映画:弁護人 (2013)

「弁護人 (2013)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ヒューマンドラマ

弁護人 (2013) の紹介:2013年製作の韓国映画で、1980年代に韓国で実際に起きた釜林(プリム)事件をモチーフにした法廷ドラマ。主人公のモデルは当時事件の弁護人を務めた元韓国大統領の廬武鉉で、この難役を韓国の名優ソン・ガンホが熱演。監督のヤン・ウソクは本作がデビュー作品ながら重厚な社会派ドラマが評価され、韓国国内では歴代観客動員数8位(公開当時)につける大ヒットを記録した。

あらすじ動画

弁護人 (2013)の主な出演者

ソン・ウンソク(ソン・ガンホ)、パク・ジヌ(イム・シワン)、パク・スネ(キム・ヨンエ)、チャ・ドンヨン(クァク・ドウォン)、ユン中尉(シム・ヒソプ)、イ・ユンテク(イ・ソンミン)

弁護人 (2013)のネタバレあらすじ

【起】– 弁護人 (2013)のあらすじ1

1978年、軍事政権下の韓国・釜山。

高卒の腕利き弁護士ソン・ウンソクは不動産登記や税務処理など地道な営業を続け、いまや釜山で大きな成功を掴んでいました。

しかし、7年前のウンソクは危機的な状態にありましたウンソクは建築現場で働きながら司法試験の勉強を続けていましたが、家庭の経済事情は困窮を極めていたのです。

試験の参考書はすでに売り払っていましたが、それでも妻の出産費用の捻出もできず、なじみの食堂にはつけの支払いを請求されていました。

もらったばかりの給料を見つめながら、ウンソクはつけの支払いをするかどうか迷っていました 結果、ウンソクは代金を払わず店を飛び出し古書店へ。

ウンソクは試験の参考書を買い戻し、試験勉強を再開したのでした。

その苦難があったからこそ、ウンソクは今成功を手にすることができたのです ある日、ウンソクは一等地にあるマンションの一室を尋ねました。

ウンソクはどうしてもその部屋を買い取りたいと考えており、住人は提示された好条件を受け入れウンソクへの売却を決めました。

後日、ウンソクたち家族が改装工事中の部屋を見学しに訪れると、ウンソクの妻がある文字が壁に刻まれているのを発見します「絶対に諦めるな」。

その部屋はかつてウンソクが建築作業に携わった部屋で、いつか必ずこの部屋に住もうと決意を込めてウンソク自身がひそかに刻み込んだ文字だったのです。

その後、かつて食い逃げした店にも謝罪に赴くウンソクしかし、店の女店主スネは怒るどころか立派になったウンソクの姿に感動の表情を浮かべていました。

この和解以来、ウンソクは美味しいクッパを求めて頻繁にスネの店を訪れるようになります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「弁護人 (2013)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×