「嵐を呼ぶ男(1957年)」のネタバレあらすじと結末の感想

嵐を呼ぶ男(1957年)の紹介:1957年公開の日本映画。石原裕次郎の代表作の一つで、後に渡哲也や近藤真彦らによってリメイクもされている。主題歌は裕次郎の最初のヒット曲となった。

予告動画

嵐を呼ぶ男(1957年)の主な出演者

国分正一(石原裕次郎)、福島美弥子(北原三枝)、島みどり(芦川いづみ)、左京徹(金子信雄)、国分英次(青山恭二)、メリー・丘(白木マリ 白木万理)、チャーリー・桜田(笈田敏夫)、国分貞代(小夜福子)、福島慎介(岡田眞澄)

嵐を呼ぶ男(1957年)のネタバレあらすじ

【起】- 嵐を呼ぶ男(1957年)のあらすじ1

戦後10年が経過した東京・銀座にジャズブームが到来し、あちこちにジャズの生演奏を聴かせる店ができました。
国分正一は、銀座で流し(居酒屋などを回り客のリクエストの曲を演奏すること)のギターをしていました。気は優しいのですが喧嘩っ早いのが難点です。
正一には、母・貞代と音楽大学に通い作曲家を目指す弟・英次がいました。3人が暮らすアパートの家主の娘・みどりは、正一に思いを寄せます。
母・貞代は正一を落ちこぼれと見放しており、弟・英次に期待していました。正一は、母・貞代に認めてもらうのが夢です。
弟・英次はジャズバンド『福島慎介とシックスジョーカーズ』の女支配人・美弥子に、正一の口利きをしました。

【承】- 嵐を呼ぶ男(1957年)のあらすじ2

バンドのドラマー・チャーリーは美弥子と恋人同士でしたが、チャーリーはダンサーのメリーと浮気して2人は別れ、チャーリーはメリーが所属する事務所・持永興行へ移りました。
美弥子はチャーリーの代わりに、正一を起用します。別れたチャーリーへの反発心も手伝って、美弥子は正一を実力派のドラマーにしようと決意しました。
正一は母・貞代に雇われたと報告しますが、貞代が心配するのは弟・英次のことだけで、正一は悲しみます。正一は母・貞代に認めてもらうため家を出て美弥子の屋敷に移り、必死にドラムの練習をしました。
初出演の日、正一はジャズ評論家・左京徹に「宣伝するから美弥子との仲を取り持て」という条件を出されます。

【転】- 嵐を呼ぶ男(1957年)のあらすじ3

左京はテレビに出演する影響力のある人物ですが、裏では情報操作する悪い人間でした。
デビュー以降、正一の人気は急上昇します。左京がテレビなどで宣伝した効果もありますが、それ以上に正一の頑張りが認められていました。正一と美弥子はお互いに心を通わせ、愛し合います。
ジャズ合戦が開かれることになりました。チャーリー側のチンピラは、勝負の前日に正一に絡み、正一は左の親指を負傷します。
対決の日、不利な正一はアドリブでドラムを叩きながら即興の歌を歌いました。これが観客に受けてレコード化もされ、正一は一気にスターダムにのし上がります。それでも母・貞代は正一に冷たく当たりました。美弥子と正一は結ばれます。

【結】- 嵐を呼ぶ男(1957年)のあらすじ4

弟・英次が作曲家の新人発表会に推薦されました。正一と美弥子が惹かれ合うと知った左京は、英次を引き合いに出して脅迫します。正一は美弥子と別れました。
正一は母・貞代の思う「まっとうな道」を目指そうと、みどりと結婚する気をかためます。しかし正一の知らないところでみどりと英次の結婚話が進んでおり、母・貞代は正一に怒りました。
傷心の美弥子を口説いた左京は振られ、逆恨みした左京は手下10人と共に、正一の右手を潰しました。正一は病院から姿を消します。
英次のリサイタルの日、美弥子から話を聞いた貞代は自分が正一を誤解していたことや正一の弟への愛を知り、涙を流します。美弥子は正一を探し、引き合わせました。

みんなの感想

  • wcr1289115さんの感想

    若かりし日の裕ちゃんのヤンチャぶりが可愛いですね!ドラム対決のシーンで「アララ、のびちゃった~い」と歌う箇所は、当時のファン達がキュンキュンしてただろうと思います。相手の名前がチャーリーってところにも時代を感じる…チャーリーって…いま見ると泥臭さばっちりの映画ですが、それもまた味わいがあって良し!で大好きです。

映画の感想を投稿する

映画「嵐を呼ぶ男(1957年)」の商品はこちら