映画:幸せパズル

「幸せパズル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

幸せパズルの紹介:第60回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品されたアルゼンチン映画。女性監督ならではの繊細な表現が光っている。ブエノスアイレスの生活雑貨や服もみどころ。

あらすじ動画

幸せパズルの主な出演者

マリア(マリア・オネット)、 フアン(ガブリエル・ゴイティ)、 ロベルト(アルトゥーロ・ゴッツ)、 長男イバン(フリアン・ドレゲール)、 次男フアン・パブロ(フェリペ・ビリャヌエバ)

幸せパズルのネタバレあらすじ

【起】– 幸せパズルのあらすじ1

50歳の誕生日を迎えた主婦マリア。

自分の誕生日パーティーのための料理を作り、集まった人たちの給仕をし、片付けをする。

そんな家族に尽くす生活に彼女は平凡な幸せを感じてたが、誕生日プレゼントのジグソーパズルに思わぬ才能を発揮し、夢中になれるものを見つけた彼女は生活が一変する大富豪の紳士ロベルトにその才能を見初められたマリアは、パズルの世界大会を目指し、家族に内緒でロベルトの家で特訓を始める。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「幸せパズル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×