「奇跡」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

離婚した両親のせいで鹿児島と福岡で別々に暮らす兄・航一と弟・龍之介。航一は九州新幹線が全線開通する日の朝、福岡から鹿児島へ向かう新幹線“さくら”と鹿児島から福岡へ向かう“つばめ”が初めてすれ違う時、願い事が叶うという噂を聞き、また家族4人で暮らしたいとある計画を立て始めた。

あらすじ動画

奇跡の主な出演者

• 大迫航一 – 前田航基(まえだまえだ) • 木南龍之介 – 前田旺志郎(まえだまえだ) • 福本佑(航一のクラスメイト) – 林凌雅 • 太田真(航一のクラスメイト) – 永吉星之介 • 有吉恵美(龍之介のクラスメイト) – 内田伽羅 • 早見かんな(龍之介のクラスメイト) – 橋本環奈(Rev. from DVL) • 磯邊蓮登(龍之介のクラスメイト) – 磯邊蓮登 • 平祐奈(龍之介のクラスメイト) – 平祐奈 • 木南健次(航一・龍之介の父) – オダギリジョー • 有吉恭子(恵美の母) – 夏川結衣 • 坂上守(航一の通う学校の先生) – 阿部寛 • 三村幸知(航一の通う学校の先生) – 長澤まさみ • 大迫のぞみ(航一・龍之介の母) – 大塚寧々 • 大迫秀子(航一の祖母・のぞみの母) – 樹木希林 • 大迫周吉(航一の祖父・のぞみの父) – 橋爪功 • 山本亘(周吉の幼なじみ) – 原田芳雄 • 高橋長英、りりィ、田山涼成、入江雅人、中村ゆり、松浪志保 秋山美穂Rev.fomDVL 、 高橋菜々美Rev.fomDVL ((現)ミス準いちご)  鷲尾美紀Rev.fomDVL 

奇跡のネタバレあらすじ

【起】– 奇跡のあらすじ1

奇跡のシーン1

画像引用元:YouTube / 奇跡トレーラー映像

大迫航一は小学6年生、鹿児島で母親ののぞみと祖父母の周吉・秀子と4人で暮らしている。

航一は桜島を見あげてはどうして皆(噴火する)火山の傍で平気で暮らしているんだろうかと、なかなか環境になじめないでいた。

航一には小学4年生の弟・龍之介がいるが、いまは父親の木南健次と福岡で暮らしていて、航一は時々龍之介と電話で話すことで気を安らげていた。

両親と航一兄弟は大阪で4人暮らしだったのだが、定職にも就かずボウフラのような健次に愛想をつかしたのぞみは、航一を連れて鹿児島の実家に帰って来たのだった。

航一と龍之介は両親の離婚で離ればなれになり、それぞれ鹿児島と福岡で暮らし始めて半年になる。

航一はいつかまた4人で暮らせる日が来ることを望んでいた。

ある日航一は友達の福本佑と太田真がひそひそ話をしているのに聞き耳を立てる。

それは九州新幹線のさくらが博多に向かって260㎞/hで走り、つばめが博多から鹿児島に260㎞/hで向かう。この二つの新幹線が初めてすれ違う時、凄いエネルギーが生まれてそれを見て願いを唱えれば、人は流れ星を見た時と同じように願いが叶うという話だった。

3人は九州地図を広げ博多と鹿児島を起点に指先でたどり、すれ違うのは熊本だろうと推測した。

龍之介の父・健次は定職にも就かずライブハウスで演奏の傍らアルバイトをして龍之介と暮らしていたが、生活ぶりも怠惰で、龍之介は買ってきたたこ焼きをおかずにご飯を食べる生活だった。それでも龍之介は明るく毎日を暮らしていた。

学校の宿題をやっていた龍之介が、「仕分けって何?」と健次に聞くと、“無駄だから止めてしまえ”ということだと返事が返ってくる。

龍之介は「父ちゃんも母ちゃんに一緒のこと言われとったな」と笑った。

健次は龍之介に向き直ると、「世の中には無駄なものも必要で、全部に意味があったら息苦しいで~」と言うが、龍之介は、「無駄だけじゃあかんやろ」と2回繰り返した。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「奇跡」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×