「少女が大人に変わる夏」のネタバレあらすじと結末の感想

ヒューマンドラマ

少女が大人に変わる夏の紹介:2013年制作のアメリカ映画。親友と恋人との間で揺れ動き、成長していく少女のひと夏を描いた作品。ダコタ・ファニング主演で贈る青春恋愛ドラマ。共演にはエリザベス・オルセン、ボイド・ホルブルック、デミ・ムーアなど豪華。原題はVERY GOOD GIRLS。

予告動画

少女が大人に変わる夏の主な出演者

リリー(ダコタ・ファニング)、ジェリー(エリザベス・オルセン)、デイヴィッド(ボイド・ホルブルック)、ノーマ(エレン・バーキン)、エドワード(クラーク・グレッグ)、フィッツシモンズ(ピーター・サースガード)、ダニー(リチャード・ドレイファス)、ケイト(デミ・ムーア)

少女が大人に変わる夏のネタバレあらすじ

【起】- 少女が大人に変わる夏のあらすじ1

仲良しのリリーとジェリーは、夏休みを利用して自転車でビーチに行きます。人の多いビーチで、二人は水着を着ずに裸で海へと入っていきます。
数人の男達が遊ぼうと言ってきますが、英語は話せないと答えます。リリーとジェリーはハイテンションではしゃぎます。
ビーチの帰り道、アイスクリームの屋台の看板にぶつかってしまいます。店員で写真を生きがいとしているデイヴィッドは不機嫌で謝罪を求めてきます。
ジェリーとリリーはアイスクリームを買うことにします。謝っても嫌味を言ってくるデイヴィッドに、リリーは不機嫌になります。帰り際、去っていくリリーをデイヴィッドはカメラで撮ります。
ジェリーに別れを告げて自宅に帰ってきたリリーは、母のノーマから連絡して欲しかったと怒られます。父のエドワードを呼んでくるように言われて2階に上がります。そこで見たのは、部屋の中で患者と不倫をしている父の姿でした。
何も見なかったことにして1階へと戻ります。ノーマがエドワードを呼びに行くと、彼は降りてきます。固まっているリリーに、エドワードは謝罪と説明をしようとしますが、ノーマに呼ばれて外出します。
ジェリーの家で夕食をご馳走になっているリリーでした。ジェリーの父の話しにジェリーが怒って二人は出ていきます。
庭で食べながら、ひっそりと話してるとジェリーの父がやってきます。ジェリーが帰るように言って、リリーはエドワードの不倫の話しをします。
ジェリーの家ではセックスの話が普通にされているのに、我が家には全くない状態でしていることに違和感があるとリリーは言います。
リリーは大学に行ってもセックスをしないでいることを考え始め、ジェリーはやらないとねと助言をします。相手を探さなければならないと笑顔なリリーです。
観光フェリーのツアーガイドのアルバイトをしているリリーは、今日も仕事を終えて上司や同僚に挨拶をします。リリーに興味のある上司は彼女をじっと見つめます。
街を歩いていたリリーは、自分の背中姿の写真が至る所に貼ってあることに気づきます。文字で君の家はどこか書いてあって微笑みます。
ジェリーに相談しようと、一緒に食事をすることにします。彼女から両親とご飯を食べに行って、ウェイターをしていたデイヴィッドと知り合った話しをされます。写真のことを相談しようとしていましたが、リリーは上司が迫ってくる相談に切り替えます。
リリーがベッドの上で音楽を聞いていると、妹がノックなしに入ってきます。何事かと話しを聞くと、母の泣き声が聞こえてくるのだと言います。

【承】- 少女が大人に変わる夏のあらすじ2

リリーは一人でビーチに行きますが、アイスクリーム屋にデイヴィッドの姿はありませんでした。砂浜のアートを見ていると、海から上がってきたデイヴィッドが声をかけてきます。暇な様子の彼は、リリーをデートに誘いますが断られます。しかしリリーは大きな声で住所を叫びます。
ジェリーは、レストランにいくら電話してもデイヴィッドを捕まえれないとリリーに相談をします。ジェリーの新曲を聞いた後、リリーは母の様子を見に帰ります。
父を家にいれない母にリリーは激怒します。母に振り向いてほしいから不倫をしたのだと言うと、母は静かにしてくれないなら部屋から出ていってと言います。
外に出たリリーは、デイヴィッドが来ていることに驚きます。そのまま彼が寝泊まりしている写真スタジオに行きます。
彼はここで警備も兼ねて寝泊まりしていて、デイヴィッドの寝室にリリーは行きます。そこで本を読んで欲しいと言われて、リリーが読み始めます。
読んでいる途中に、デイヴィッドはリリーにキスをします。その後、今日は帰ったほうがいいと言ってきたので、リリーは金曜日にジェリーと会うのかどうかを聞きます。
金曜日、ジェリーはリリーと一緒にライブをする店の前にいます。デイヴィッドにセクシーな服を着て迫ったけれど、全然興味なさそうで困っているとジェリーはリリーに相談します。
デイヴィッドがやってきて、ジェリーは来てくれて嬉しいと店の中へ案内します。リリーとデイヴィッドは、ほとんど喋りませんでした。
ジェリーのライブが始まり、店の中のお客さんが静かに聞き入っています。デイヴィッドとリリーも席に座って聞き、机の下で手を握り合っていました。
ライブが終わって、デイヴィッドはジェリーに挨拶した後、リリーの着ている服を褒めます。彼女の服で面白い話しを後、ポケットの中にカメラの作り物を入れます。後から気づいたリリーはカメラを見て微笑みます。
自宅に帰ってきたリリーの前に、デイヴィッドが待ち伏せていました。デイヴィッドからキスをされて、物置へとそのままなだれ込みます。
興奮するデイヴィッドに、リリーは怖いことを伝えます。初めてであることに気づいたデイヴィッドは、自分でいいのかと言った後に寝袋をセットします。
愛し合った翌朝、妹が深夜に帰ってきたことを母の前で話します。汗をかいたからと言い訳をして、門限は12時までとリリーは言われます。
デイヴィッドが物置に置いていった本を拾って、リリーは読みながら歩いて出勤します。道端にいた父が夕食に行こうと誘ってきますが、リリーは嫌だと言い返します。

【転】- 少女が大人に変わる夏のあらすじ3

ある日、リリーが寝坊していると母が起こしにやってきます。シャワーを浴びていると、デイヴィッドが風呂場の窓から侵入してきます。出かける母の声を聞いた後、シャワー室で二人は愛し合います。
デイヴィッドとリリーは、バイクに股がって色々な場所に写真を貼りに行きます。階段や民家の壁、車などに貼って、楽しい二人の姿が映し出されます。パンツ一丁でパフォーマンスする男性がいて、デイヴィッドはカメラで撮ります。
写真スタジオで愛し合った後、夕食前に電話をしなければならないリリーは、携帯の電池が切れていてデイヴィッドに電話を借ります。母に電話をすると、ジェリーの両親が死んだことを知らされます。急いで向かい、リリーの家の中ではジェリーと彼女の弟が黙って座っていました。
自分の家と違って会話がたくさんあり、ジェリーの父が面白くてリリーは大好きでした。苦しいと涙を流すリリーに、ジェリーは何も感じないと打ち明けます。
しかし卒業式やこれから両親に会えないのだと考えると、ジェリーは泣き崩れてしまってリリーが抱きしめます。悲しみに明け暮れるジェリーは、デイヴィッドが自分のことを想っていてくれたらと言います。
自宅に戻ったリリーは、自分の父も死んでしまうかもと母に許すように言います。次の日、リリーは父に会いますが、母のことを分かってやるようにと言われて、父は家には戻ってきませんでした。
デイヴィッドから連絡が来ても、リリーは電話に出ませんでした。デイヴィッドが直接会いにきますが、そっぽを向いて告別式に一人で行くように言います。
一人で告別式にきたデイヴィッドに、ジェリーは驚いて外に連れ出します。両親が亡くなった悲しみを話した後、抱いてほしいと頼みます。デイヴィッドはジェリーの顔にキスをして抱きしめます。
翌日、リリーはジェリーからデイヴィッドが来たことを話されます。また、初めてだけど優しくしてくれたことも話してきます。うわの空となったリリーは、ジェリーの話しに淡々と答えていきます。
嫌がっていた上司の元に行き、リリーは酒を飲みに来たと告げます。上司にキスをして、看板に行って行為が始まります。
ピルを飲んでないことを聞いて、上司はコンドームを取りに行きます。リリーはその間にダッシュで帰ることにします。
デイヴィッドの家に行き、ジェリーとのことを追求しに行きます。頼まれたからと言うデイヴィッドに、上司とヤッたことを告げて帰ります。
自宅に戻ると、リリーは父が帰ってきていて説明を求めます。母とは仲良く料理をしていました。戻ってきたのは母が頼んだからだと聞いて、リリーは怒って部屋に行きます。

【結】- 少女が大人に変わる夏のあらすじ4

ジェリーと買い物に行った帰りに、木陰で何も買わなかったことをリリーは指摘されます。デイヴィッドに電話したほうが良いのかどうか相談されて、リリーはつい怒ってしまいます。
デイヴィッドは、リリーにジェリーと寝てないと言います。彼女に話すように言いますが、リリーは聞く耳を持たずに去っていきます。
日曜日にデイヴィッドと会うことになったとジェリーが喜んでいます。リリーは彼女とデイヴィッドが会っている姿をこっそりと見ます。
ベッドの上で横になっているリリーに、ジェリーが落ち込んで倒れてきます。明日の4時にパリに旅に出ると言われたのです。
翌日、リリーはデイヴィッドに会いに行くと、彼はバックパックを持ってドアから出てきます。上司と寝たのは嘘だと言うと、傷つけられたからやり返したのかとデイヴィッドは怒ります。
どうかここに居て欲しいと言うと、デイヴィッドはキスをしてタクシーに乗りこみます。泣きながら歩くリリーの前に、今のキスはなんだとジェリーが聞いてきます。
路地裏に入って、ジェリーは怒り心頭です。リリーは元気づけたくてと謝りますが、神様にでもなったつもりかとジェリーは言い放って帰ります。
リリーは、口をきいてくれなくなったジェリーのことを父に相談します。真実を打ち明けると、父は人は完璧ではないこと、人は変わっていくものだとアドバイスします。
引っ越しの準備を終えて、リリーの部屋を訪れた母は実感がやっと湧いたと語ります。荷物を車につめると、リリーの視線の先にジェリーの姿がありました。
デイヴィッドから届いた写真を渡しに来たのです。その写真はパンツ一丁のパフォーマーが映っていて、ジェリーはリリーに見せたかったのだと言います。
リリーは私達二人を合わせるためにデイヴィッドが送ってきたのだと言います。謝罪を込めて、リリーが服を脱ぎだすとジェリーは笑いながら止めてと言います。
デイヴィッドと寝たのは嘘だとジェリーは謝ります。するとジェリーも服を脱ぎだして、リリーと二人下着姿になります。妹たちもやってきて、一緒に楽しそうにクルクルと踊ります。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、ジェリー役のエリザベス・オルセンの弾き語りです。店の中でアルペジオを弾きながら歌う姿に視線が釘付けになります。エンディングでも流れるのでぜひ聴いて欲しいです。
リリーとデイヴィッドのデート映像にも釘付けになります。写真を壁や車などに貼っていく姿に、その大らかな雰囲気に癒やされます。二人が出会ったビーチも砂浜が綺麗で泳ぎに行きたくなります。
天才子役として名高いダコタ・ファニングが、友情と恋愛の狭間で揺れる少女を演じる姿も必見の作品です。全体を通して、青春を感じさせる要素が多くなっています。ひと夏の思い出を思い出してしまうこと間違いなしの映画です。

映画の感想を投稿する

映画「少女が大人に変わる夏」の商品はこちら