映画:幸せの教室

「幸せの教室」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ヒューマンドラマ

幸せの教室の紹介:2011年製作のアメリカ映画。トム・ハンクスとジュリア・ロバーツ共演によるコメディ・ドラマ映画。人生に希望を失った男女が、新しい人生へと踏み出そうとする姿を描く。ハンクスは監督のほか、共同製作、共同脚本も兼任している。

あらすじ動画

幸せの教室の主な出演者

ラリー・クラウン(トム・ハンクス)、メルセデス・テイノー(ジュリア・ロバーツ)、ディーン・テイノー(ブライアン・クランストン)、ラマー(セドリック・ジ・エンターテイナー)、タリア(ググ・バサ=ロー)、デル・ゴード(ウィルマー・バルデラマ)、エド・マツタニ教授(ジョージ・タケイ)

幸せの教室のネタバレあらすじ

【起】– 幸せの教室のあらすじ1

ラリーは高校を卒業後、海軍で20年コックをし、Uマート(スーパーマーケット)に就職した中年男性です。離婚した妻から家を買い取り、多額の住宅ローンに苦しみました。

勤務態度はよいのに、高卒のラリーにこれ以上出世の望みがないということで、ラリーは解雇されました。再就職の活動に励みますが、高卒のラリーを雇う会社はありません。

向かいに住む黒人男性・ラマーの助言で、ラリーは地元の短期大学に通う決断をします。クイズ番組で50万ドル稼いだラマーは、自宅前でガレージセールを営む男性です。

大学の学生部長に勧められ、ラリーはスピーチと経済学の講義を取りました。通学用に車より燃費のよいスクーターも買います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「幸せの教室」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×