映画:家族はつらいよ

「家族はつらいよ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

家族はつらいよの紹介:2016年3月公開の日本映画。巨匠・山田洋次監督が『男はつらいよ』シリーズ以来ひさびさに手がけるコメディ。突然の両親の離婚問題に揺れる子供たちら8人が繰り広げる騒動を描き出す。橋爪功と吉行和子が離婚の危機を迎えた熟年夫婦を演じるほか、西村雅彦、夏川結衣といった『東京家族』で一家を演じた8人のキャストが再集結し、別の家族を演じている。

あらすじ動画

家族はつらいよの主な出演者

平田周造(橋爪功)、平田富子(吉行和子)、平田幸之助(西村雅彦)、平田史枝(夏川結衣)、金井成子(中嶋朋子)、金井泰蔵(林家正蔵)、平田庄太(妻夫木聡)、間宮憲子(蒼井優)、平田謙一(中村鷹之資)、平田信介(丸山歩夢)、鰻屋(徳永ゆうき)、高村(木場勝己)、沼田(小林稔侍)、かよ(風吹ジュン)、警備員(笹野高史)、医師(笑福亭鶴瓶)

家族はつらいよのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①横浜市で暮らす平田家はいまどき珍しい三世帯住宅。ある日母・富子が夫・周造に熟年離婚を切り出した。青天の霹靂に平田家は大騒動。それを知らぬ次男・庄太は婚約者・憲子を挨拶に連れてくる。 ②家族会議の最中、父・周造が倒れてまた大騒動。周造は何事もなく退院、離婚届に判をついて富子に渡すが「今までありがとう。いっしょにいられてよかった」という一言で報われ、富子は離婚をやめることに。

【起】– 家族はつらいよのあらすじ1

神奈川県横浜市青葉区。

閑静な住宅街に、今どきはすっかり珍しくなった、三世代で同居する平田家がありました。

73歳の平田周造は、一流の大谷商事に勤務して2男1女を立派に育て上げました。子どもたちも皆成人し、今は楽隠居の身分です。酒、煙草、ギャンブルもほどほど行ない、ゴルフも楽しむ身分でした。

そのかたわらで、妻の富子は夫・周造を立てながら暮らしていました。子どもたちが手を離れた現在は、創作教室のカルチャースクールに通っています。

・平田周造…73歳、平田家の大黒柱(のつもり)。長男・幸之助と同居しているが、自分が建てた家のあるじだと思っている。亭主関白で家のことは全くしない。服は脱いだら脱ぎっぱなし、妻が後始末をするのが当たり前。悪気はないのだが口が悪く、そのために人を傷つけるということをあまり気付かない。

・平田富子…周造の妻。周造のお世話を焼き、3人の子どもたちを育てて、現在は創作教室で小説を書いている。他界した弟・小宮薫は作家だった。

・平田幸之助…47歳、周造らの長男。会社勤務。周造と仲が悪くて衝突ばかりするが、実はそぶりは周造そっくり。よき父であろうと試みているが、空振りに終わること多し。

・平田史枝…幸之助の妻、平田家の嫁にあたる。富子と一緒になって家のことを取り仕切るが、いかんせん家族の数が多いので、苦労も多い。

・金井成子(しげこ)…周造らの長女。今は泰蔵と結婚し、税理士事務所を開いている。税理士として活躍するインテリ女性。子どもはいない。

・金井泰蔵…成子と結婚して金井税理士事務所を開いているものの、実質的には「髪結いの亭主(妻に稼ぎを任せている)」状態。しかしそれを指摘されると怒る。

・平田庄太…周造らの次男。まだ結婚しておらず、平田家に住んでいるピアノ調律師。劇中で結婚を決めて、最後には家を出て行く。

・間宮憲子…庄太の恋人。看護師。福岡出身。

・平田謙一…長男・幸之助と史枝の息子。今度中3になる。野球好き。

・平田信介…長男・幸之助と史枝の息子。小学校6年生。兄が好き。

・トト…平田家の庭の犬小屋で飼っている白いテリア。

20年来通い続けた馴染みの居酒屋『かよ』の店で、友人・服部と飲んだ周造は、したたか酔って帰宅しました。

部屋に入るとズボンやシャツ、くつしたは脱いだまま放置し、それらを回収するのは富子の役目です。もう何十年も、そのスタイルが夫婦のあいだで定着していました。

富子は部屋に花束を花瓶に生けているところでした。

今日は富子の誕生日だったのです。花束は、富子が通っている創作教室のメンバーからプレゼントされたものです。

酔っ払っていい気分の周造は「なにか欲しいもの、あるか?」と質問しました。

すると富子は「450円のものが欲しい」と言い、クリアファイルから用意しておいた離婚届を出します。450円は戸籍謄本を請求する金額です。

「ここに名前を書いて、ハンコを押してもらえたら嬉しい」と言われた周造は「本気よ、きちんと考えてほしいの」と言われ、熟年離婚の危機にさらされているのだと知りました。

翌朝。

通勤、通学の朝のラッシュの平田家のなか、庄太だけは優雅に朝食を摂っています。

「不協和音は時として家族に必要なのだ」と言う庄太に対し、結婚するような相手がいるのかと周造は聞き、庄太は頷きました。今度家に連れてくるという話になります。

庄太は早速、恋人の憲子に電話をかけ、今日の勤務先、日野の市民ホールへ来てほしいと呼び出しました。夜勤明けの憲子は、弁当を持って行くと言います。

憲子に引っ越して住むつもりのマンションの間取りを見せた庄太は、改めてプロポーズしました。憲子も応じます。

昼間、成子が平田家に駆け込んできました。夫・泰蔵が大事にしていた皿を成子が割ってしまい、それがもとで離婚騒動だと言います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「家族はつらいよ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×