映画:居酒屋兆治

「居酒屋兆治」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

居酒屋兆治の紹介:1983年公開の日本映画。山口瞳の小説『居酒屋兆治』を原作とした作品。函館を舞台に、小さな居酒屋を営む男とその初恋の女性、男の妻それぞれの思いや、居酒屋につどう客たちの生きざまを描く。

居酒屋兆治の主な出演者

藤野伝吉〔兆治〕(高倉健)、藤野茂子(加藤登紀子)、神谷さよ(大原麗子)、岩下義治(田中邦衛)、峰子(ちあきなおみ)、河原(伊丹十三)、神谷久太郎(左とん平)、吉野耕造(佐藤慶)、越智(平田満)、堀江(池部良)、秋本(小松政夫)、相場先生(大滝秀治)、小関警部(小林稔侍)

居酒屋兆治のネタバレあらすじ

【起】– 居酒屋兆治のあらすじ1

藤野伝吉は函館の街外れで、小さな居酒屋「兆治」を妻・茂子と共に営んでいました。店主である伝吉は、もっぱら店の名前の兆治と呼ばれています。

かつて造船所で働いていた兆治は、オイルショックの際に同僚社員の首切り役を命ぜられたことに反発し、会社を辞めて店を開きました。

兆治は無口で無骨な男ですが気持ちはまっすぐで、そのことを店の馴染み客はよく知っており、店は繁盛しています。

馴染み客には幼馴染みの岩下や、会社時代の同僚・有田、有田の部下・越智、酒癖の悪いタクシー会社社長・河原などがいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「居酒屋兆治」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×