうと木に投げますが、放り投げたロープはあらぬ方向へと落ちてしまいます。
慌てて拾いに行った秋則は、そこで森の中に自生しているクルミの木を発見するのでした。
木にはクルミが実をつけ、病気や害虫にも侵されている様子はありませんでした。
秋則はその様子を見て雑草を除去せず、自然のままに栽培する方法を思いつき、急いで山を下りていくのでした。

【結】- 奇跡のリンゴのあらすじ4

奇跡のリンゴのシーン2 秋則が畑へ戻ってくると、必死になって秋則を探していた美栄子と出会います。
もう一度リンゴ作りにチャレンジして良いかと尋ねる秋則に、美栄子は雛子が書いたという作文を見せるのでした。
父がリンゴ農家にもかかわらず、生まれてからリンゴを食べたことがないという雛子ですが、いつか父が作ったリンゴを家族みんなで食べたいと書かれたその作文を見て、秋則はもう一度リンゴ作りをやり直すことを決意し、家族みんなで手伝います。
大豆をまいた秋則のリンゴ畑は雑草が生い茂るようになり、虫も集まるようになりますが、秋則はすべての虫が害虫ではないことを悟ります。
リンゴの木もそれだけで生きているわけではなく、たくさんある自然の中で生かされていることに気づき、秋則の周囲の人々の目も少しずつ変わっていきます。
そんな中、征治が体調を崩し、入院をするようになってしまいました。
やがて征治には痴呆の症状が見られるようになり、秋則のことも理解していないようでした。
無農薬栽培を始めてから十年が経ったある日、秋則の家にバイクに乗ったもっちゃんがやって来ます。
もっちゃんは秋則と美栄子に畑に行くようにと急かし、もっちゃんのバイクを借りて畑に向かった秋則と美栄子は、自分たちのリンゴの木にたくさんの花が咲いている様子を見て涙を流すのでした。
その年に収穫されたリンゴはごく小さなものでしたが、家族はそのリンゴを食べながら、美味しさに感動します。
まもなく征治は病院で眠るように亡くなり、その手には小さなリンゴが握られているのでした。
秋則の作ったリンゴはその美味しさが評判となり、全国から注文が届くようになります。
リンゴの出荷作業をしていた美栄子はこれまでの自分を振り返りなから、秋則に感謝の気持ちを伝えるのでした。
雛子たちが学校から帰ってくる中、そこには笑い声に包まれている秋則や美栄子ら木村家の姿がありました。

みんなの感想

ライターの感想

ラストの感動をより印象深くするために、主人公を窮地に追い込むというのは物語の常套手段ではありますが、本作の主人公もリンゴ作りを通してかなり追い込まれることになります。
これが実話をもとにした物語ということで、常識に立ち向かうようにしてリンゴ作りを行なった木村秋則さんの凄さが伝わってきました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「奇跡のリンゴ」の商品はこちら