映画:学校Ⅲ

「学校Ⅲ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

学校Ⅲの紹介:1998年公開の日本映画。1993年から2000年までに全4作が制作された、山田洋次監督の映画シリーズ第3弾。人生の再出発をかけて集まった人々のリストラ・再就職問題を、職業訓練校を舞台に、心の交流を描いた作品。

あらすじ動画

学校Ⅲの主な出演者

小島紗和子(大竹しのぶ)、高野周吉(小林稔侍)、小島富美男〔トミー〕(黒田勇樹)、井上幸男(田中邦衛)、斉藤先生(寺田農)、鬼塚健(ケーシー高峰)、金栄洙(笹野高史)、倉本節(余貴美子)、紗和子の伯母(中村メイコ)、山本(吉岡秀隆)、北(さだまさし)

学校Ⅲのネタバレあらすじ

【起】– 学校Ⅲのあらすじ1

小島紗和子は自閉症の息子・富美男、通称・トミーと暮らす女性です。夫は10年ほど前に過労死で他界しました。

ある日紗和子は勤務先からリストラされて困ります。

同じ頃、大手証券会社の部長・高野も会社からリストラ勧告を受け、憤慨して自ら辞めました。高野には別居中の妻・藤子と息子・肇がいます。

…半年後。

紗和子と高野は同じ職業訓練校に通っていました。そこにはほかにも、リストラされたサラリーマンや、倒産した町工場の社長、経営に失敗した喫茶店のマスターなどが集まっていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「学校Ⅲ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×