映画:存在のない子供たち

「存在のない子供たち」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

存在のない子供たちの紹介:2019年公開のレバノン映画。貧困に苦しむ12歳の少年が「自分を産んだ罪」で両親を告発する衝撃作。監督は自身で脚本・主演も務めたデビュー作「キャラメル」で一躍注目されたナディーン・ラバキー。

あらすじ動画

存在のない子供たちの主な出演者

ゼイン(ゼイン・アル・ラフィーア)、ラヒル・シファラ(ヨルダノス・シフェラウ)、ヨナス(ボルワティフ・トレジャー・バンコレ)、スアード(カウサル・アル=ハッダード)、セリーム(ファーディー・カーメル・ユーセフ)

存在のない子供たちのネタバレあらすじ

【起】– 存在のない子供たちのあらすじ1

存在のない子供たちのシーン1

画像引用元:YouTube / 存在のない子供たちトレーラー映像

舞台はレバノンのベイルートのスラム街。少年たちがゴミや木で作った武器を持って、路地裏を楽しそうに駆け回ります。

その中にいた一人の少年が、後ろ手に手錠をつけられて刑務所内で連行されていきます。途中歯科検診をおこない、医師から「乳歯がないので多分12歳くらい」と告げられます。

少年の名前はゼインといいます。彼は裁判所の法廷の原告席に座り、裁判長から年齢を尋ねられます。ゼインは「わからないからそっちに聞いて」と、被告席に座る両親を指します。

なぜ逮捕されたのかと問われたゼインは、「クソ野郎を刺したから」と答えます。ゼインは男を刺した罪で5年の実刑を受けて、刑務所に収監されていました。服役中に両親を相手に、12歳という若さで自ら裁判を起こしたのです。

何故両親を訴えるのかと問われた彼は、まっすぐ前を見つめて「僕を産んだ罪で」と答えます。

数カ月前まで、ゼインは両親とたくさんのきょうだいたちとボロボロのアパートに住んでいました。

働かずに昼間から酒を飲む父親のセリームは、ゼインに学校へ通うことを禁じていました。ゼインはきょうだいを連れて路上で自家製のジュースを売ったり、大家の中年男のアサードが営む雑貨店で、プロパンボンベを運ぶなどの肉体労働をして家族を養っていました。

食べ物をまともに与えられないゼインたちは、年頃の割に小柄でした。そんな状況なのに子どもの数は増えるばかりでした。

朝から晩まで働かされるゼインは、毎日夕方になるとスクールバスに目をやり、学校への憧れを募らせていたのです。

ゼインの母親のスアードの仕事は、刑務所内の麻薬中毒者に薬物を売ることです。

ゼインは両親の具合が悪いと偽り、処方箋を使って薬局でトラマドール(トラマール)錠剤を購入します。それをスアードと11歳の妹のサハルと一緒に砕いて粉にすると、水で溶かして洋服に含ませます。

その後刑務所の職員の監視をすり抜け、身内への差し入れとして薬を持ち込むのでした。

両親は育児放棄をしているだけではなく、日常的にゼインを罵倒したり暴力を振るっていました。

そんな彼の唯一の心の支えが、年が近くて仲のいいサハルの存在でした。

しかし、アサードはサハルに目をつけており、度々彼女に食べ物を与えて気を惹こうとしていました。アサードを毛嫌いするゼインは、サハルから必死に遠ざけていたのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「存在のない子供たち」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×