映画:少年の君

「少年の君」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

少年の君の紹介:2021年7月16日公開の中国&香港合作映画。壮絶ないじめ、苛烈な受験戦争、母子家庭や子どもの貧困など過酷な社会問題を描き、香港のアカデミー賞と言われる香港電影金像奨で作品賞・監督賞・主演女優賞を含む8冠を獲得、第93回アカデミー賞国際長篇映画賞にノミネートされた中国・香港合作の青春映画。中国では、ほとんど宣伝がないまま公開されたにもかかわらず、口コミで250億円の興行収入となる大ヒットを記録、青春映画ジャンルで歴代1位を樹立した。監督は「インファナル・アフェア」シリーズで知られる俳優・監督・プロデュサーのエリック・ツァンの息子デレク・ツァン。2001年に俳優デビューし、2010年にジミー・ワンと共同監督した「恋人のディスクール」(大阪アジアン映画祭2011グランプリ)で監督業に進出した。中国で「13億人の妹」の愛称で親しまれる人気女優チョウ・ドンユイと、国民的アイドルにして本作で演技の実力を見せつけたイー・ヤンチェンシーを主演に起用し、内向的な優等生とストリートに生きる不良少年の極限の孤独と純真な愛をヒリヒリと描きあげている。

少年の君の主な出演者

チェン・ニェン(チョウ・ドンユイ)、シャオベイ(イー・ヤンチェンシー)、チャン・イー(イン・ファン)、ラオ・ヤン(ホアン・チエ)、チェン・ニェンの母(ウー・ユエ)

少年の君のネタバレあらすじ

【起】– 少年の君のあらすじ1

少年の君のシーン1

画像引用元:YouTube / 少年の君トレーラー映像

中国。

教壇に立つチェン・ニェンが生徒たちの前で、英語を教えています。過去の助動詞「was」と「used to be」の違いを説明したニェンは、例文を繰り返し唱えて生徒にもそれを求めます。「昔は遊び場だったのに」と繰り返しながら、ニェンはかつて自分を守ってくれた男・シャオベイのことを思い出していました…。(このシーンは映画ラストに出てきます)

〔2011年 安橋(アンチャオ)市〕

高校3年生のチェン・ニェンは、内気で平凡な女子高校生です。成績は優秀で、全国統一入学試験、通称:高考(ガオ・カオ)を受験するつもりです。北京大学が第一志望で、ニェンの成績ならそれも難しくはないとされていました。いい大学に入れば人生が変わると母に繰り返し聞かされたニェンは、そう信じて頑張っています。ニェンは進学校の理系クラスに通っており、同級生はみんなライバルです。

ある日、クラスメイトのフー・シャオティエがいじめを苦にして、学校の校舎から飛び降り自殺しました。他の生徒たちはそれを見て、いっせいにスマホを出して写真を撮ったり動画を録画したりしています。そんななかニェンはただひとりフーの遺体に近づいて、着ていたジャンパーを脱いでフーの遺体にかけました。そこから周囲を見渡すと、スマホ片手にSNSへの投稿に余念がない生徒たちばかりの、異様な光景が見えました。

フーが学校で自殺したので、警察がやってきて捜査を開始します。ニェンはフーを知っている人物として呼び出され、刑事たちにあれこれ事情を聞かれました。ベテラン刑事のラオヤンは厳しい口調ですが、若手のチェン・イー刑事は理解ある態度を取り、ニェンから詳しい事情を聞こうとしています。チェン刑事は「学校が君を守るから」と言って真相を教えろと言いますが、ニェンは口をつぐんだままでした。刑事たちはニェンから情報を得ることなく、解放します。

教室に戻ると、ニェンの椅子にはくぼみの部分に赤い液体が注がれています。そのまま座るとスカートが赤く染まって汚れます。その嫌がらせと同じものをフーがされていました。いじめの標的がフー亡き後、ニェンに変わったということです。フーは言い出せずに座り、スカートを汚していたことを、ニェンは思い出します。

担任の先生がやってくると、ニェンが号令の後も座らずに立っているので椅子の嫌がらせに気づきました。担任は生徒たちに注意をしますが、生徒たちには効果がないのは見て取れます。

ニェンはひとりの家に帰宅します。ニェンの母は出稼ぎに出かけています。シングルマザーの母はニェンの成長が楽しみで「北京大学か清華大学に行ってほしい」と言っていました。母は詐欺師まがいのことを繰り返しており、現在は効果の見られないニセモノのフェイスパックを、高く売りつけています。家には借金取りが金の催促にやってきますが、未成年の娘のニェンだけだと知ると厳しいことができず帰っていきました。

フーをいじめていたのは、クラスの女子生徒3人でした。リーダー格のウェイ・ライが率先して暴力的ないじめをしていました。ウェイ・ライは前の日、ニェンが刑事の取り調べで自分たちのことを洗いざらい話しただろうと思っていました。それもあってニェンを狙います。ニェンは刑事たちに何も話していませんでした。ただ黙って受験まで穏やかに過ごしたいからです。しかしウェイ・ライがそれを信じるわけもなく、ニェンは足早に帰宅しました。

帰り道の途中でニェンは、ひとりの少年が3人組の男たちに暴力を振るわれているのを見ます。スマホで警察に通報していると、それが見つかりました。引きずり込まれ、所持品を取り上げられます。3人組は面白そうに、暴力を振るっていたシャオベイとニェンをキスさせようとします。抵抗してひどい目に遭わされるのを恐れ、ニェンはシャオベイにキスしました。3人組はそれを見て喜びます。その隙をついてシャオベイが反撃し、3人組は去っていきました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「少年の君」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×