映画:女王陛下のお気に入り

「女王陛下のお気に入り」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

女王陛下のお気に入りの紹介:2018年本国公開、2019年2月15日日本公開。「ロブスター」「聖なる鹿殺し」で知られるヨルゴス・ランティモス監督作品である。オリヴィア・コールマンを主演に据え、「アメイジング・スパイダーマン」「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン、「ボーン・レガシー」のレイチェル・ワイズらが脇を固める。イギリスのインディペンデント映画賞で10部門を受賞するなど、大変評価が高い作品。

あらすじ動画

女王陛下のお気に入りの主な出演者

アン(オリヴィア・コールマン)、アビゲイル(エマ・ストーン)、サラ(レイチェル・ワイズ)、ハーレー(ニコラス・ホルト)、ゲイティス(ジョン・チャーチル)

女王陛下のお気に入りのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 女王陛下のお気に入りのあらすじ1

女王陛下のお気に入りのシーン1 時は18世紀。イングランドはフランスと戦争状態にありました。そんな中でもアン女王を始めとする宮廷の人々は、戦争とはかけ離れた生活を送っていました。
アン女王は幼い頃からの中で側近であるサラに、喜んでもらおうと宮廷の模型をプレゼントします。しかしそれを見たサラは、戦争中にこのような金を使わないでくれと言います。それを聞いたアン女王は、てっきり自国が勝利し戦争は終結していたと思っていたと言います。アン女王は、痛風持ちで、体調を崩しがち。更には女王としての特権を利用してわがままを言い放題という人物で、そんなアン女王を、冷静で時に女王に対しても厳しい意見を言うサラは、女王と側近という関係以上の関係でした。 しかし、徐々にサラの当たりが強くなっていくのをアン女王は感じていました。
そんな中、サラの従兄弟にあたるアビゲイルが宮廷にやって来ます。元々上流の家庭で育っていたアビゲイルでしたが、父親が火事で命を落とし、下層へと転がり落ちてしまいました。そして働く場を求めて、サラのいる宮廷にやってきたということでした。サラはアビゲイルに、宮廷の中でも一番下層である掃除や洗濯、食事の用意などを行う女中に入るように命じました。アビゲイルは女中の中でも一番の新入りとして、仕事に励み始めました。

【承】- 女王陛下のお気に入りのあらすじ2

女王陛下のお気に入りのシーン2 ある日の夜中。アン女王が痛風の症状を発症してしまい、サラを始めとした数名がかかりっきりになりました。女中からは新入りのアビゲイルが選ばれ、アン女王の足に包帯を巻いていました。痛みが少し和らいだところで、サラは自分以外の女中に部屋から出るように命じます。アン女王は引き止めますが、自分がいるからとサラが言うと、安心した様子で再び眠り始めました。
アビゲイルは翌日の朝、こっそり馬に乗り森へ行き薬草を摘んでいました。そこを馬に乗った男性に目撃され、急いで撤収します。そして宮廷に戻ったアビゲイルはすり潰した薬草を持ってアン女王の部屋に向かいます。入り口に立っている警備のものを言い包め、部屋に入り、眠っているアン女王の脚に薬草を塗り始めました。そこへサラが訪れ、無断で行動を起こしたアビゲイルに対して出て行くように命じ、女中長にアビゲイルを罰の鞭打ち6回を命じました。連れて行かれるアビゲイルを横目に、サラはアン女王のそばに座ります。すると、目を覚ましたアン女王は、足の痛みが引いてきたと言います。アビゲイルの薬草が効き始めていました。
地下室に連れて行かれ、鞭を打たれていたアビゲイルの元へサラが向かい、罰をやめさせます。アビゲイルに、薬草が効いたことを伝え、これからも薬草を摘むようにと仕事を命じ、女中が雑魚寝する共同就寝部屋から、ベッドのある個人部屋への移動を許されました。その後アビゲイルは、服装も良いものを与えられ、侍女としてサラに付来始めました。
そんな中アン女王は政治的な問題に追われ始めていました。アン女王はサラからの助言によって、新たな戦争へ向けて住民税を増税すると発表します。それを受け、政治家のハーレーは戦争を止めるべきと考えており、アン女王の発表に激怒します。ハーレーは宮廷を訪れアン女王に直接意見を言おうとしますが、サラに女王に直接会うことも許されません。ハーレーと一緒にいた同じく政治家のメイシャムがサラと共にいたアビゲイルを美しい感じます。それに気づいたハーレーはアビゲイルに協力を仰ごうとします。
宮廷でダンスパーティーが開かれる夜、痛風を引きずっているアン女王はサラに車椅子を押されて会場へ向かいます。そこにはハーレーが待ち構えており、すぐさま女王に駆け寄り住民が増税に反対していることを伝えますが、サラがそれを遮ります。ダンスが始まり、サラも旦那とともに踊り始めます。その様子を見ていたアン女王は突然「やめろ!!」と叫び出します。慌ててサラはダンスを止めアン女王の車椅子を押して自分の部屋へ向かいます。

【転】- 女王陛下のお気に入りのあらすじ3

女王陛下のお気に入りのシーン3 暫くサラはダンスパーティーから戻って来ないだろうと踏んでいたアビゲイルは、サラの部屋に忍び込み、サラの本棚でこっそりと本を探していました。突然サラが女王を連れて戻って来たため、アビゲイルはろうそくを慌てて消し息を潜めます。すると、二人はそのままベッドへ向かいます、性行為に及び始めました。アビゲイルは驚きながらも、その隙に部屋から抜け出します。
そんなアビゲイルをハーレーが待ち構えていました。ハーレーはアビゲイルにアン女王から情報を聞き出す手伝いをするように命じますが、アビゲイルはそれを断りました。
アン女王は、依然サラを信用していましたが、アン女王が飼っている17羽のうさぎを可愛がったことで、アビゲイルはアン女王に気に入られ始めます。サラは政治に追われて忙しいため、サラに代わりアビゲイルはアン女王と過ごす時間が多くなって行きます。そしてある夜、痛む足を揉んでくれと言われたアビゲイルは、アン女王のベッドでそのまま行為に及びました。
仕事を終えたサラがアン女王の部屋を訪れると、裸でベッドに寝ているアン女王とアビゲイルを発見し、思わず部屋から出ます。アビゲイルが一線を超えたことを知ったサラは、翌日自身の部屋を訪れたアビゲイルに本をぶつけ、本棚から本を盗んだことを責め立て女中に戻るように命じます。それを聞いたアビゲイルは、持っていた本で自身の顔面を数回叩き、鼻血が出たことを確認し、アン女王の部屋の前に行き泣き崩れる演技をしました。その声を聞いたアン女王は事情を聞きます。
後日、外出するためにサラはアン女王を馬車まで案内すると、馬車の側にアビゲイルが立っていました。アン女王に彼女を解雇するよう願っていたサラは驚きますが、アビゲイルを気に入っているアン女王は応じませんでした。アビゲイルは、メイシャムと話す中で、側近となり上流に戻れるのならば道徳にも逆らう覚悟があると言います。
その後もアン女王の側近としての立場を争うサラとアビゲイル。ある日、アン女王の部屋を訪れたサラに、アビゲイルは二人分の紅茶を用意しました。その際、アビゲイルはサラの紅茶に森で摘んで来た毒草を粉末にしたものを混ぜます。それを飲んだサラは、違和感を感じます。その後馬に乗って草を調べに行きますが、その途中で嘔吐し、気を失い落馬してしまいます。
アン女王はサラが戻ってこないことを不思議に思いますが、アビゲイルが気に入られていることに嫉妬していて、気を引こうとしているのだろうと捜索隊を出そうとしませんでした。

【結】- 女王陛下のお気に入りのあらすじ4

女王陛下のお気に入りのシーン2 サラが目を覚ますと、汚い部屋にいました。建物のあちこちで男女が行為に及んでいます。そういったサービスをする場所だと悟り、逃げ出そうとしますが、落馬して馬に引きずられたサラは全身傷だらけであり、とても動ける状態ではありませんでした。仕事ができるようになるまで治療するように言われたサラは仕方なくそこに止まります。
当初は無視していたアン女王でしたが、突然捜索隊にサラを探すように命じます。一方動けるようになったサラは、宮廷のものを呼び出し宮廷に戻ります。
サラのいない間にメイシャムと結婚し、アビゲイルは身分を取り戻していました。ですが、外にいるサラはいつ何処から自分を狙ってくるかわからないと、常に危機感を持って生活していました。
アビゲイルが貴婦人が集まる音楽鑑賞会に参加していると、突然サラが戻って来ます。サラはアビゲイルに戻ったことを自慢気に話し、まだ負けてはいないと言いますが、結婚したアビゲイルはサラを小馬鹿にします。サラはアン女王の元に訪れ、税を上げて戦争を新たの始めることを発表するように言い、実行しなければアン女王がサラに送った愛を綴った手紙を民間人に公開すると脅迫します。しかし、脅迫してしまったことに罪悪感を抱いたサラは手紙を暖炉で燃やしますが、結局アン女王に追放を言い渡されてしまいました。サラが使っていた広い部屋にはアビゲイルが入ることになりました。
サラが宮廷を去ってからしばらく経ち、アン女王は病状も悪化し、左半身が麻痺してしまっていました。そんな中、サラは遂に国外追放を言い渡されていました。
ベッドで眠るアン女王の部屋の椅子に座り、本を読んでいたアビゲイルは、足元を歩いていたウサギの1匹を足で踏み、不敵な意味を浮かべます。目を覚ましたアン女王がそれを目撃し、自力で立ち上がりアビゲイルを呼びつけます。アン女王は自分に奉仕するように告げ、アビゲイルは諦めたような複雑な表情を浮かべながら、女王の足元に跪きながら奉仕するのでした。

みんなの感想

ライターの感想

素晴らしい作品でした。ブラックジョークも満載で、女性同士の妬み合いの恐ろしさをうまく描いていたと思います。特に、エマ・ストーンのブラックな演技という新たな一面を見ることができるのが魅力的です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「女王陛下のお気に入り」の商品はこちら