映画:学校Ⅱ

「学校Ⅱ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

学校Ⅱの紹介:1996年公開の日本映画。1993年から2000年までに全4作が制作された、山田洋次監督の映画シリーズ第2弾。高等養護学校を舞台に、重い障害を持つ生徒と軽い障害を持つ生徒の交流・葛藤や就職問題等、入学から卒業まで描いた作品。

あらすじ動画

学校Ⅱの主な出演者

青山竜平(西田敏行)、緒方高志(吉岡秀隆)、小林大輔(永瀬正敏)、北川玲子(いしだあゆみ)、久保佑矢(神戸浩)、緒方綾子(泉ピン子)、久保文枝(原日出子)、青山の娘(浜崎あゆみ)、高志の同級生(小籔千豊)、高志の同級生(鈴木美恵)、工場社長(鶴田忍)、高志の先輩(大沢一起)

学校Ⅱのネタバレあらすじ

【起】– 学校Ⅱのあらすじ1

青山竜平は高等養護学校に勤務する教師です。別れて暮らす娘にミュージシャンになりたいと言われ、戸惑っています。

卒業を控えたある日、生徒の高志と佑矢が寮に戻らず、青山と同僚の若い教師・小林は2人を探しました。

旭川行きの列車に乗ったと駅員から聞いた青山と小林は、車で旭川に行きます。高志と佑矢は、安室奈美恵のコンサートに出かけたのでした。

車中、青山は高志たちと過ごした3年間を振り返っていました…。

…3年前の春。

1年F組担任の青山は、障害を持つ9人の新入生を迎えます。副担任は女性の教師・玲子です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「学校Ⅱ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×