映画:彼女が目覚めるその日まで

「彼女が目覚めるその日まで」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

彼女が目覚めるその日までの紹介:2016年公開。NYの記者であったスザンナ・キャハランが自身が経験した原因不明の病との闘いを綴った自伝的小説「脳に棲む悪魔」を原作とした実写映画作品。原題は「Brain on Fire」。監督を務めたのはジェラルド・バレッド。スザンナを演じたのは「キック・アス」やリメイク版「キャリー」等で知られるクロエ・グレース・モレッツ。

あらすじ動画

彼女が目覚めるその日までの主な出演者

スザンナ・キャハラン(クロエ・グレース・モレッツ)、スティーヴン(トレイン・マン)、トム・キャハラン(リチャード・アーミティッジ)、ローナ・ナック(キャリー=アン・モス)、マーゴ(ジェニー・スレイト)、リチャード(タイラー・ペリー)、サウエル・ナジャール(ナヴィド・ネガ―マン)

彼女が目覚めるその日までのネタバレあらすじ

【起】– 彼女が目覚めるその日までのあらすじ1

彼女が目覚めるその日までのシーン1

画像引用元:YouTube / 彼女が目覚めるその日までトレーラー映像

 ニューヨーク。

ポスト紙を刊行している新聞社で働いているスザンナは、自分の記事が2面に取り上げられることを上司のリチャードから聞いて上機嫌でした。

長年憧れていたニューヨークの新聞社での仕事をスザンナは楽しんでいました向かいのデスクに座るマーゴからもいつものようにジョークを飛ばされ、いつもと変わらぬ日々が続いていました。

 休日、スザンナはボーイフレンドのスティーブンと待ち合わせしてある場所へむかいました。

今日はスザンナの誕生日で、パーティで初めて両親にスティーヴンを紹介する日でした 緊張しているスティーヴン。

会場へ向かうと、既に父のトムと、トムの再婚相手のジゼルがいました。

スザンナの両親は既に離婚し、二人とも再婚していましたが、度々顔を合わせるように関係性は良好でしたトムに自己紹介をしたスティーヴンでしたが、トムはあまり快くは迎えませんでした。

というのも、スティーヴンは定職には就いておらず、レコードショップでアルバイトをしながらミュージシャンを目指していました。

銀行員だった経験もあるトムは、不安定な状況にあるスティーヴンに不安を抱きましたそこへ母のローナと彼女の再婚相手のアレンも到着しました。

ボーイフレンドと両親、その再婚相手という不思議なメンバーでパーティが始まりました。

ケーキのろうそくに火をつけてハッピーバースデーを歌う家族とスティーヴンしかしスザンナは違和感を感じ始めました。

みんなの歌声が徐々に遠のいていく感覚がしました。

そして、外の車の走行音や雑音が大きく聞こえ始めます気づいたときには、歌は終わっており、トムが「どうしたスザンナ。

火を消さないのか」と言う声ではっとして、笑顔を作りろうそくの火を消しました。

しかし、頭の中はこの症状のことでいっぱいになりました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「彼女が目覚めるその日まで」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×