映画:宇宙兄弟

「宇宙兄弟」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

宇宙兄弟の紹介:2012年の日本映画。同名漫画を原作とした実写映画である。JAXA全面協力の元に筑波宇宙センターでのロケや、NASAケネディ宇宙センターでの実際の宇宙管制室やロケット・ガーデンを使用してのロケも行っている。

あらすじ動画

宇宙兄弟の主な出演者

南波六太(小栗旬)、南波日々人(岡田将生)、伊東せりか(麻生久美子)、古谷やすし(濱田岳)、溝口大和(新井浩文)、真壁ケンジ(井上芳雄)、南波の母(森下愛子)、南波の父(益岡徹)、星加正(堤真一)

宇宙兄弟のネタバレあらすじ

【起】– 宇宙兄弟のあらすじ1

六太と日々人は兄弟です。

幼いころに「ふたりで宇宙飛行士になる」という約束を交わしていました。

西暦2025年、その約束どおり、弟の日々人は宇宙飛行士となっていましたが、兄の六太は自動車メーカーのサラリーマンとなります六太は日々人の悪口を言った上司を殴り、会社をクビになってしまいました。

「ドーハの悲劇(1993年)」の年に生まれた32歳の六太は、再就職活動をしますが、うまくいきません。

そんなある日、六太にJAXAから書類審査の合格通知が届きます

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「宇宙兄弟」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×